ERPおよび製造業向けIoT分野における東洋ビジネスエンジニアリングとの協業強化に関するお知らせ

テクノスジャパン 2018年03月14日

From PR TIMES

株式会社テクノスジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉岡隆、以下「テクノス」、証券コード3666)は、企業の統合基幹業務システム(ERP)事業およびその周辺事業における東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下「B-EN-G」、証券コード4828)との協業強化を目的として、本日付でB-EN-Gの株式180,000株(発行済株式総数の3.0%)をB-EN-Gの大株主から取得しましたのでお知らせいたします。

株式会社テクノスジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉岡隆、以下「テクノス」、証券コード3666)は、企業の統合基幹業務システム(ERP)事業およびその周辺事業における東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:大澤正典、以下「B-EN-G」、証券コード4828)との協業強化を目的として、本日付でB-EN-Gの株式180,000株(発行済株式総数の3.0%)をB-EN-Gの大株主から取得しましたのでお知らせいたします。

テクノスは、創業当初よりSAP社製を中心としたERPシステムの構築・導入支援を中心に事業を展開しており、関係会社でビッグテータやAI事業にも取り組んでいます。一方、B-EN-Gも長年にわたりERPシステムの構築・導入支援サービスを中心として事業を展開し、特に製造業向けの生産管理システム構築においては自社パッケージシステム「mcframe」で豊富な導入実績を有し、テクノスとはビジネスパートナー契約を締結し、現在も協業しております。
今後は両社の強み・ノウハウを生かして、主に以下の取組みにより両社の更なる事業拡大を目指します。

・業界テンプレート構築などによる「mcframe事業」の協業関係強化
・「SAP事業」におけるアライアンス強化および大型プロジェクトの受注・遂行
・製造業向けIoT分野での両社の製品・サービス連携によるビジネスの拡大

B-EN-Gの大澤社長からは、「この度の件につきまして心から歓迎いたします。両社の事業展開に大いに資するものと期待しております。」とのコメントが寄せられております。

以 上

■本ニュースリリースに関するお問い合わせ
株式会社テクノスジャパン 管理統括グループ 経営企画室 田中
電話:03-3374-1212 E-mail:info@tecnos.co.jp

<ご参考>

【両社の概要】
会社名:株式会社テクノスジャパン
設立日:1994年4月27日
住 所:東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
代表者:代表取締役 執行役員社長 吉岡 隆
資本金:5億6252万円
売上高:連結:5,956百万円 (2017年3月期)
主な事業内容:情報システムのコンサルティングから企画・開発・保守に至る一連のサービスを提供する情報システムソリューションサービス
従業員数:連結:326名(2017年3月31日現在)

会社名:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
設立日:1980年12月20日
住 所:東京都千代田区大手町一丁目8 番1
代表者:代表取締役社長 大澤 正典
資本金:6億9,760万円
売上高:連結:13,289百万円 (2017年3月期)
主な事業内容: 企業経営および情報通信システムのコンサルティング、コンピュータネットワークの企画および開発、情報通信システムの企画、開発、販売およびリース
従業員数:連結:558名(2017年3月31日現在)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。