LINEモバイル、SNS発みんなでつくるアート展「SNS展 #もしもSNSがなかったら」に特別協賛

LINE株式会社 2018年03月08日

From PR TIMES

展覧会では、のん、ゆうこす、能町みねこ、小山健がオリジナル作品を発表!さらにキュレーターとして公募作品の中から展示作品を選出



LINEモバイル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:嘉戸 彩乃)は、同社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」 (リンク ») において、株式会社CINRA(本社:東京都渋谷区、代表:杉浦太一)が主催する「SNS展 #もしもSNSがなかったら」に特別協賛することとなりましたので、お知らせいたします。

■「SNS展 #もしもSNSがなかったら」オフィシャルサイト (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

「SNS展 #もしもSNSがなかったら」は、InstagramとTwitterで「#もしもSNSがなかったら」をテーマにした作品を募集し、キュレーターによって選ばれた作品を2018年5月に都内にて開催するSNS展にて展示をおこなう、SNS発のみんなでつくるアート展です。

「LINEモバイル」では、LINEをはじめとするTwitter、Facebook、Instagramといった主要SNSのほか、音楽配信サービスLINE MUSICのデータ消費がカウントされず、使い放題となるカウントフリー機能を提供し、多くのユーザーに好評いただいております。2018年2月に実施した調査*では、カウントフリー機能を認知している「LINEモバイル」ユーザーの83%がその効果を実感、Twitter、Facebook、Instagramをそれぞれ1日10回以上利用する人では9割以上がカウントフリー機能の効果を実感しているという結果となりました。
このように「LINEモバイル」は、SNSユーザーにとって快適でストレスフリーな利用環境を提供する通信サービスとして、このたび“SNS”をテーマとした投稿イベントおよび展覧会を行う「SNS展 #もしもSNSがなかったら」に特別協賛させていただくこととなりました。
*スマートフォンでSNS(Twitter、Facebook、Instagram)を利用している男女計4,539名を対象に実施した調査。

■のん、ゆうこす、小山健、能町みね子がキュレーターとして参加!
本イベントでは、女優・「創作あーちすと」ののんさん、モテクリエイターの菅本裕子(ゆうこす)さん、LINEスタンプでも高い人気を誇るイラストレーターの小山健さん、幅広いジャンルで活躍するイラストレーター・コラムニストの能町みね子さんに“キュレーター”として参加いただきます。“キュレーター”の皆さんには、Instagram/Twitterにて投稿された作品の中から「SNS展」で展示する作品を選出いただくほか、「#もしもSNSがなかったら」をテーマにしたオリジナル作品を制作いただき、SNS展にて発表いただきます。

さらに、CINRAが運営する女性向けメディア「She is」 (リンク ») で活躍する『milieu』編集長の塩谷舞さん、詩人の最果タヒさん、本アート展のメインビジュアルを手掛けたイラストレーターのたなかみさきさんなどもオリジナル作品の制作や公募作品の選出を行います。

なお、キュレーターや「She is」のアーティストは今後も増えていく予定となっており、随時オフィシャルサイト、公式SNSにてお知らせしてまいります。

■一般公募について
【応募期間】
2018年3月8日(木)~4月10日(火)
【応募方法】
Instagram/Twitterで『SNS展』公式アカウント( @moshimo_sns )をフォローし、ハッシュタグ「#もしもSNSがなかったら」をつけて投稿。友人、恋愛、家族、社会、自分自身などテーマは問いません。投稿形式は、テキストによるツイートはもちろん、写真・動画・イラストのほか、詩や短歌・小説・エッセイをブログにあげ、リンクを貼っていただく形でも可。それぞれを複合したアート作品なども大歓迎です!
【公式SNS】
「SNS展」公式Instagram (リンク »)
「SNS展」公式Twitter (リンク »)
【結果発表】
ご応募いただいた中からキュレーターが選出した作品のほか、事務局にて選出した作品を5月に開催予定の展覧会にて展示させていただきます。キュレーターに選出された作品を応募された方にのみ、応募の際に使用されたSNSのダイレクトメッセージでご連絡いたします。

■展覧会「SNS展」について
【会期】
2018年5月予定
【会場】
都内某所予定
※展覧会の情報は随時『SNS展』のオフィシャルサイト・SNSにて発表いたします。

■キュレーター

[画像2: (リンク ») ]



<のん>
女優、創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。アニメ映画『この世界の片隅に』で主役すずの声を担当。音楽レーベル『KAIWA(RE)CORD』発足。のん公式ファンクラブ『NON KNOCK』開設。4月には渋谷GALLERY Xにて、のんひとり展「女の子は牙をむく。」開催。5月には待望のアルバムをリリース予定。詳しくはのん公式HPをご覧ください!
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

SNS展へのコメント:
同じ趣味や同じ考えの人と出会ったり、自分が知らない世界を教えてもらったり。
話しかけたいと思った人にどこに居ても話しかけられる。
自分の考えていること、その日あったことを容易く発信できる時代。
色んなニュースや告知もSNSで知ることも多いです。
それが全部なかったら?どうしていたかな。
このもしもを考えるのは割と楽しそうなのでちょっと頑張って想像してみます。
皆さんはどうですか?


