恋愛マッチングサービスのパイオニア「Omiai」・2018年4月末までに、全ネットユーザー対象に利用開放決定!

株式会社ネットマーケティング 2018年03月08日

From PR TIMES

~約1億人を対象としたサービスへ!マーケティング活動を強化!~

 恋愛マッチングサービス「Omiai」( (リンク ») )は、2018年4月末までに、全ネットユーザー対象にサービスの利用を開放することを決定しました。これにより、非Facebookユーザーである日本のネットユーザー約7,200万人が、新たに「Omiai」を利用できるようになります。今後は約1億人を対象としたサービスとして、マーケティング活動をより強化し、会員数の拡大により一層努めてまいります。



[画像1: (リンク ») ]

 2012年にローンチをした恋愛マッチングサービス「Omiai」は、Facebookのアカウントを利用した恋愛マッチングサービスのパイオニアとして、これまでマッチング業界を牽引して参りました。近年、「Omiai」のメインターゲットである20代から30代の間で、Facebook以外のSNS利用(twitterやInstagram)が普及していることを背景に、今後はFacebookアカウントを所有しない非Facebookユーザーでも、「Omiai」への登録が可能となるよう、登録条件を変更することを決定いたしました。これにより、Facebookアカウントを持たない約7,200万人の日本のインターネットユーザー層が新たに潜在ユーザーに加わり、合計で約 1 億人が「Omiai」ユーザーの対象となります。ネットユーザー解禁後も、非Facebookユーザーには身分証明書の提示に基づいた厳格な年齢確認や、24時間体制のメッセージ監視、不正ユーザーの強制退会処分に加え、登録時の電話番号を利用したSMS認証を義務付けることで、これまで通りの「安心・安全」の品質を確保してまいります。2018年2月までに累計会員数は286万人、累計マッチング数は1,500万件を突破している「Omiai」ですが、今回の改変により、さらにサービスを拡大してまいります。

[画像2: (リンク ») ]

【Omiaiサービス概要】
「Omiai」は、男女の出会いを「安心」かつ「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとう」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。
全ネットユーザー解禁後も本人性の確認や投稿監視など、「安心」「安全」に利用していただける仕組みを確保し、これまでと同水準の安全性で運営してまいります。2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、2023年に852億円を超えると予想される国内オンライン恋活・婚活マッチング市場を牽引するサービスとして成長してまいります。


[画像3: (リンク ») ]

■株式会社ネットマーケティングとは
広告主と消費者をマッチングするアフィリエイトエージェントとして事業を開始。メディア事業として、2012年より男女にマッチングの場を提供する 「Omiai」を開始。一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクト(MSPJ)に参画し、ネット分科会にて業界改善に取り組むなど、少子化、晩婚化、婚姻率低下などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。2017年に東京証券取引所JASDAQ市場へ上場したネットマーケティング(証券コード:6175)は「The New Value Provider ∞ Internet」の経営ビジョンの基、今後とも新しい事業の創出に注力してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネットマーケティングの関連情報

株式会社ネットマーケティング

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。