シナラ、Yahoo! JAPANの広告運用支援制度において、「来店測定」分野での「効果測定 推奨パートナー」に認定

シナラ 2018年03月06日

From PR TIMES

位置情報広告業界をリードするシナラシステムズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレックス・ジニン、以下シナラ)は、ヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂学、以下Yahoo! JAPAN)の広告運用支援制度「Preferred Partner Program (プリファード・パートナー・プログラム)」において、「来店測定」の分野で「効果測定 推奨パートナー」として認定されました。



「効果測定 推奨パートナー」とは、Yahoo! JAPANが提供する広告商品・サービスの配信実績を利用して、効果測定レポートを提供するツール企業の中から認定されたパートナーのことです。

これまでのデジタル広告におけるO2O施策※1では、本来は来店まで計測するべきところを、クリック率とサイト内行動で各施策を評価せざるを得ませんでした。
[画像1: (リンク ») ]


しかし、今回「効果測定 推奨パートナー」に認定されたシナラの「RealSight」では、独自タグを活用することにより、Yahoo!プロモーション広告などを通じた、様々な媒体での広告接触からサイト訪問、更にはWEBコンバージョンまでをすべて来店と紐付けて、カスタマージャーニーの分析ができるようになります。

[画像2: (リンク ») ]


これによって、広告主・広告代理店は、オンラインとオフラインにおいて一気通貫した、統合的な施策を実施可能になります。

具体的には、来店をゴールにした時、以下の7つの要素が可視化できます。

・Yahoo!プロモーション広告をはじめ、様々な広告サービスごとの来店効率
・各広告メッセージ、サイト内の各コンテンツの来店への寄与度合
・広告接触、サイト訪問からの来店までの期間
・広告の最適なフリークエンシー
・広告、サイト経由来店者の人数と属性
・広告配信会社別の来店者の人数と属性
・広告、サイト、店舗といった各接点の生活者導線

今後も、シナラは、広告主・広告代理店の課題解決のため、強みを活かし、さまざまな取り組みを進めていきます。

※1:O2O施策とは
オンラインでの情報接触行動を以てオフラインでの購買行動に影響を与えるような施策のこと

シナラ について

膨大且つ高精度な位置情報および性年代・居住地情報を活用したターゲティング配信と詳細なレポーティング機能によって、生活者へより効果的なアプローチ及び結果の分析よるPDCAサイクルを回す支援を可能にするマーケティング・プラットフォームです。

シナラシステムズジャパン株式会社について

従来のウェブデータに対して、「REAL LIFE. REAL DATA」という理念の下、膨大且つ高精度な位置情報を通じて、生活者のリアル行動データに基づく分析や広告配信を実現するマーケティング・プラットフォームを提供するシナラシステムズの日本法人です。

<シナラの会社概要>
会社名:シナラシステムズジャパン株式会社
本社所在地:東京都港区芝公園1-6-8泉芝公園ビル7階
代表者: 代表取締役 アレックス・ジニン(Alex Zinin)
事業内容: インターネット広告事業
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]