公衆トイレ VS ジアイーノ、乗車人数最多のJR新宿駅内化粧室で脱臭決戦。

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 2018年03月05日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

パナソニック株式会社は、JR新宿駅の協力の下、2018年3月5日(月)から4月1日(日)までの28日間、JR新宿駅内の化粧室に次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」を設置し、脱臭効果の検証を行います。この検証を通じて、公共スペースでの除菌脱臭の意義をPRするとともに、同駅内の広告でご家庭でのニーズについても訴求してまいります。

▼『公衆トイレ vs ジアイーノ JR新宿駅で脱臭決戦。』WEBサイト
(リンク »)

JR新宿駅は、1日平均の乗車人数がJR東日本管内では最多の約76.9万人※。同駅の化粧室において、電機製品による効果測定検証を行うのは初めてです。「ジアイーノ」を設置する場所は、東口・中央東口近辺のアルプス広場に隣接する男女化粧室。設置する「ジアイーノ」は、適用床面積40畳までの業務用製品F-JDL50を使用します。期間中は化粧室の利用者数を計測し、3月下旬には利用者アンケートによる実感調査も行う予定です。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

▼『公衆トイレ vs ジアイーノ JR新宿駅で脱臭決戦。』WEBサイト
(リンク »)


【ジアイーノについて】
2017年末パナソニックが全国10,000人を対象に行った調査によると、「生活環境でふだん感じることがあること」という設問に対し、34.7%が「キッチンのニオイが気になる」と答え、次いで「リビングのニオイが気なる」(29.8%)、家庭での脱臭ニーズが高いという結果となりました。

気になるニオイを脱臭する手段は無数にありますが、常時発生し続けるニオイを継続的に脱臭するのはむずかしいとされています。「ジアイーノ」は空間のニオイを回収し、本体内で生成した次亜塩素酸水溶液に接触させ、酸化分解することによって、発生し続けるニオイを抑制します。特に、人間・動物から発生する体臭やアンモニア臭に対しても、高い効果が確認されています。これまでに総合病院、育児施設、宿泊施設、予備校、コールセンター、動物病院、ペットショップ、介護施設等、様々な公共の場でも採用・導入されてきました。2017年9月15日、ご家庭での強い除菌・脱臭ニーズにお応えするために、家庭用として15畳用、10畳用の2タイプも発売。脱臭ニーズとしてはペットオーナーを中心にご好評いただいています。

【業務用・家庭用ジアイーノ製品情報】
▼業務用ジアイーノ F-JDL50 / F-JDL30 40畳用/24畳用
(リンク »)
▼家庭用ジアイーノ F-MV3000 / F-MV1500 15畳用/10畳用
(リンク »)

【家庭用ジアイーノ紹介動画】
▼次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノF-MV3000 商品紹介 (2分55秒)
[動画: (リンク ») ]



▼ジアイーノ TVCM 登場篇 (15秒)
(リンク »)
▼ジアイーノ TVCM 動物病院篇 (30秒)
(リンク »)
▼ジアイーノ TVCM 学習塾篇 (30秒)
(リンク »)
▼ジアイーノ TVCM 幼稚園篇 (30秒)
(リンク »)
▼ジアイーノ TVCM 介護施設篇 (30秒)
(リンク »)


※JR東日本管内における乗車人数データより(JR東日本発表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]