ウェブセミナー開催 「完全自動運転を視野に、技術とユーザーニーズを議論」 デンソーアイティラボラトリ × 名古屋大・ティアフォー

ReVision Auto&Mobility 2018年03月19日

From PR TIMES

人が運転に関与しない完全自動運転を見据えた公道試験やサービス実験が広がりをみせる中で、自動運転の進化が人の移動や暮らし、車の使い方をどう変えていくのか、技術的課題を踏まえつつ議論します。

ウェブセミナーは、大学発ベンチャー企業・ティアフォーで完全自動運転プロジェクトに携わる名古屋大学未来社会創造機構の二宮芳樹特任教授と、自動運転に必要な人工知能(AI)をはじめとする技術開発に注力するデンソーアイティーラボラトリの平林裕司代表取締役社長を講師に迎え、「将来の完全自動運転実現を視野に、技術とユーザーニーズを掘り下げる」と題して開催。3月28日(水)午後5時から1時間30分、オンライン・ライブ配信します(有料登録制)。



ウェブセミナーの詳しい内容はこちらからご覧いただけます:
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


ウェブセミナー前半では、二宮氏が「完全自動運転が拓く移動の新たな可能性 ~ティアフォーの自動運転実証から」、平林氏が「自動運転を支える認識技術 ~完全自動運転へ向けた課題は何か」と題して講演。後半は「自動運転がもたらす変化と今後の技術的課題」として、視聴者とやり取りも交わしながら議論します。

途中、視聴参加者から投稿質問を受付け、ライブ・アンケートも実施するなどインタラクティブな構成です。実施時刻に視聴が難しい場合でも、登録いただいていれば後にウェブセミナー録画ビデオをお送りします。


■■ 開催概要 ■■
2018年3月28日(水)17:00~18:30 <90分間、オンラインにてライブ配信>

17:00~ プレゼンテーション
「完全自動運転が拓く移動の新たな可能性 ~ティアフォーの自動運転実証から」
二宮 芳樹氏
名古屋大学 未来社会創造機構 特任教授、株式会社ティアフォー 取締役

17:20頃~ プレゼンテーション
「自動運転を支える認識技術 ~完全自動運転へ向けた課題は何か」
平林 裕司氏
株式会社デンソーアイティーラボラトリ 代表取締役社長

17:40頃~ ディスカッション
「自動運転がもたらす変化と今後の技術的課題」
平林 裕司氏 × 二宮 芳樹氏

■■ ■■ ■■

【ウェブセミナーの詳しい内容はこちらから】
(リンク »)

【今後のウェブセミナー・スケジュール】
4月17日は「エネルギーマネジメントと次世代モビリティ」をテーマに、講師に岩田和之氏(株式会社本田技術研究所 R&DセンターX 執行役員)、清水和夫氏(自動車ジャーナリスト)を迎えます。
(リンク »)

【ウェビナー動画を無料公開中】
無料動画公開サイトにて、これまで実施したウェブセミナー動画の一部をご覧いただけます:
(リンク »)


ReVision Auto&Mobilityは自動運転・コネクテッドカー・次世代モビリティで、新たなビジネスモデルづくりとイノベーションを志す人たちのメディアプラットフォームです
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]