アドエビス、リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」と連携開始。動画・バナー広告の閲覧データを活用したアトリビューション分析が可能に。

株式会社ロックオン 2018年03月20日

From PR TIMES



株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、株式会社ヒトクセ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:宮崎 航)が提供するリッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の連携を2018年3月20日より開始することを発表します。
「Smart Canvas」と連携することにより、20社以上の広告媒体における動画・バナー広告のインプレッションデータを用いたアトリビューション分析が「アドエビス」上で可能となります。
[画像1: (リンク ») ]

昨今、ブランド認知を目的とした動画・バナー広告を出稿する企業が増加しています。しかしながら、媒体レポートだけではユーザーの態度変容まで可視化することが難しく、獲得を目的とした広告に比べて投資判断を行うことが難しい媒体であると言われています。
今回の連携により、Smart Canvas上で配信可能な20社以上の動画・バナー広告のインプレッションデータをアドエビス上で計測できるようになります。これにより、動画・バナー広告の閲覧がユーザーへ与える態度変容を分析・評価いただけるようになります。
具体的には、計測されたデータを活用し、動画視聴後に検索行動へリフトしたユーザーの割合や、バナー閲覧がコンバージョンへ与える影響を数値化したビュースルーコンバージョンの可視化など、インプレッションを軸とした広告評価が可能となります。また、アドエビスのオプションサービスと組み合わせることで、分析結果を用いた広告やメール配信や調査のセグメント条件としてもご活用いただくことができます。
[画像2: (リンク ») ]

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」: (リンク »)
リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」: (リンク »)

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2001年6月
URL: (リンク »)
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

■株式会社ヒトクセ概要
会社名:株式会社ヒトクセ
東京本社:〒160-0023東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿701号
代表者:宮崎 航(みやざき わたる)
設立:2011年8月
URL: (リンク »)
事業内容:広告サービス

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロックオンの関連情報

株式会社ロックオン

株式会社ロックオンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]