デジタルトランスフォーメーション(DX)のリーダーを表彰『Impress DX Awards』の受賞企業を決定

株式会社インプレスホールディングス 2018年03月22日

From PR TIMES

総合グランプリは組織改革進めるデンソーに

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の先駆的な取り組みや、その実現を支えるIoT、AIといった分野の製品/サービスを表彰する『Impress DX Awards』の受賞企業を決定し、2018年3月20日に授賞式および表彰セレモニーを開催しました。



『Impress DX Awards』のサイトURL: (リンク »)

■総合グランプリはデンソー、総合準グランプリはコマツ/LANDLOGとソラコムが受賞
『Impress DX Awards』は、デジタルテクノロジーを使った新たなビジネスモデルや社会サービスの実現に向けた企業や組織の取り組み、および、それを実現するための製品/サービスを対象に、5つの部門を設けて審査しました。対象は、公募への応募20件強と、インプレスの各種メディアが2017年1月1日?2018年1月末までに掲載したデジタルトランスフォーメーション(DX)関連記事およそ1万5000件。各部門の受賞社のなかから、「総合グランプリ」1件と、「総合準グランプリ」2件を選びました。

2017年度の『Impress DX Awards』の総合グランプリはデンソーが、総合準グランプリは小松製作所/ランドログの両社と、ソラコムが、それぞれ受賞されました。受賞内容と選考理由は以下になります。

総合グランプリ/総合準グランプリ


[画像1: (リンク ») ]

■全5部門では合計21社/団体がグランプリ/準グランプリを受賞
『Impress DX Awards』で設けた5つの部門は、(1)プロジェクト部門(2)アプリケーション/サービス部門(3)IoTプラットフォーム部門(4)ネットワーク部門(5)エッジコンピューティング/デバイス部門です。それぞれでグランプリと準グランプリを選考しました。複数社共同で実施されている取り組みなどもあり、受賞企業数は合計で21に上りました。

各部門のグランプリおよび準グランプリの受賞内容と選考理由は以下になります。

(1)プロジェクト部門
[画像2: (リンク ») ]

(2)アプリケーション&サービス部門
[画像3: (リンク ») ]

(3)IoTプラットフォーム部門
[画像4: (リンク ») ]

(4)ネットワーク部門
[画像5: (リンク ») ]



(5)エッジコンピューティング&デバイス部門
[画像6: (リンク ») ]

■未来につながる取り組みを表彰し、社会課題の解決と産業の活性化を後押し
少子高齢化に伴う労働人口減少や医療費の高騰など、企業や社会が解決しなければならない課題は多様化し複雑になる一方です。これらの課題を解決するために、IoTやAI、クラウドといったデジタルテクノロジーをテコにビジネスや社会サービスの変革を図るのがデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

こうした認識のもと株式会社インプレスは、私たちの未来につながる先駆的な取り組みや、それを可能にする製品/サービスを表彰する『Impress DX Awards』を設置しました。私たちの未来につながるデジタルトランスフォーメーション(DX)における先駆者の知見を広く知らしめ共有することが、さらなるDXへの取り組みを加速できると考えるからです。

次年度以降も従来の枠組みにとらわれないアイデアや取り組み、製品/サービスを表彰することで、より良い未来の創造と、産業のさらなる活性化を後押ししていきます。次回『Impress DX Awards』の詳細につきましては、専用サイトにてお知らせしてまいります。

■「Impress DX Awards」の概要
Awards名:Impress DX Awards
Awards専用サイトURL: (リンク »)

主催:
株式会社インプレス

審査員:
神岡 太郎  一橋大学 教授
越塚 登 東京大学 教授
澤谷 由里子  東京工科大学 教授
藤原 洋 インターネット協会 理事長 兼 IoT推進委員会・委員長(50音順)
インプレスの下記媒体の編集長
DIGITAL X、IT Leaders、Smart Grid ニューズレター、クラウド&データセンター完全ガイド、クラウド Watch、Web担当者Forum、ネットショップ担当者フォーラム、ドローンジャーナル、Think IT、INTERNET Watch、Car Watch、家電 Watch、ケータイ Watch、AV Watch、PC Watch、AKIBA PC Hotline!、トラベルWatch、GAME Watch、VR Watch

後援:
経済産業省、総務省、インターネット協会、組込みシステム技術協会、コンピュータソフトウェア協会、CDO Club Japan、情報サービス産業協会、情報処理推進機構、電子情報技術産業協会、日本コンピュータシステム販売店協会、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム

審査対象:
エントリーサイト( (リンク ») )からの公募およびインプレスの各種メディアが2017年1月1日~2018年1月末までに掲載したデジタルトランスフォーメーション(DX)関連記事

実施スケジュール:
2017年12月21日:公募エントリー開始
2018年1月31日:公募締め切り
2月?3月:部門審査および総合審査
3月20日:結果発表、表彰セレモニー開催
表彰セレモニー会場:東京・港区 「六本木ヒルズクラブ ザ・クラブルーム1」

以上


【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」、「DIGITAL X(デジタルクロス)」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】  (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

株式会社インプレスホールディングス

株式会社インプレスホールディングスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。