Origami、東京ガールズコレクションオフィシャルブースにてキャッシュレス化を実現~国内イベントのキャッシュレス化モデルとして経産省も賛同~

Origami 2018年03月06日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]


株式会社Origami(代表取締役社長:康井義貴、以下 Origami)は、2018年3月31日(土)に横浜アリーナで開催される「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER」(以下、TGC)において、会場内のTGCオフィシャルブースにおいて、キャッシュレス化を実現します。

 Origamiは、キャッシュレスを実現するモバイル上のプラットフォームを提供しており、この度のTGCにおいては、会場内でのTGCオフィシャルグッズの販売において、Origamiのスマホ決済テクノロジーを利用し、来場者へスマートなショッピング体験を提供します。今回試験的に導入するブース内では、アイテムごとにRFIDタグがつけられ、来場者が購入したいアイテムをバッグに入れて、オートレジに置くだけで合計金額が計算され、それをOrigamiのスマホ決済で支払う仕組みとなっています。
[画像2: (リンク ») ]


 2027年までに国内のキャッシュレス比率を40%に引き上げるとし、その普及を推進する経済産業省は、本取り組みに賛同しています。これについて、経済産業省 消費・流通政策課長 林揚哲氏は、「TGCのような日本を代表するイベントにおいて、キャッシュレス化が実現されることを大変嬉しく思っています。Origamiの今回の取組みを通じて、未来の買い物体験を楽しんで頂きたいと思います。今後、国内におけるさらなるキャッシュレス化を実現するために、このような大規模イベントにおけるキャッシュレスの実現と普及に期待しています。」とコメントしています。

 なお、本取り組みにおいては、パナソニック スマートファクトリーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:青田広幸)の協力により、RFIDタグを用いたオートレジを実現しています。

・東京ガールズコレクションについて
「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催している史上最大級のファッションフェスタ。総勢約100名の日本を代表する人気モデルが出演し、日本のリアルクローズを披露するファッションショーをはじめ、豪華アーティストによる音楽ライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージ、話題のアイテムがタッチアンドトライできるブースなど、TGCならではのバラエティに富んだ多彩なコンテンツを展開。またモデルがショーで着用した洋服をその場でモバイルから購入できるEコマース連動イベントとしても国内外から話題となっている。

・Origamiについて
Origamiは、キャッシュレスを実現するモバイル上のプラットフォームを提供しています。2012年に会社設立し、2016年5月にスマホ決済サービス「Origami Pay」の提供を開始。大手コンビニチェーンや、タクシー、生活提案型のインテリア雑貨店、世界的に展開しているファストフードチェーンなど、約20,000店舗※の加盟店がOrigami Payを導入しています。※予定店鋪を含む

「Origami」アプリは、App Store、Google Playよりダウンロードください。
App Store: (リンク »)
Google Play: (リンク »)
* 対応環境: iOS 9.0以上、Android 4.0.3以上

「Origami Business」アプリは、App Storeよりダウンロードください。
App Store: (リンク »)
* 対応環境: iOS 9.0以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]