HealtheeOne、LINE Pay子会社のBALIE社とLINE@販売パートナー契約を締結 遠隔でのコミュニケーションツールとして「LINE@」の導入支援を医療機関向けに開始

株式会社HealtheeOne 2018年03月08日

From PR TIMES

 モバイルとアナログで地域医療を支援するサービスを開発・提供するスタートアップ、株式会社HealtheeOne(代表取締役社長CEO:小柳 正和、本社:福島県いわき市、以下「HealtheeOne」)は、LINE Pay株式会社の連結子会社でLINE@のゴールドパートナーであるBALIE株式会社と医療分野においてLINE@販売パートナー契約を締結いたします。両社は、医療機関向けに特化したLINE@サービスを導入支援し、遠隔での患者とのコミュニケーション手段の多様化による満足度向上に寄与していきます。



[画像1: (リンク ») ]

■“かかりつけ医”機能の普及に向けて診療報酬改定
 大病院が初診や軽症等によって混雑すると、重症者の対応に支障が出る可能性があるため、厚生労働省では、身近な“かかりつけ医”が日常的な診療や健康相談に継続的に応じ、必要に応じて大病院を紹介する体制づくりを目指しています。2018年4月から“かかりつけ医”機能を普及させるための報酬改定が行われることも発表されています。

■「LINE@」を活用することで“かかりつけ医”としての満足度向上へ
 こうした背景を受けて、HealtheeOneでは、BALIE社とのLINE@販売パートナー契約を締結により、医療機関に特化してLINE@の導入支援サービスを展開いたします。LINE@は、LINE上で法人・事業主が専用のアカウントを作り、友だち登録してくれたユーザーに向けてメッセージやPUSH通知で一斉配信ができ、またユーザーからメッセージなどを個別に受け取ることができるサービスです。このLINE@を導入することで、医療機関は患者に対し必要情報をリアルタイムで届けることができ、患者は気軽に健康相談などを行うことが可能となります。

 患者がより気軽に遠隔で医療相談ができる環境を整えることで、医療機関の患者満足度を向上させるとともに、“かかりつけ医”機能の普及に貢献してまいります。

<株式会社HealtheeOne 代表取締役社長CEO 小柳 正和コメント>
 同じ東北で創業し、私たちの地域医療に対する想いや事業にご共感くださったBALIE株式会社様とLINE@販売パートナー契約を締結できたことを大変嬉しく思います。東北、並びに全国の医療現場で日夜業務に携わる皆様をサポートするために引き続き努力いたします。

<BALIE株式会社 代表取締役 佐瀬武士氏 コメント>
 この度、HealtheeOne様の地域医療や地域包括ケアシステムの実現に向けた取り組みに深く共感し、クリニックにおける諸問題を解決できる事業だと判断し、LINE@販売パートナー契約を締結することとなりました。両社の更なる発展を目指し、共に東北を盛り上げていきたいと思います。

【LINE@について( (リンク ») )】
 LINE@はLINE上で法人・事業主が専用のアカウントを作り、友だち登録(LINE@会員)してくれたLINEユーザーに向けて、クーポンやメッセージをPUSH通知で配信できるサービスです。メッセージの到達率・開封率・即時性の高いO2Oサービスです。

【BALIE株式会社について( (リンク ») )】
 地元である仙台・東北を盛り上げたい。設立から4年、BALIE株式会社は東北で唯一のLINE@正規代理店ゴールドパートナーであり、LINE株式会社のグループ企業として事業を展開しております。「東北」に注力しており、全てのお客様にLINE@をご活用いただき、効果を実感して頂くために、アカウントの開設から初期設定代行・運用マニュアル・活用事例集など、効果的で高品質なサポートをご提供できるよう日々努めております。LINE@を通して、関係する全ての方々と共に成長し、素晴らしい世界を創るという想いのもと、東北の企業・法人のビジネス拡大に貢献してまいります。

【株式会社HealtheeOneについて( (リンク ») )】

地域包括ケア時代を生き抜くために、モバイルとアナログでクリニックの生産性を向上させる

 株式会社HealtheeOneは、医療従事者の皆さんが患者やその家族に寄り添う時間を少しでも多くするために、「モバイル」と「アナログ」を活用して「医療現場の作業負担低減」を提供しています。2017年5月には一般診療所(クリニック)向けの付帯業務アウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」と手作業による紙カルテの電子化サービス「HealtheeOneスキャン」を開始しました。当社が提供するサービスの利点を活かすことの結果として「医療を受ける患者のQoL向上」や「その家族の満足度向上」の実現に取り組んでおります。また、福島県いわき市発のDigital Health Techスタートアップとして国内外に向けてプロダクト提供を展開することによって、福島県浜通り地域の産業創出に寄与することを目指しています。


「HealtheeOneクラウド」はクリニックの現場における利用者を考慮した画面や入力方法などのデザインが評価され、2017年度のグッドデザイン賞に輝きました。
[画像2: (リンク ») ]



 また、情報管理・運用体制の強化を継続して努めている当社は、情報セキュリティマネジメントの国際認証規格 「ISO/IEC 27001」を取得しており、今後もお客様に安心してご利用いただけるサービスを提供していきます。
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。