プログラミング教室を強力にバックアップ!アフレルが4月にサポートセンターを開設

アフレル 2018年03月17日

From PR TIMES

~開校・運営を全面サポートする5つのサービスで安心を提供~

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以下「アフレル」)は、ロボットプログラミング教室を展開する事業者を対象として、4月より「サポートセンター」( (リンク ») )を開設いたします。ロボットプログラミング教室の開校・運営においてポイントとなる5つのサービスを特別費用でご利用いただける新メニューで、初めて事業を展開される方にも安心して教室運営に専念していただけます。



アフレルでは、昨年より20回を超える「こどもロボットプログラミング教室 事例・開設セミナー」を実施してまいりました。新たに教室開校・運営を検討されている多くの事業者様にお会いする中で、やはり運営を進めるにあたって様々な不安点が生じると予想されていることが見えてきました。また、その不安を解決することこそが我々に求められているとの印象を強くし、この度、サポートセンターの開設に至りました。事業者様にとって技術的な相談窓口となること、また受講者様の学びを支援できる指導者育成やロボット教材のパーツ保証に加えて、コンテスト参加の優先受付や教育情報の提供といった、アフレルならではのサービス提供を目指しております。

【名称】ロボットプログラミング教室向けサポートセンター
【URL】 (リンク »)

【こんな方にお勧め / 5つのサービス内容】


教室を進めていく上で技術的な不安がある


[画像1: (リンク ») ]



専用窓口にて、EV3やWeDo2.0に関する技術Q&Aに対応します。




ロボットの使い方を身につけたい


[画像2: (リンク ») ]





講師トレーニング講座(EV3基礎編・WeDo2.0編)を特別優待価格でご提供します。




ロボットの管理が不安


[画像3: (リンク ») ]



EV3とWeDo2.0の「センサー」「モーター」「バッテリー」「インテリジェントブロック」「スマートハブ」の交換保証(※交換回数の上限あり)



プログラミング教育の最新情報が欲しい


[画像4: (リンク ») ]



教育・技術に関する情報、弊社によるアンケートデータなどを優先的にご提供します。





受講者が日頃の学習成果を試せる場が欲しい



[画像5: (リンク ») ]



アフレルが運営するロボットコンテストの優先受付や、契約教室様のイベント特別優待等をご用意しています。


【サービス利用対象者】
アフレルと一定のお取引があるロボットプログラミング教室の事業者様を対象とし、契約教室様限定でサポートセンター専用窓口をご利用いただけます。

【株式会社アフレルについて】
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]