UDP-205およびUDP-203ファームウェアアップデートのご案内

OPPO Digital Japan株式会社 2018年03月09日

From PR TIMES

大人気のUHD BDプレーヤー、「HDR to SDR」変換機能の強化と「MQA CD」再生機能が追加アップデートを実施

OPPO Digital Japan 株式会社(本社:東京都港区)は,UHD BDプレーヤーUDP-205およびUDP-203につき,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたしました。今後とも,当社製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


機能追加の概要
* 内容は2018年3月8日現在のものであり,変更される場合があります。

今回のファームウェアアップデートについての重要なご案内
1. 本ファームウェアを適用する場合,過去にリリースされた正式版およびベータ版のファームウェアに書き戻すことができなくなります。本ファームウェアを適用しても,将来の正式版およびベータ版のファームウェア適用に支障はありません。通常の利用において,お客様が過去のファームウェアに戻す必要は一切ございませんので,OPPO Digital社製品をお使いの際は常に最新のファームウェアをお使い頂きますようお願い申し上げます。
2. メジャーバージョンのファームウェアアップデートを適用する場合,ファームウェアアップデート後に工場出荷時にリセットする必要があります。ファームウェアアップデート後にリセットしないでご利用になると,不安定な状態となり正常な動作になりません。
3. 本ファームウェアはJP仕様独自のファームウェアとなります。US仕様/EU仕様のBDプレーヤー製品には搭載されません。
4. バージョン42-0329以前のファームウェアをお使いのお客様は,バージョン45-0605へのアップデートを行っていただいた後,本ファームウェアへのアップデートが可能となります。

機能追加の内容


HDR to SDR変換モードを4種類追加し,変換品質を向上させました。
UDP-205でのMQA CD再生をサポートしました。
「ネットワーク設定」下にメディア情報の検索に関する設定項目を追加しました。この設定項目では,メディアファイルのメタデータ検索機能の有効/無効をユーザーが明示的に選択することができます。
スローモーション再生でA-Bリピートを行う機能を追加しました。
HDMI IN端子から入力された信号についての詳細を表示する機能を追加しました。
PCからHDMI信号を入力した際の再生互換性を向上させました。
“Blade Runner 2049″を再生した際に正常に再生されないことがある問題を解決しました。
21:9 ARモード利用時にカラーシフトが発生する問題を解決しました。
全般的なUHD BDディスクその他のディスクの再生互換性を向上させました。


過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです。
本件の詳細は以下のWebページからご確認いただけます。
(リンク »)

以上

<会社概要>
OPPO Digital Japan 株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山2 丁目11 番13 号
代表番号:03-6206-4712
FAX 番号:03-6779-5481
Web サイト: (リンク »)
オンラインショッピングサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]