ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始

株式会社radiko 2018年03月22日

From PR TIMES

株式会社radiko(代表取締役社長:青木 貴博、所在地:東京都中央区)は、4月12日(木)正午を目途に、全国47都道県を対象としてIPサイマルラジオ:ラジコでのNHKラジオの実験配信を開始します。現在の国内5エリア(関東広域・福岡県域・宮城県域・広島県域・愛媛県域)での実験配信は2018年3月30日(金)をもって終了。4月12日(木)からは2018年度の実験配信を開始し、聴取エリアを全国に拡大します。配信終了は、2019年3月末の予定です。



[画像1: (リンク ») ]

ラジコでのNHKラジオの実験配信は、日本民間放送連盟とNHKによる共同キャンペーンの一環として2017年10月2日より2017年度実験配信を開始。地震、台風等の災害時における有効な情報伝達メディア・ラジオの聴取インフラ実験をベースとしたラジオの社会的価値の訴求を、また若者に対してはラジオの魅力の訴求を目的としています。2018年度の実験配信は、現在実施中の2017年度実験配信において、配信の継続や聴取エリアの拡大を望まれる多くのユーザーの好意的なご意見も反映させてのことです。

NHKラジオの配信は、無料で聴取できるライブ(同時配信)のみとなります。コンテンツはNHK第1(全国を8エリアに分けた8コンテンツ)、NHK第2(全国共通1コンテンツ)、NHK-FM(東京1コンテンツ)です。なお、ラジコの『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』(有料/放送エリア外聴取)、『タイムフリー聴取』(無料)での聴取はできません。

現在、ラジコには民放ラジオ91局と放送大学が参加し、月間ユニークユーザー数約1,000万人、日間ユニークユーザー数は約120万人を超えています。また、2014年4月に開始した『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』(有料/放送エリア外聴取)の登録会員数は約47万人(2018年3月現在)、さらに2016年10月に開始しました『タイムフリー聴取』(無料)の実証実験は、月間ユニークユーザー数は約270万人(2018年3月現在)となっています。

ラジコは、言葉、音楽、スポーツの感動を通して、人の心を動かし、想像力をかき立てるラジオの存在意義をより高めるために、聴取環境を整え、ネットとの連携によって、新しいラジオの楽しみ方を提案することで、ラジコユーザー(=ラジオリスナー)を拡大し、ラジオの媒体価値向上を目指しています。音楽と人、エンターテインメントと人、テクノロジーと人、 広告と人、地域社会と人、こうした関係すべてを繋ぐオーディオ・プラットフォームをつくる、 それがラジコの未来像です。


【2018年度 ラジコでのNHKラジオ実験配信概要】
実施期間(予定): 2018年4月12 日(木)~2019年3月末まで
実施地区:  全国47都道府県
実施コンテンツ: 1.NHKラジオ第1(8エリア8コンテンツ)
2.NHKラジオ第2(全国共通1コンテンツ)
3.NHK-FM(全国共通-東京1コンテンツ)
[画像2: (リンク ») ]



・ライブ(同時配信)のみとなります。
・『エリアフリー聴取(ラジコプレミアム)』(有料/放送エリア外聴取)、『タイムフリー聴取』(無料)での聴取はできません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社radikoの関連情報

株式会社radiko

株式会社radikoの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。