5Gの実現を支える「光通信」の最先端技術が出展!

リード エグジビション ジャパン株式会社 2018年03月20日

From PR TIMES

第18回 光通信技術展 会期:2018年4月4日(水)~6日(金)会場:東京ビッグサイト

リード エグジビション ジャパン(株)は、2018年4月4日(水)~6日(金)までの3日間、東京ビッグサイトにて「第18回 光通信技術展」を開催いたします。
IoT製品の増加やビッグデータ活用などにより、インターネットを行き交うデータ量は年々増加しており、通信技術はさらなる進化が求められています。
「高速・大容量化」「端末同時接続」「低遅延・超高信頼性」を実現する新規格の無線通信「5G」が期待されていますが、商用化には現在より多くの基地局が必要になり、それらの基地局を接続する為には光ファイバーの固定ネットワークが欠かせません。
より快適なネット環境を実現するために、高速化・小型化の進む光トランシーバーモジュールや、大容量化を実現するマルチコア光ファイバ、超多心光ファイバケーブルなど、日々進歩する光通信技術。最新技術が一堂に集まる本展示会をぜひご取材ください。
公式HP⇒ (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]



【最新】光通信技術 出展製品紹介(一部抜粋)

●ラック搭載型光スイッチモジュール 大崎電気工業(株)
 新製品 実機デモ有!
4台の光スイッチ同時切替。電源喪失時、光スイッチ方向と表示を保持。
二重化光ループ接続機器の更新時、現行機器と新設機器のネットワーク接続切替がボタン1つで可能になります。簡単操作、シンプル機能が魅力です。
[画像2: (リンク ») ]


●マルチファイバーMPOスイッチモジュール Viaviソリューションズ(株)
 新製品 実機デモ有!
MPOケーブルのOTDRテスト自動化ソリューション
MPOケーブルはデータセンターにて広く利用されており、FTTHやFTTA、C-RANなどテレコムアクセス分野に急速普及.MTS-4000用MPOスイッチは、OTDRでMPOケーブルの個々のファイバーを正確かつ迅速に特性評価する上で最適なテストソリューションを提供
[画像3: (リンク ») ]


●光ファイバーロータリージョイン SPINNER GmbH
 新製品 世界初!
~52ch対応 Single/Multi Mode対応。 低損失かつコンパクト設計。
Spinner社では、最大52chまで対応した高性能・光ロータリージョイント(Fiber Optics Rotary Joint)をご提供致します。独自技術により、非常に小型且つ低損失の光伝送が可能になります。標準品からカスタム品まで幅広く対応しております。業界初L型タイプあり。Single-Mode E9 /125, Multi-Mode G50 / 1


25 (or Multi-Mode G62.5 / 125) コネクタ:各種ご指定可能

[画像4: (リンク ») ]


【併催セミナー】光通信技術展 セミナープログラム
詳細・申込は⇒ (リンク »)
 (事前申込制/同時通訳付)
[画像5: (リンク ») ]

【開会式】総務省、放送局、通信事業者など トップ50名が参列!
初日 4/4(水)9:30~ 詳細は⇒ (リンク »)
[画像6: (リンク ») ]


【開催概要】
総称 第2回 通信・放送Week
第18回 光通信技術展 FOE2018
第2回 映像伝送EXPO VCOM2018
第1回[次世代]モバイル通信展
第1回 4K・8K機材展

会期:2018年4月4日(水)~6日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
公式WEBサイト: (リンク »)

【招待券請求(無料)受付中! 】
申し込みはこちら >>> (リンク »)
(招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]