[画像3: (リンク ») ]

<菅本裕子(ゆうこす)>
アイドルグループを脱退後、自己プロデュースを開始し「モテクリエイター」という新しい肩書きを作り自ら起業。タレント、モデル、SNSアドバイザー、インフルエンサー、YouTuberとして、同世代女子におけるその影響力は絶大。SNSの総フォロワー数は約100万人以上。近著に『SNSで夢を叶えるニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』。
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

SNS展へのコメント:
私はSNSが無かったらどうなってたんだろう。「モテクリエイター・ゆうこす」は確実に存在しませんでした。だからこそSNSへの愛は人一倍です。愛に溢れた投稿を見たいです!


[画像4: (リンク ») ]



<小山健>
東京都在住。会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを様々なところで執筆。2013年に独立以降、雑誌・書籍・WEBなどで幅広く活動中。ときどきイベントに出て絵を描いたりしゃべったりもします。
(リンク »)
(リンク »)

SNS展へのコメント:
SNSって会話のとき若干言いづらいのでエスエヌって呼ぶことにしませんか?

[画像5: (リンク ») ]

<能町みね子>
北海道出身。近著「雑誌の人格」「雑誌の人格2冊目」(共に文化出版局)、「ほじくりストリートビュー」(交通新聞社)、「逃北」「言葉尻とらえ隊」(文春文庫)、「ときめかない日記」(幻冬舎文庫)など。ほか雑誌連載多数、テレビ・ラジオにも出演。
(リンク »)

SNS展へのコメント:
すぐ悪者扱いされるあの子をいっぱいほめてあげてください。


「LINEモバイル」では、スマートフォンにおけるコミュニケーション環境を向上させ、ユーザーとモバイルの関係をより良く、快適なものとすることを目指し、LINEのミッションである「CLOSING THE DISTANCE」の実現を推進してまいります。

<株式会社CINRAについて> (リンク »)
株式会社CINRAは「幸せのきっかけを、多くの人に届ける」をミッションに掲げ事業を行うクリエイティブカンパニー。インターネットを軸に、WEBサイトや広告の企画・制作、メディア運営、イベント企画など多岐にわたる事業を行っています。自社メディアとしてカルチャーニュースサイト『CINRA.NET』、自分らしく生きる女性を祝福するライフ&コミュニティ『She is』、クリエイティブ求人サイト『CINRA.JOB』、カルチャーセレクトショップ『CINRA.STORE』、アジアを中心としたバイリンガル・シティガイド『HereNow』を運営しており、企業や行政のWebサイト・Webメディアの立ち上げ、運営なども行なっています。

<『She is』について> (リンク »)
「She is」は、「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ」をタグラインに、女性をとりまくカルチャーや思想を伝える「ウェブマガジン」と、有料メンバーにお届けする「ギフト」のサービスを主軸にしたコミュニティメディアです。
編集部のみが発信する一方通行のメディアではなく、女性クリエイター、アーティストといった有名な方から、素敵な考えを持つ一般の方まで、魅力的な女性たちの声を集め、その想いを「ウェブマガジン」や「ギフト」に活かし、考えを深めていく参加型コミュニティとなります。

<「LINEモバイル」について>
「LINEモバイル」は、「LINE」をはじめ「Twitter」「Facebook」「Instagram」といった主要SNSや音楽サービス「LINE MUSIC」のデータ通信量をカウントせず、使い放題となる“カウントフリー”のほか、分かり易く、ユーザーごとの利用動向やニーズに合ったプラン展開が特徴です。2016年9月のサービス開始以降、料金プランのシンプルさ、圧倒的なコストパフォーマンス、充実したカスタマーサポートなどが支持され、満足度は91%、顧客推奨度は82%*を越えています。
*2017年2月/5月/8月/11月に実施した、LINEモバイルユーザー向け、「LINEモバイル」公式アカウントを利用したアンケート調査の平均値。

<LINEモバイル 公式SNS>
■公式サイト: (リンク »)
■公式ブログ: (リンク »)
■公式Twitter:@LINEMOBILE_JP
■公式LINEアカウント:LINE ID @linemobile( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]