エンパワーメントメディア「BLAST」が、ONE MEDIAやB Dash Ventures、アドウェイズから資金調達を実施

株式会社 BLAST 2018年03月08日

From PR TIMES

株式会社BLASTは(本社:東京都品川区、代表取締役 石井 リナ)、ワンメディア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 明石 ガクト)及びB Dash Ventures株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 渡辺 洋行)が運営するファンド、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 岡村 陽久)を引受先とした第三者割当増資を実施したことをお知らせ致します。



[画像1: (リンク ») ]

■BLASTとは
BLASTは“人々を社会の固定観念から解放し、エンパワーメントする”をコンセプトとした、日本初の「エンパワーメントメディア」です。メインターゲットは、常識や慣習に縛られない、独立した価値観を体現している女性。Instagram StoriesやYouTubeなどのプラットフォームを軸に、ファッションやライフスタイルといった最新のトレンド情報から、キャリアや生き方などをテーマとしたインタビュー、シリアスな社会問題まで含む動画コンテンツを配信していきます。

■第三者割当増資の目的
今回の資金調達で、制作体制を強化し、コンテンツの拡充をして参ります。

■第三者割当増資の引受先について
・ワンメディア株式会社
・B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合
・株式会社アドウェイズ

■引受先からのコメント
ワンメディア株式会社 代表取締役 明石 ガクト氏
ソーシャル、フェイクニュース、動画。メディアを取り巻く日キーワードはこの数年で大きな変化を迎えています。そんな時代に、テキストを読まずテレビを見ないミレニアルズが、これからどんなメディアを愛していくのか?石井リナとBLASTは、女性メディアとセットで語られることの多い「モテ」というキーワードを捨てると宣言しました。その先にある新しい女性の描かれ方に、僕はポスト・ミレニアルズ時代にふさわしいメディアの答えがあると信じています。

B Dash Ventures株式会社 代表取締役 渡辺 洋行氏
海外では、エンゲージメントの高い厳選された動画コンテンツを軸に、ミレニアル世代をターゲットとしたメディアが急速な成長を見せています。日本ではまだまだこれからのこの分野を、ミレニアル世代の石井リナ率いるBLASTが切り拓くと確信しています。

株式会社アドウェイズ 取締役 山田 翔氏
ユーザーにメッセージを伝えていくメディアの形がどんどん変化していく中で、どういったメッセージをどうやって伝えていくのか、コンテキストがキーになってきていると感じています。そんな中でBLASTは多くの人々が感じていたものの、表に出しにくかったであろう思いをメッセージとし発信していき、多くの人に勇気を与えるメディアになっていくと確信し、今回の取り組みに至りました。2018年の台風の目と言えるメディアになっていくことを期待しています。

■企業情報
[画像2: (リンク ») ]

社名:株式会社BLAST
代表者:代表取締役 石井リナ
所在地:東京都品川区上大崎4丁目5-31 ONE STUDIO TOKYO
設立日:2018年1月11日
事業:メディア事業、動画制作事業、広告事業
コーポレートサイト: (リンク »)
Instagram: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ
メール:info@blastmedia.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。