SkycatchとDJI、コマツのスマートコンストラクション事業向けに産業用ドローン1,000台の導入を発表

DJI JAPAN株式会社 2018年03月22日

From PR TIMES

産業用ドローン最大規模の導入により、コマツのスマートコンストラクションに活用

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIとドローンを活用した測量及び測量データのソフトウェアを提供するスタートアップSkycatch(本社:米国、代表:Christian Sanz)は、売上規模世界第二位の建設機械メーカーであるコマツ(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:大橋 徹二)が推進するスマートコンストラクション事業向けに、高精度ドローン「EXPLORE 1」を1,000台導入することを発表しました。本契約は、産業用ドローンの導入としては、これまでで最大規模です。今回導入されるドローンは、Skycatchの仕様を満たすためにDJIが改良しており、これは、DJIがパートナー向けに製造する初めてのカスタムドローンです。



[画像: (リンク ») ]

建設現場の上空を自律飛行しながら、高精度の3Dモデルを作成できる「EXPLORE 1」は、今後コマツの建設現場で活用される予定です。この3Dモデルのデータは、安全で生産性の高い建設現場を実現するコマツの「スマートコンストラクション」の新サービスに使用されます。新サービスでは、日々の施工過程の地形や土壌の変化を簡単にすばやく把握できるようになります。

「「EXPLORE1」を導入することで、これまで何時間もかかっていたドローン測量が簡単に、素早くできるようになり、毎日ドローン測量することが可能になりました。離発着や飛行ルート設定が自動化され、標定点(GCP)は不要となり、3Dデータが直ちに生成され、建設現場全体が毎日3Dで見える化できます。これは建設現場に革命をもたらします。」とコマツのスマートコンストラクション推進本部長 四家千佳史氏は述べています。

Explore1は、カスタム可能な産業向けドローンプラットフォーム「MATRICE 100」を基に製造され、Skycatch の高精度パッケージEdge1 RTK ベースステーションとともに使用することで、最大限の威力を発揮します。このベースステーションは、無線接続の状態や場所に関わらず、ドローンが収集した画像を高精度な3Dモデルにローカルで処理できるソフトウェアと、耐久性を備えた高性能コンピューターを搭載しています。この2つの技術を併せることで、これまで手間と時間のかかっていた現況測量を簡単かつ高速に行うことができ、測量データを日々の進捗管理に利用できるようにします。ドローンで一気に施工現場全体のデータを取得することで、建機のみならず人による施工まで、全ての施工を一括管理することができます。

「DJI製のドローンをカスタム製造する初めての企業として、お客様に素晴らしい価値を提供できると考えています。業界をリードするDJIの製造技術と空撮技術を、Skycatchのデータ処理技術と専門知識に組み合わせることで、最も高性能で包括的なソリューションを世界中のお客様のために実現しました。」とSkycatchのCEO、Christian Sanz氏は述べています。

「Explore 1は、あらゆる産業分野のニーズに応え、高性能で信頼できるドローンプラットフォームを提供するという、DJIのミッションを証明しています。Skycatchとの今回のプロジェクトは、空撮測量向けソフトウェアとハードウェアの最高品質のソリューションを実現し、世界中のお客様と産業用ドローン業界のこれまでの常識を覆します。」とDJIのエンタープライズパートナーシップ担当、Jan Gasparicは述べています。

Explore 1は、3月22日(木)から3月24日(土)まで幕張メッセで開催される「Japan Drone 2018」のDJIブース(C 23)に展示します。DJIブースでは、測量、点検や捜索救助など産業用ドローンを活用したソリューションを紹介します。


DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

www.dji.com/jp | facebook.com/dji.jp | twitter.com/djijapan | youtube.com/DJIJapan | instagram.com/dji_japan | www.linkedin.com/company/
dji(C) 2018 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。