AI-DRIVEN DISKPROPHET(TM) 2.0 ~ディスクとシステム両方の正確な予測により一段階上のサービススタンダードを提供可能に~

ProphetStor Data Services, Limited 2018年03月02日

From PR TIMES

2018年2月28日 カリフォルニア州ミルピタス - インテリジェントデータプラットフォームのリーダーであるProphetStor Data Services, Inc.は、本日、ディスク障害向けの特許取得済みのインテリジェントなデータ分析と予測ソリューションであるDiskProphet(TM)2.0を公式に発表しました。 DiskProphetサーバーおよびDiskProphet.com Cloud Services用の拡張されたプラットフォームとシンプルで操作性の高いGUIを兼ね備えています。

DiskProphet™2.0リリースには、ソフトウェアで定義されたデータセンターの課題を解決するいくつかの新機能と拡張機能があります。

仮想化の相関性を総合的に把握できる影響分析 ― リソースマップは、vCenterからメタデータを収集することによってVMwareのオブジェクトの階層構造から作成。 この機能により、DiskProphetはユーザーが予測的なディスク障害の影響を受ける仮想マシンとデータストアをすばやく特定可能
ワークロード予測と最適化 ― 高度なマシン学習テクノロジを使用して物理ホストおよび仮想マシンのワークロードを予測することで、インフラストラクチャのリソース使用率が向上し、パフォーマンスの競合が軽減

この新しいリリースの最も特筆すべき点は、VMware vSANをサポートすることです。 DiskProphet™2.0は、vSANクラスタのESXiホストにインストールされたディスクの障害を予測します。 Hyper-Converged Infrastructure(HCI)のユーザーは、vSANがディスク障害後にノード間でデータの再バランシングを行うと、通常はパフォーマンスが大幅に低下します。 しかし、DiskProphetを利用することで、ディスク障害とパフォーマンス予測機能により、データセンター運用時の仮想化環境におけるディスク障害の影響を未然に防止することができます。
DiskProphet™ 2.0の主要な機能:

ディスク障害とパフォーマンス予測のために、SMARTデータとパフォーマンスメトリックをDiskProphetに提供するためのREST APIとデータ収集エージェントを提供
HDDおよびSSD、SATAおよびSASを含むディスクの故障を予測するための最先端の技術および米国特許取得済の機械学習技術を応用
ディスクとホストのパフォーマンスと使用率を含む動作を予測
使いやすいダッシュボードにより、ディスクのパフォーマンスとヘルス状態を正確に把握
Linux、VMware vSAN、Ceph、Nutanixを含む複数のプラットフォーム/オペレーションシステムをサポート

ProphetStor Data Services, Inc.についてインテリジェントデータプラットフォームのリーダーであるProphetStor Data Services, Inc.は、AI対応フェデレーションデータサービスを提供し、企業とクラウドサービスプロバイダーの両方が、機敏で自動化されたインテリジェントで組織化されたITインフラストラクチャの構築に貢献します。
ProphetStorは、クラウドコンピューティングプラットフォーム、ソフトウェアベースのネットワークストレージ、データサービス、AIテクノロジに関する豊富な経験を持つストレージに精通したエキスパートによって2012年に設立されました。
カリフォルニア州ミルピタスに本拠を置くProphetStorは、アジア太平洋地域およびヨーロッパ地域に支店を構え、世界中の顧客にサービスを提供しています。ウェブサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]