世界最大級のクラシック音楽祭で業界初の取り組み!「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」にてスマホで簡単に受取り、入場できる電子チケットを本格導入

playground 株式会社 2018年03月16日

From PR TIMES

~playgroundが提供するコミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を採用~

 2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)の3日間開催される、世界最大級のクラシック音楽祭『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018』において、playground株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:伊藤圭史、以下playground)が提供する、コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」が採用されました。電子チケットはLFJチケット販売サイト(運営:ぴあ株式会社)にて2018年3月17日(土)より販売が開始されます。
購入したチケットをスマートフォンで受け取り、入場することができる「Quick Ticket」のLINEによるチケット発券機能は、クラシック音楽イベントでは初の本格導入となります。来場者はこれまでにない便利なチケッティングを体験できるだけではなく、『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018』のLINE@アカウントから特別な情報、特典を受取ることができます。




[画像1: (リンク ») ]


■導入背景:これまでにない新しい鑑賞体験を、お客様に
 ラ・フォル・ジュルネTOKYOは、期間中に2,000人以上の出演アーティストによる300以上のコンサートが開催される、世界最大級のクラシック音楽祭です。今年は「UN MONDE NOUVEAU モンド・ヌーヴォー - 新しい世界へ –」をテーマに5月3日(木・祝)から3日間開催されます。2005年に始まって以来、リーズナブルな入場料、子供連れでも鑑賞できるコンサートの開催や、1日に多数の公演を楽しめることで来場者は増加し、これまでに延べ780万人以上に楽しまれて、現在では年代を問わず、国内外の芸術を愛する全ての方から注目を集める、ゴールデンウィークの恒例イベントとなっております。また、今回からは従来の丸の内エリアに、東京芸術劇場を拠点とした池袋エリアが加わり、開催エリアも拡大しています。イベントの成長に伴い、チケッティングに関しても、よりお客様に寄り添った、快適なサービスが求められるようになりました。また、これまでクラシックの世界では用いられてこなかった電子チケットを本格採用することによる、新しい化学反応に期待し、「Quick Ticket」の採用にいたりました。

■期待効果1:チケット購入から受取り、入場がスムーズに
 今回、playgroundが提供する「Quick Ticket」を導入することにより、チケットを購入の際に、受取り方法で「Quick Ticket」を選択し、『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018』のLINE@アカウントと友だちになるとLINEを通じてチケットが届きます。開催中にいくつかのコンサートを鑑賞する際も、複数枚のチケットを持ち歩く必要がなく、簡単に管理を行うことができます。
 また、システムを通じてチケット枚数集計を即時に行うことができます。

■期待効果2:来場者コミュニケーションで、より便利で楽しい体験を
 「Quick Ticket」発券に用いる『ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018』のLINE@アカウントでは、「出演アーティスト情報」、「イベント情報」など、これまで以上にコンサートを充実して鑑賞する為の情報を発信予定。これまで難しかった会期前、中、後の来場者とのコミュニケーションを実現します。「Quick Ticket」発券を選択した方限定の情報、コンテンツ配信も企画中です。
※「Quick Ticket」発券を選択した方以外に対しても、各種情報を配信予定です。

■期待効果3:海外からのお客様にとっても使い易いサービス
 「Quick Ticket」を利用することで、訪日外国人のお客様も、快適にチケットを受け取り、利用することが可能になります。近年、外国人旅行者が増加し、地域を巻き込んだ施策が多く行われる中で、playgroundではインバウンド需要にも対応し、国内外問わず質の高いエンターテイメント体験の提供を目指してまいります。

 今後もplaygroundでは、お客様に対するより新しく、快適な鑑賞体験をご提供してまいります。


【『ラ・フォル・ジュルネTOKYO』開催概要】
■テーマ:「UN MONDE NOUVEAU モンド・ヌーヴォー - 新しい世界へ –」
■日程:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)
■会場:丸の内エリア(東京国際フォーラム・大手町・丸の内・有楽町など)
    池袋エリア(東京芸術劇場・池袋西口公園・南池袋公園など)
■公演数:約400公演
■主催:ラ・フォル・ジュルネTOKYO運営委員会
    (株式会社KAJIMOTO/株式会社東京国際フォーラム/豊島区/三菱地所株式会社)
■来場者:約50万人(見込み)
■URL: (リンク »)

【コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」】
「Quick Ticket」は、チケット販売事業者が「LINEやメールで発券*1して物理スタンプでモギれる*2電子チケットサービス」を簡単に導入できるクラウドサービスです。
導入企業は自社のチケット販売・管理システムと「Quick Ticket」をAPI連携するだけで電子チケットサービスを開始でき、来場者は専用アプリをダウンロードする手間なく電子チケットを使えます。電子チケット特有の運用上の負荷(アプリストア・端末仕様の変更対応、システムメンテナンス、現場運用設計 等)も playground にお任せいただけるため、導入企業はトレンドに則した最新の電子チケット機能を負荷なく利用し続けることができます。「Quick Ticket」は今後、各社が独自電子チケットを開発することで発生している「現場業務の混乱」や「開発・運用コスト増加」といった問題を解決するため、「電子チケットの標準規格」を目指して開発を進めて参ります。
・「Quick Ticket」の詳細はこちら URL: (リンク »)
*1…LINE/Facebook等のコミュニケーションアプリを介した電子チケット発券はplaygroundによる世界初の取り組みです。(特許出願済)
*2…スマホに直接押印できる「電子スタンプ」はplaygroundが開発し、国際特許を保有する技術です。

【playground 株式会社】
エンターテイメント業界に特化した技術開発、コンサルティングを行うデジタルファームです。主力事業である「Quick Ticket」は、埼玉西武ライオンズ、サンリオやパルコ(劇場)等の大手企業に導入されており、電子チケットの新しいカタチを提供しています。リアルイベント運営における様々な課題の解決に加え、イベント体験の楽しさを何倍にも増幅させる仕組み作りを、デジタルの力で支援をいたします。エンターテイメントビジネスをデジタルの力で変革するべく、デジタル×エンタメの新しい挑戦を続けています。
[画像2: (リンク ») ]


■社名:playground株式会社(playground Co., Ltd.)
■代表者:代表取締役 伊藤 圭史
■所在地:東京都渋谷区渋谷3-25-18
■設立:2017 年6 月1 日
■事業内容:電子チケット発券システムの提供/ コンサルティングサービスの提供
■URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]