中華郵政向け郵便物自動処理システムの納入について

東芝インフラシステムズ株式会社 2018年03月08日

From PR TIMES

 東芝インフラシステムズは、台湾の公共事業体である中華郵政から2015年に受注した郵便物自動処理システム一式について、この度納入を完了しました。

 今回納入したのは、中華郵政の台中、台南、高雄の各局における郵便物自動処理機器一式および各種機器を統合・運用するITシステムです。本システムは、高い文字認識(OCR)率と1時間あたり郵便物42,500通・小荷物8,000個の高速処理が特長で、さらに低騒音・低消費電力・省スペースと環境にも配慮しています。また、当社は納入に合わせて今後10年間の保守サービスも提供していきます。




 東芝インフラシステムズ株式会社は、台湾の公共事業体である中華郵政から2015年に受注した郵便物自動処理システム一式について、この度納入を完了しました。

 今回納入したのは、中華郵政の台中、台南、高雄の各局における郵便物自動処理機器一式および各種機器を統合・運用するITシステムです。本システムは、高い文字認識(OCR)率と1時間あたり郵便物42,500通・小荷物8,500個の高速処理が特長で、さらに低騒音・低消費電力・省スペースと環境にも配慮しています。また、当社は納入に合わせて今後10年間の保守サービスも提供していきます。

 台湾およびASEAN諸国やインド等の新興国・地域では、郵便処理システム自動化のニーズが堅調であるとともに、小包量の増加や他事業者との競争激化により、物流システム機器の導入検討も活発化しています。当社は、今後も郵便事業者・物流事業者のニーズに合ったソリューション提供をグローバルに展開し、郵便・物流システム事業のさらなる事業拡大を目指します。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]