現役経済記者が娘のために書いた笑いと涙の青春小説 『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』を3月16日に発売

株式会社インプレスホールディングス 2018年03月14日

From PR TIMES

出版を記念して、「第1章」を無料公開

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、現役経済記者が娘のために書いた小説『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(しごとのわ)』を2018年3月16日(金)に発売します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

■娘のために書いたお金の小説。Kindle版で1万ダウンロードを突破し、待望の書籍化
アメリカやイギリス、オーストラリアなど先進国の中学校・高校では、経済や金融などお金についての授業がカリキュラムに含まれていますが、日本ではお金の教育をほとんど受けていないのが現状です。そこで、キャリア20年超の現役経済記者である高井浩章氏は、自身の3人の娘たちに「面白い物語を読んでいるだけで、お金や経済の仕組みがわかる本」を読ませたいと思い立ちました。しかし、娘たちに読ませたい本を探しても見つからず、「それならば、自分で書こう!」と7年かけて執筆したのが本書『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(しごとのわ)』です。

本書は、個人出版では異例の累計1万ダウンロードを突破したKindle版の電子書籍の書籍化です。全面的に改稿し、イラストを盛り込み再編集しています。

■「おカネを手に入れる6つの方法とは?」大人も子どもも楽しめるストーリー
本書の舞台は中学校です。主人公は、中学2年生の平凡な少年。そんな少年が突然放り込まれたのは、謎の大男が先生を務める「そろばん勘定クラブ」というおかしなクラブ。しかも、部員は町一番の大富豪である美少女と2人きり。

クラブの最初の授業で先生が「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」と語りだすところから物語がはじまります。「かせぐ・ぬすむ・もらう・かりる・ふやす......あと1つは何か?」。2人の生徒はこの難問の答えを探しながら、お金の仕組みを学んでいくのです。

クラブでは経済成長の仕組みや、無計画の借金の怖さ、長期投資と「神の見えざる手」の関係などから、生活保護や貧富の格差、ビットコインなど時事問題まで幅広く扱います。次々と繰り出される珍問・難問と格闘する生徒2人。

また少女は、パチンコ屋・高利貸し・地主を生業としている父親の仕事に違和感を抱き、「働くこと」「稼ぐこと」についても葛藤します。物語は終盤、少女の家族を巻き込み予想外の展開を見せるのです。

■出版を記念して、「第1章」を無料公開!
ストーリーを追ううちに経済のカラクリが学べるので、「改めて金融や経済の全体像を復習したい」という社会人から、楽しく経済を学びたい学生、「子どもに聞かれたけど、ちゃんと答えられない......」という大人にもおすすめです。

多くの方々に本書に触れていただくために、第1章を無料公開します。インターネットに接続している環境であれば、パソコンやスマートフォンのウェブブラウザーから簡単に閲覧できます。アプリのインストールや登録の手続きなどは不要です。

「第1章」 無料公開: (リンク »)
※下記の目次の「<4月>」が第1章にあたります

■書誌情報

[画像3: (リンク ») ]

書名:おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密(しごとのわ)
著者:高井浩章
発売日:2018年3月16日(金)
ページ数:272ページ
サイズ:四六判
紙版定価:本体1,600円+税
電子版価格:1,440円+税 ※インプレス販売価格 ※3月発売予定

◇書籍特設ページ: (リンク »)
◇書籍情報ページ: (リンク »)
◇書影ダウンロード: (リンク »)

■目次
<4月>
1時間目 そろばん勘定クラブへようこそ
2時間目 お金を手に入れる6つの方法
3時間目 役に立つ仕事 立たない仕事
<5月>
4時間目 リーマンショックはなぜ起きた
5時間目 もうけは銀行家、損は国民に
6時間目 いる?いらない?最古の職業
7時間目 戦争と軍人
<6月>
8時間目 「フツー」が世界を豊かにする
9時間目 キーワードは「持ち場を守る」
10時間目 資本主義・社会主義・民主主義
<7月>
11時間目 働くということ
12時間目 「タマゴ」がわかれば世界がみえる
13時間目 お金の借り方、教えます
14時間目 貸すも親切 貸さぬも親切
放課後 お金を「ふやす」は無理難題?
<8月>
15時間目 低金利の真犯人は「市場の力学」
16時間目 株式投資と「神の見えざる手」
17時間目 貧富の格差が広がる理由
18時間目 6番目の方法
<9月>
課外授業

■著者プロフィール
高井浩章(たかい・ひろあき)
1972年、愛知県出身。経済記者・デスクとして20年超の経験をもつ。専門分野は、株式、債券などのマーケットや資産運用ビジネス、国際ニュースなど。三姉妹の父親で、初めての単著となる本書は、娘に向けて7年にわたり家庭内で連載していた小説を改稿したもの。趣味はレゴブロックとスリークッション(ビリヤードの一種)。

◆しごとのわレーベルとは
仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。 会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いからミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

◆株式会社ミシマ社について  (リンク »)
2006年10月に東京・自由が丘に三島邦弘氏が創業したほがらかな出版社。今年で創業11周年を迎え、現在は9名のメンバーとともに「原点回帰」を標榜した出版活動を行っています。一冊入魂の出版活動に全国の書店員に支持者が多く、京都市内にもオフィス兼「ミシマ社の本屋さん」(毎週金曜日のみ開店)を運営しています。

以上

【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】  (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

株式会社インプレスホールディングス

株式会社インプレスホールディングスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]