【日本美食】京急電鉄のスタートアップ支援プログラム「KEIKYUアクセラレーター」にて最優秀アライアンス賞を受賞!7月下旬までメンターネットワークや事業連携など

日本美食 2018年03月20日

From PR TIMES

インバウンド向け飲食店予約及びスマホ決済サービス『日本美食(ニホンビショク)』等を運営する日本美食株式会社(東京都港区 代表取締役社長:董路〔ドン ルー〕、以下日本美食) は、京浜急行電鉄株式会社(東京都港区:代表取締役社長:原田一之、以下京急電鉄)が実施したスタートアップ支援プログラム『KEIKYUアクセラレーター』に応募し、応募総数187社の中から最終選考の結果、13社の中の一社に採択され、最優秀アライアンス賞を受賞したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

KEIKYUアクセラレーターに採択されたことにより、日本美食は2018年の3月より約4ヶ月間、メンタリングや経営資源の活用、出資等の支援を受けることが可能になります。


◆KEIKYUアクセラレーターとは◆
KEIKYUアクセラレーターは「次の120年に羽ばたくイノベーション」をキーワードに、京急沿線の暮らしと、その先にある未来を豊かにするための革新的な世界を創造する起業家・事業家を募集。

スタートアップ企業もがまだ気づいていないアイデア、スピード、実行力と、2018年に創立120年を迎える京急グループのリソース、ブランド、専門のメンター陣を、日本のリーディング・コーポレートアクセラレーターである01Boosterのサポートによって組み合わせることで、革新的な事業を興し、その事業を急成長させること目指しています。


◆本プログラムの支援内容◆
1. メンターネットワーク
 京急電鉄、01Boosterのメンターネットワークを利用する事ができます。
2. 信用力の向上
 大手企業からの支援を受けている事で信用力を向上する事ができます。
3. 出資
 アクセラレータープログラム参加企業にはエクイティによる出資を検討します。
4. 人材支援
 事業計画にそって具体的な業務を支援します。
5. 事業連携、事業提携
 具体的な事業の連携を実現し、企業成長をサポートします。
6. 海外展開支援
 アクセラレータープログラム参加企業の海外展開を支援します。
7. オフィス利用
 アクセラレータープログラム期間は01Boosterの施設を利用することが可能です。

※KEIKYUアクセラレーター: (リンク »)


■日本美食について
来日した訪日観光客の飲食店においての悩み「探せない」「通じない」「払えない」。
この3つの悩みを解消し、同時に受け入れ側の飲食店の悩みを解消すべく、飲食店のインバウンド領域における「成果報酬型送客・多言語対応コンシェルジュ予約・事前決済・店頭スマホ決済」機能を持ったサービスを展開。飲食店と訪日観光客を繋ぐアプリ「日本美食」を運営しています。

スマートフォンのQRコード決済においては中国をはじめとして、全世界44ヵ国の訪日観光客に利用されています。
[画像2: (リンク ») ]


現在日本美食社では、多数の上場飲食企業数を始め、ミシュラン星獲得店舗様などの多くの飲食店様にご契約・ご導入いただいております。

[画像3: (リンク ») ]


■ 会社概要
<日本美食株式会社>
【社 名】:日本美食株式会社
【所在地】:〒106-0032 東京都港区六本木1-8-9 バルビゾンビル40 3F-A
【U R L】: (リンク »)
【代表者】:代表取締役 董 路
【設立年月】:2015年12月
【事業内容】:訪日観光客向けスマホ決済、海外メディア・プロモーション事業


■本件に関するお問い合せ
日本美食株式会社 広報担当:川田
【住所】 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-9 バルビゾンビル40 3F-A
【連絡先】Mail:info@japanfoodie.jp
     TEL:03-6869-7988

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]