GoJapan共同設立者&CCOの史詩の日本旅行ガイドブック『自游日本』が発売から2か月で重版!

Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd. 2018年03月14日

From PR TIMES

中国で出版されるガイドブックとしては、異例の売れ行き

日本に特化した中国最大のメディアネットワーク「GoJapan(去日本)」を運営する「亚智游(北京)信息科技有限公司(Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.)」は、当社の共同創業者でCCOの史詩が執筆した日本旅行のガイドブック『自游日本(自分で旅する日本)』が発売からわずか2か月で重版となりましたので、お知らせ致します。
またこの度、当社は『自游日本』とタイアップしたオンラインとオフラインのプロモーションサービスの提供を開始致しますので、併せてお知らせ致します。



『自游日本』は2015年の発売以来、毎年内容を更新している中国人のための日本ガイドブックで、読者から高い評価を得ています。

旅行ガイドブックシリーズのロンリープラネット(Lonely Planet)に次いで中国で売れているガイドブックです。毎年、年初に出版し、夏ごろ重版するのが恒例となっていましたが、第4版を発売した今年は、発売後わずか2か月で重版となりました。

『自游日本』は中国人の特に個人旅行者をターゲットにしたガイドブックで、中国で最もよく知られた日本旅行の達人である史詩が、日本各地の観光地、グルメ、乗り物、旅館やホテルなどを紹介しております。旅行プランの立て方、公共交通機関の利用の仕方や日本文化にまつわる豆知識など、日本旅行のためのお役立ち情報が満載の内容となっております。

[画像1: (リンク ») ]

民営出版社としては中国最大の新経典出版社の発行で、中国EC大手の京東商城(JD.com)やアマゾン、最大のネット書店の「当当網」のほか、新華書店、Page One書店、SISYPHE書店といった大手書店をはじめとする中国全土の書店にて、好評発売中です。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

『自游日本』の好評な売れ行きを記念し、同書とタイアップしたオンラインとオフラインのプロモーションサービスの提供を開始致します。

対象:飲食業、小売り業、宿泊施設、自治体、交通機関などで中国人旅行客の消費を喚起したい方

『自游日本』の本文中での紹介に加え、巻末の付録の小冊子に2ページ程度の紹介文とQRコードを掲載できるプロモーションサービスを開始いたします。QRコードをスキャンすればGoJapanの特集ページを閲覧可能で、本の中に書き切れない、より詳細な情報をこちらに掲載できます。特集ページには動画や外部リンクなど、さまざまな情報を掲載可能です。

新たに提供するプロモーションサービスは、事前審査の後、4月上旬から8月末までに取材を行い、10月までに本に掲載する内容を確定後、GoJapanの特集記事の作成と配信を行います。GoJapanの特集記事は、訪日No.1アプリメディア“GoJapan”での掲載に加え、WeChat(微信)、Weibo(微博)などのSNSでの情報拡散、KOL(“Key Opinion Leader”の略で、中国のSNS上で影響力の高いアカウントのこと)による口コミ拡散などによって、より多くの中国の訪日ユーザー及び日本に興味・関心を持っているユーザーに情報を届けます。特集記事の詳細については、GoJapanの特集記事コンテンツ掲載プランをご参照ください。

※この度のプロモーションサービスは純広告とは異なりますので、書籍への掲載が可能かについて審査がございます。問い合わせ先:ad@go-riben.com

[画像4: (リンク ») ]



著者プロフィール
史詩(シシ) 日本ガイドブック『自游日本』著者
中国で有名なカリスマ旅行ブロガー・旅行の達人
GoJapan(去日本)メディア共同創業者&CCO
中国最大手旅行メディア「穷游(Qyer)」公認最高ランクの日本旅行家、「穷游」における日本関連コンテンツの特別顧問

1986年中国・北京生まれ。北京大学修士課程修了(中日比較文学専攻)。2009年から日本各地を旅し、47都道府県を踏破した日本通のカリスマブロガー。

大学卒業後は編集者として、中国最大手の出版会社「新経典文化股份有限公司」に勤務し、 東野圭吾、村上春樹、夏目漱石らの書籍の翻訳・編集を担当。出版社での編集者としての経験と、日本旅行の経験を活かし、中国人旅行者のための日本ガイドブック『自游日本』を執筆。中国Amazon、京東商城、 当当網などで話題になり、中国Amazonでは日本旅行関連の書籍で月間売上No.1を記録し、 Lonely Planetの次に中国で最も売れている日本ガイドブックとして、全国の書店で好評販売中。

また、中国最大手の旅行攻略メディア「穷游」での旅行記事コンテンツの総PV数が350万回を突破し、最も影響力のある日本旅行の達人に認定され、現在、日本旅行や日本文化に関する特別セミナーの講演者としても活躍している。

