7種に1種が絶滅危惧、野鳥を救えるスマホ連携型書籍「THE SUSTAINABLE(ザ・サスティナブル)IoT BOOK」 3月8日世界同時発売

株式会社ブレイン 2018年03月08日

From PR TIMES

ハーバード大やケンブリッジ大の図書館にIoT書籍として収蔵

株式会社ブレイン(本社:長野県、代表:中田 典昭)の出版事業部「東京図書出版」は、持続可能をキーワードに環境保護活動を行う一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(東京都新宿区、本部米国)とプロジェクトチームとで展開している『DONATE 4 BIRDS(ドネートフォーバード)』プロジェクトが制作したIoT書籍「THE SUSTAINABLE IoT BOOK(ザ・サスティナブル IoTブック)」を、amazon.comで2018年3月8日から発売します。



[画像1: (リンク ») ]

 『DONATE 4 BIRDS』は21世紀に最も増えた鳥であるTwitter(ロゴマークは野鳥がモチーフ)を使って野鳥や環境を保全する活動です。Twitterのサービスが開始され10年を迎えた2016年7月から活動を開始。現在までに10万人を超える寄付者から支援をいただきました。このIoT書籍は『DONATE 4 BIRDS』と連携し、絶滅すると我々の生活に影響が出てしまう鳥達を収録しています。野鳥のイラストのみのシンプルな各ページには、NFC(近距離無線通信)が埋め込まれており、手持ちのモバイルデバイスと連携します。野鳥保全の活動への寄付を行うことが可能なほか、記事は随時更新されていくため、野鳥に関して常に最新情報を知ることができます。


[画像2: (リンク ») ]

 書籍は、amazon.comで購入できるほか、寄贈されているケンブリッジ大学、ハーバード大学など世界の学術機関でも読むことができます。また教育機関には特設サイトから希望に応じて無償で寄贈されます。

▼書籍概要:
編著者 DONATE 4 BIRDS PROJECT
発行所 東京図書出版
発売元 株式会社 リフレ出版
発売日 :2018年3月8日(木)
販売場所:・DONATE 4 BIRDS THE SUSTAINABLE IoT BOOK特設サイト
     (サイトURL) (リンク »)
     ・amazon.com
     (サイトURL) (リンク »)
判 型 :四六変 52ページ、縦180mm×横128.5mm
ISBN :ISBN978-4-86641-147-7 C0645
価 格 :9,800円(税別)
特 徴 :・絶滅危惧の野鳥のみのシンプルなデザイン。
     デザインメソッドはTwitterのモチーフを採用。
    ・NFCが各ページに埋め込まれており手持ちのモバイルデバイスを近づけるだけで
     寄付機能が自動で立ち上がり寄付ができる他、各ページの最新情報が閲覧可能です。
     またページごとに埋め込まれたNFCの強い電波干渉を防ぐために日本の工場で使われている技術を
     転用することで書籍のIoT化に成功しています。
    ・Twitterの寄付機能であるキャッシュタグでお金を寄付するか、
     自分のアカウントを任意の期間寄付し、周囲にこの活動を告知することが可能です。

※Twitterアカウントの寄付は途中での解除も可能な仕組みになっています。
 アカウントの寄付を解除した場合は寄付する直前の状態に復元されます。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


▼プロジェクト概要:
環境のバロメーターと言われる野鳥ですが人間社会の活動の影響によって7種に1種が絶滅の危機に瀕しています。その中でも大型の鳥達のほぼ全てが絶滅の危機に瀕しています。彼らがいなくなると生態系が崩れ、我々の生活にも大きな影響が出てしまいます。21世紀に最も増えた鳥であるTwitterを使ってこの野鳥や環境を保全する活動『DONATE 4 BIRDS』では野鳥達の生存に重要な生態系を守り、持続可能な社会の構築へ向けた取り組みを支援頂くために『2つの寄付の仕方』を設けました。1つはお金を寄付していただく通常の寄付。もう1つは"自分が生み出した鳥であるTwitterを寄付する"という世界で初めての寄付の仕組みです*2 。自分のアカウントを寄付することで、周囲(フォロワー)に野鳥とその過酷な現実を伝え、寄付を呼びかけることができます。2018年からはデジタルよりも人々の記憶に残る本というツールも加えてより幅広い展開を行っていきます。

▼コンサベーション・インターナショナル(CI):
持続可能な社会の実現を目指す、国際NGO。自然の恵みを将来世代につなぐため、科学とパートナーシップ、現場での実践を柱に、31か国で約900名のスタッフが、1,000以上のパートナーとともに協働しながら、生態系保全に取り組んでいます。理事に、俳優ハリソン・フォード、ウォルマート会長ロブ・ウォルトン、キリバス共和国大統領アノテ・トン、『銃・病原菌・鉄』の著者・地理学者ジャレド・ダイアモンド博士他。

▼一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン:
一般社団法人 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(略称:CIジャパン)は、CIのグローバルネットワークの一員として、1990年より活動を開始しました。地球上で最高レベルの生物多様性を擁するにも関わらず、既に7割以上が破壊されてしまっている「生物多様性ホットスポット」を優先的に保全しています。また、国連の持続可能な開発目標に貢献する気候変動対策や森林保全プロジェクト、そして政策提言や企業連携を主な取組み分野として事業を展開しています。科学的知見に基づく戦略と、革新的なアイデアを用いて、政府や企業、研究機関、NGO/NPOなど、様々な関係者とパートナーシップを組みながら、現場からの「ボトムアップ」と政策からの「トップダウン」双方のアプローチにより、持続可能な社会構築へ働きかけています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]