「看護師は給料が高い」は本当?ナースの平均年収・給料の実態を分析、”高給イメージ”とのギャップが浮き彫りに

株式会社クイック 2018年03月22日

From PR TIMES

株式会社クイック(本社:大阪市、代表取締役社長:和納勉)が運営する看護師専用コミュニティサイト「看護roo!(カンゴルー)」( (リンク ») )は、一般に「高給」のイメージが強い看護師の年収について最新データ(平成29年賃金構造基本統計調査)を基に分析、実態をまとめました。



■分析結果の概要
看護師は、医療職としての社会的意義の高さに加えて、「年収・給料が高い」「需要が安定していて、就職・転職に強い」「AI(人工知能)時代にもなくならない仕事」というイメージが定着しており、人気の高い職業です。その一方で、現場の看護師からは、「命を預かる責任の重さや、厳しい労働環境に比べて対価が見合っていない」との声が根強くあるのも実情です。

そこで、平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省、2018年2月28日公表)の結果から、「看護師」に焦点を絞って分析。女性労働者の中では、看護師は高い平均年収を得ているものの、男性を含む全体の平均年収をやや下回っており、「看護師=高給」の世間のイメージとはズレがあることが浮き彫りになりました。

▼▼詳細:平均年収478万円!看護師の給料データを大調査【2018年版】( (リンク ») )


■分析結果のポイント
1)看護師の平均年収は478万2700円。全体平均より低いが女性平均は大きく上回る


[画像1: (リンク ») ]


看護師の平均年収(※1)は478万2700円でした。労働者全体の平均年収は491万1500円、女性全体は377万8200円。高給のイメージとは裏腹に、看護師の年収はむしろ全体平均よりやや下回る結果となっています。

ただし、女性の平均年収からは100万円ほど上回っています。9割以上を女性が占めている看護師。「女性の中では高給」という側面が高収入のイメージを形成していることがうかがえました。

※1 平均年収は所得税や社会保険料などを控除する前の額で、超過労働給与(時間外勤務手当、深夜勤務手当等)や通勤手当、家族手当等を含む


2)新社会人世代では、看護師は高収入な職業

[画像2: (リンク ») ]

年齢別に分析すると、いわゆる新社会人世代に相当する「20-24歳」では、労働者全体は314.9万円、女性全体は297.0万円と300万円前後なのに対して、看護師(※2)は389.0万円でした。

女性一般と同様に看護師も、その後の賃金上昇カーブは緩やかに推移するため、35-39歳で労働者全体と逆転します(看護師:480.4万円、労働者全体495.1万円)が、「20代~30代前半の平均年収が相対的に高い」という点も、看護師のイメージに大きく影響しているとみられます。

※2 女性看護師のみ集計


3)看護師の年収の伸びは鈍く

[画像3: (リンク ») ]

2013年から2017年にかけての平均年収の推移を見ると、労働者全体では約22万円、女性全体では約24万円の伸びがあったのに対して、看護師の平均年収はこの5年間で約6万円のアップにとどまっています。

2009年のリーマン・ショック後に続いた不況下では、全体の平均年収が大きく落ち込みましたが、その間、看護師の平均年収はほぼ横ばいを維持してきました。良くも悪くも、「景気の動向に左右されにくい」という特徴が明確に現れています。


4)女性職種別ランキング、看護師は18位

[画像4: (リンク ») ]

女性の平均年収について職種別(※3)に比較すると、看護師は18位でした。

※3 平成29年賃金構造基本統計調査内129職種を比較し、サンプル数が10未満の職種は除外

***
団塊の世代が後期高齢者となる2025年以降、医療ニーズはますます増えていきます。看護師はその大事な担い手ですが、医療の現場では依然として人手不足が叫ばれ、過重労働が慢性化しています。医療費の削減が続く中においても、看護師が条件面でも魅力的な職業であるよう、待遇・労働環境の改善が期待されます。


■私の給料は高い?低い? ナースのリアルな声は…
「看護roo!」では、現場で働く看護師が実際の給料明細を投稿する専用サイト「ナースなワタシのお給料」( (リンク ») )を運営しています。7500枚を超える給料明細のほか、看護師同士のコメントや質問が投稿されています(2018年3月21日現在)。


■データ出典、用語について
・平均年収等データは厚生労働省・賃金構造基本統計調査より引用、算出しました。所得税や社会保険料などを控除する前の額で、超過労働給与(時間外勤務手当、深夜勤務手当等)や通勤手当、家族手当等を含みます。

・平均年収=「きまって支給する現金給与額」×12+「賞与その他特別給与額」。

・生涯年収=「20~24歳の平均年収」×3+「25~64歳の平均年収」×5。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]