サイボウズスタートアップス、誤って削除してしまった1レコードのリストアが可能な「kBackup Ver2.0」を3月20日に公開

サイボウズスタートアップス株式会社 2018年03月20日

From PR TIMES

「ああっ!レコード消しちゃった!」にも対応できます

サイボウズスタートアップス株式会社(本社:東京都品川区 社長:山本 裕次)は、サイボウズ株式会社が提供する業務アプリクラウド「kintone(キントーン)」内のデータを外部にバックアップする「kBackup」に、1件のレコードリストア機能を追加したVer.2.0を本日3月20日(火)より提供を開始します。



■ 誤って削除してしまった1件のレコードをリストア
kBackupはkintoneのデータを万一に備えてバックアップするサービスです。今回のバージョンアップで1レコードでのリストアが可能になりました。
kintoneを利用して、最も多い誤操作がレコード削除になります。これまでのVer.1ではリストアする際に全体のデータをリストアすることしかできませんでしたが、1レコードでのリストアにより、新たにアプリを作成する必要がなくなるため、ルックアップや関連レコードなどアプリ間の連携に影響を与えることなく復旧させることができるようになりました。

[画像1: (リンク ») ]


■ オンラインバックアップでリアルタイムに添付ファイルもバックアップ
ユーザーがkintone側で操作する度にバックアップを行う「オンラインバックアップ」では、従来添付ファイルのバックアップを行っていませんでした。今回のバージョンアップでオンライン・バックアップでも添付ファイルのバックアップを行うようになりました。これにより即座に添付ファイルのリストアが可能です。1レコードリストアにも対応しているので、添付ファイルを含む該当レコードだけリストア、なんてことも可能です。

■ CSV出力はkintoneに入力できるテーブル形式も追加
kintoneアプリ内の特長の1つである可変行のフィールドである「テーブル」。kBackupはテーブルが存在するアプリでも問題無くバックアップ、リストアが可能なのですが、kintone側では長い間CSVでの入力が不可能でした。現在、kintoneでもテーブルのCSV入力が可能になり、それに対応するため、kBackupでも出力するCSVをテーブル対応したものにしました。
手元で少しデータを編集してからkintoneにリストアしたいときなどに重宝すること間違いなしです。


[画像2: (リンク ») ]


■「kBackup Ver.2.0」概要

[表: (リンク ») ]



※ 別途、「kintone」のスタンダードコースのライセンス(1ユーザー月額/1500円)が必要です。kintoneは、30日間無料で利用可能です。

■kintoneとは (リンク »)
「kintone」は、用途にあわせてwebデータベース型の業務アプリを構築できるサービスです。営業の案件管理、お客様からの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報などをwebアプリケーション化により効率化します。アプリケーションはノンプログラミングで誰でも簡単に構築できます。
■kintone連携サービスはこちら
(リンク »)
■サイボウズスタートアップス株式会社について
サイボウズスタートアップスは、ビジネス向けのクラウドサービスを提供するサービス企業です。安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービス間を連携させたサービスの提供を行なっております。
<会社概要>
商号  : サイボウズスタートアップス株式会社
所在地 : 〒108-0014 東京都品川区西五反田2丁目27-3
代表  : 山本 裕次
設立  : 2010年8月
事業内容: クラウドサービスの開発 / 提供、新サービスの開発と運用
URL   : (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter : (リンク »)
【本件に関するお問い合わせ先】
サイボウズスタートアップス株式会社
代表取締役社長 山本 裕次
〒108-0014 東京都品川区西五反田2丁目27-3
TEL : 050-3816-6666
MAIL: info@cstap.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。