F5ネットワークス、ITスキルのギャップを解消しビジネス価値を推進するSuper-NetOpsイニシアティブを発表

F5ネットワークスジャパン合同会社 2018年03月20日

From PR TIMES

DevOpsの手法を通じてネットワーク管理に不可欠な機能を提供することを支援するITプロフェッショナル向けの無償トレーニングプログラムを開始

F5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV)は、DevOpsの手法を通じた企業とIT産業全体の自動化の推進、新たなレベルの業績、長年の課題であるスキル面のギャップ解消を実現する業界トレーニングとコミュニティベースのプログラムであるSuper-NetOpsイニシアティブを発表しました。Super-NetOpsイニシアティブは、進化し続けるネットワーク運用機能を対象とし、アプリケーションサービスを従来のチケットベースではなく、サービスモデルを通じて提供することを可能にします。

サイバー攻撃の進化やマルチクラウド環境の普及によって、より自動化されたアプリケーションサービス提供へのニーズが高まっています。ITインフラストラクチャ内での効率改善への要求に伴い、基本的なものと新たに登場してきたもの両方のテクノロジーに関わるスキルを持つプロフェッショナルの不足が生じ、企業からはそのことが成功を妨げる主な要因として認識されています。

世界中の地域ですでに成功を収めているF5のグローバルなSuper-NetOpsプログラムは、ネットワークに関する基本的なテクノロジー、新規のテクノロジーの両方を参加者に提供することを目的としています。このプログラムはネットワーク管理(NetOps)コミュニティに対してデベロッパー(DevOps)コミュニティとの連携を拡大するよう働きかけるとともに、手動のタスクベースの作業から従来になかった水準で自動化を促します。このトレーニングは、すでに数百社におよぶF5のお客様を対象に試験運用中で、アプリケーションがコンプライアンス、ポリシー、およびパフォーマンスに関して求められている基準を満たしている状況を維持しながら、業務のサイロ化を解消するとともに、サービス提供までの時間を数日から数分単位に短縮することが可能になっています。

Super-NetOpsのトレーニングプログラムは、オンデマンドかつ無償で利用できます。DevOpsの手法と、自動化・オーケストレーション・Infrastructure-as-Code(IaC)の概念をカバーした2つのモジュールで構成されており、ビデオ講義とハンズオン演習により、ネットワーク管理者が重要なアプリケーションサービスの標準化のために必要なスキルを学習することができます。

F5のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるキャラ・スプラーグ(Kara Sprague)は、次のように述べています。
「ネットワーク管理のノウハウが、これまで以上に重要になってきています。クラウドはアプリケーションの急激な増加に伴い、より速く、より安全に提供することが求められ、かつ常に利用可能でなければならないというニーズの拡大をもたらしています。Super-NetOpsはネットワーク管理の専門家が数十年にわたって蓄積してきた、展開、管理、保守、およびセキュリティ確保の経験を基盤として構築され、DevOpsチームが必要とする自動化とアジリティの提供を実現します」

F5は今後数カ月以内に、拡大するDevSecOpsが担う役割に対応し、自動化された展開手法にセキュリティを組み込んだ、さらに充実したカリキュラムを展開する予定です。このカリキュラムではまた、アジャイル手法、アプリケーション言語フレームワーク、サードパーティー製の自動化ツールチェーンの使用など、その他の基本的な項目に対応した拡充も計画されています。

各社からのコメント
Groupware Technology社 Application Solutions Practice Manager
クリス・ズワーゲル(Chris Zwergel)氏
「DevOpsは自動化されたネットワーク運用を必要とするため、多くの企業では、インフラストラクチャに関連した判断がインフラストラクチャ担当チーム以外によって行われる場合が増えています。F5がネットワーク管理者のトレーニングと、DevOpsの要求に応える自動化されたサービス提供のための投資を行うことを喜ばしく思います」

Red Hat社 Ansible担当ジェネラルマネージャー
ジャスティン・ネマーズ(Justin Nemmers)氏
「自動化に焦点を合わせたDevOpsは、ネットワークインフラストラクチャの最新鋭化に不可欠の要素です。F5とRed Hat Ansible Automationとの一連の統合を通じ、F5ユーザーはネットワークの自動化とオーケストレーションをよりシンプルに行えるようになりました。Super-NetOpsプログラムは、F5ユーザーがネットワーク自動化を開始するために必要なツールを提供します」

WWT社 Application Delivery、Practice Lead
マーク・ウォール(Mark Wall)氏
「アプリケーションの爆発的増加とIT組織内でのDevOpsカルチャー構築に向けた動きに伴い、ネットワーク運用に関する考え方とノウハウには大きな変化が求められています。F5 Super-NetOpsは、高度に自動化されたコラボレーションベースのIT組織の一環となるために必要なスキルセットのトレーニングを通じ、ネットワーク管理者がこの変化に対応するための明確な道筋を示すものです」

F5ネットワークスについて
F5は、世界最大規模の企業やサービスプロバイダ、政府機関、消費者ブランドが、アプリケーションをより速く、よりスマートに、そしてより安全に提供することを可能にします。F5はクラウドとセキュリティに関するさまざまなソリューションを提供しており、これらを活用することでスピードと管理性を犠牲にすることなく、セキュアかつハイブリッドクラウドに対応したアプリケーション基盤を実現できるようになります。
【F5に関する詳細、最新情報】
・F5ネットワークスジャパン ホームページ: (リンク »)
・Twitter: @F5Japan
・Facebook: (リンク »)

※本報道資料は米国で1月30日に発表したプレスリリース (リンク ») の抄訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。