「穷游」掲載の史詩制作コンテンツ例:  (リンク »)

“去日本(GoJapan)”アプリについて

[画像5: (リンク ») ]

中国AppStore「日本」関連で一位
2015年10月に正式リリースした訪日旅行者向けアプリ“去日本(GoJapan)”は、ユーザビリティーとコンテンツのクオリティの高さが評価され、180万ダウンロードを突破しました。中国AppStoreの「日本」関連アプリランキングで一位となっております。

旅マエ(グルメ・観光・ショッピング・体験・イベント・モデル観光ルートなどの情報収集、ホテル・レストランの予約サービス、ビザ申請)→旅ナカ(周辺検索、音声ガイド、音声翻訳、道案内、クーポン)→ 旅アト(レビュー、情報共有、越境EC)までをカバーするワンストップのコンシェルジュアプリです。

掲載情報が消費に直結
アプリの主要ユーザーは25~45歳の購買力の高い層で、かつ7割が女性のため、掲載情報がより消費行動に結びつきやすいのが特徴です。

地方の魅力発信を強化
東京・大阪・京都といった有名観光地の情報をカバーしているのはもちろん、都市から地方へと観光客の流れが変わりつつあるのを受け、地方の観光地の情報の紹介も行っております。地域に特化した情報について“去日本(GoJapan)”アプリ内で配信するのみならず、都道府県別のアプリも制作しており、すでに「GO北海道」、「GO東京」、「GO大阪」、「GO京都」をリリース。

[画像6: (リンク ») ]

各地の魅力をよりきめ細かに伝えることで、ユーザーの満足度を高めるとともに、観光振興にも寄与すべく、今後とも地域に特化した観光情報の発信に努めてまいります。

「GoJapan」について
「GoJapan(中国名:去日本)」は日本に特化した中国最大のメディアネットワーク(GoJapanのメディアユーザー数は320万人以上)であり、中国の著名実業家、エンジェル投資家、芸能人、スポーツ選手らも出資する中国のベンチャー「亚智游(北京)信息科技有限公司(Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.)」が運営しております。

GoJapanは日本の魅力を中国人に広め、なおかつユーザーの便利で快適な日本旅行をサポートすることをミッションに掲げ、アプリやWeibo(微博)、WeChatの公式アカウント、動画メディアの「GoJapan-TV」など、さまざまなチャンネルで情報の発信を行っております。

中国の大手旅行プラットフォーム(Ctrip,Qunar,穷游,蚂蜂窝など)をはじめ、主流メディア(新浪,网易,搜狐,今日头条など)にアカウントを持つほか、動画メディア(爱奇艺,优酷,腾讯视频,bilibiliなど)にも自社チャンネル「GoJapan-TV」を持っております。

提携・パートナーの媒体は、300以上に達しており、この提携関係に基づき、コンテンツを軸とした分散型プロモーションやインフルエンサー(KOL)を活用した中国新媒体(China New Media)配信サービス事業も実施しております。

[画像7: (リンク ») ]

配信アプリは旅行情報に関するものにとどまらず、旅先で使える翻訳アプリ「日本語声優さん(中国名:日语声优桑)」も配信しております。アジアで最も人気の高い声優の花澤香菜さん、杉田智和さんとコラボレーションした翻訳アプリは若者に人気で、ダウンロード数は早くも25万人を突破しております。

・GoJapan iOS: (リンク »)
・GoJapan Android: (リンク »)
・日语声优桑 iOS: (リンク »)

【各種お問合せ先】Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.(GoJapan中国本社)
・GoJapanメディアへの掲載・タイアップ広告に関するお問合せ: ad@go-riben.com
・提携・代理店パートナーに関するお問合せ: partner@go-riben.com
・Weiboインフルエンサー・KOLに関するお問合せ:gojapan@weibokol.com
・セミナー講演・取材に関するお問合せ:press@go-riben.com

【会社概要:Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.(GoJapan中国本社)】
設 立:2014年4月
代表者:代表取締役社長 劉 璐
事業内容:メディア事業(日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(中国名:去日本)」の運営、日中企業家メディアネットワーク運営など)、メディアレップ、広告代理・広告販売事業、訪日ビックデータ事業、コンテンツ事業など
所在地:北京市朝阳区酒仙桥路甲12号电子城科技大厦4F

【会社概要:株式会社ゴージャパン(日本法人)】
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役社長 劉 璐
事業内容:日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan」の日本における広告代理、広告販売事業、訪日インバウンド支援、対中華圏向け動画プロモーション、中国メディア・マーケティング支援、コンサルサービスなど
所在地:東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8F

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]