「SXSW 2018 Trade Show」にて、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」を博報堂ブースで展示

ユカイ工学株式会社 2018年03月01日

From PR TIMES

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、コミュニケーションロボットなどを企画・開発・販売するユカイ工学株式会社(代表:青木俊介、本社:東京都新宿区)の、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」は、2018年3月11日~14日に米国・テキサス州オースティンで開催される、世界的なテクノロジー・スタートアップ・イベント、「South By Southwest Trade Show 2018」(以下、SXSW)にて、開発・ブランディングでご協力を頂いている博報堂のブースに展示されます。



[画像1: (リンク ») ]

博報堂、SXSW出展プレスリリース
(リンク »)
ブースNo:Austin Convention Center Exhibit Halls 2,3,4 SXSW Trade Show Booth : 1420

■SXSWとは
SXSWは1987年にインディーズの音楽祭として始まり、後にFilmとInteractiveが加わり、現在は 10日間で数万人を集める世界最大級のアートイベント・カンファレンスです。多くのビジネスノウハウが詰まったプロトタイプ型の商品 サービス発表の場として近年注目されています。
公式サイト: (リンク »)

■「Qoobo」概要

[画像2: (リンク ») ]


2017年10月の発表からわずか1週間で動画再生数1000万回を突破し、クラウドファンディングプロジェクトでは目標額の247%(12,360,156円)を達成した国内外で話題の「Qoobo」。
Qooboは、しっぽのついたクッション型セラピーロボットです。
[画像3: (リンク ») ]

そっと撫でるとふわふわと、たくさん撫でるとぶんぶんと、しっぽを振って応えてくれます。撫で方によって変化するしっぽの反応を、撫でる人自身が解釈して擬似的な心のやりとりを生み出します。毎日の生活に癒やしを求める人やペットを飼いたくても飼えない人に使っていただきたいと考え、ユカイ工学の持つロボティクス技術を活用して開発しました。
2018秋発売予定に向け、開発を進めております。

予約受付中 !
Qoobo予約販売サイト: (リンク »)
Qoobo WEBサイト: (リンク »)

■ユカイ工学株式会社
ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。主な製品に、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」や脳波で動く「necomimi」、フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi」、しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」)などがあります。

■企業情報
ユカイ工学株式会社 (YUKAI Engineering Inc.)
代表取締役:青木俊介
本社: 東京都新宿区富久町16-11武蔵屋スカイビル101
TEL: 03-6380-4710
URL: www.ux-xu.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]