Webセキュリティ最前線、「ボット」による攻撃への対策を基礎から学ぶ、新ホワイトペーパーを発表

CDNetworks 2018年03月22日

From PR TIMES

ボットはWebパフォーマンス低下などの悪影響を及ぼしますが、最近では個人情報搾取やWebサイト改ざんなどのサイバー攻撃でもその割合が増えておりリスクは増しています。Webアクセスの30%にものぼると言われる悪性ボットから自社のWebサイトを守るためにも早急なボット対策が求められます。



[画像: (リンク ») ]


グローバルCDNプロバイダの株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、従来のWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)では防ぎきることが難しいとされる高度化するボット攻撃にどのように対処すれば良いかについてまとめた新たなホワイトペーパー(以下、本資料)を本日発表しました。

企業がさまざまなセキュリティ対策をする一方で、攻撃者の進化のスピードは早く、対策はなかなか追いついていません。そして、このところ増加しているのがボットによる攻撃です。ボットとは自動化したプログラムのことですが、中にはサイバー攻撃をおこなう悪性のボットもあり、その被害が問題になっています。

本資料では、Webサイトを取り巻く状況とともに、ボット攻撃によるリスクや対策をCDNetworksの「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」の機能およびサービス内容をベースに基礎から解説しています。
ご一読の上、貴社のウェブサービスに是非お役立てください。

ホワイトペーパー:
『Webセキュリティ最前線:従来の対策では防げない!「ボット」による攻撃への対策を基礎から学ぶ』
資料はこちら: (リンク »)

目次:
1.Webサイトへのアクセスの約半数はボット
2.ボットによる攻撃の種類
3.ボットによる攻撃に有効な対策とは
4.既存のWebサーバ環境に柔軟に追加可能 など

■クラウド・セキュリティ・ボットマネージャについて
(リンク »)

以上

About CDNetworks
CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)プロバイダとして、グローバルリーチに優れ、豊富なキャパシティをベースに大規模に展開するCDNプラットフォームにおいて日々40,000以上のウェブを高速化しています。また独自開発の高い技術力と柔軟できめ細やかなサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社拠点(PoP)によって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・イギリス、ドイツ、そしてアメリカにオフィスを構えています。詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社シーディーネットワークス・ジャパン
マーケティング担当 増山慈子
TEL: 03-5909-3373 Mail: marketing@cdnetworks.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]