アパレルをウェザリング!? 奄美大島の伝統染色「泥染め」とアパレル加工企業のコラボレーション「WEATHERING WEAR -ウェザリングウェア-」がクラウドファンディングスタート!

株式会社ファヴールマルシェ 2018年03月23日

From PR TIMES

makuake.comにてクラウドファンディング開始!

ニッチな市場をターゲットにECビジネスを展開する株式会社ファヴールマルシェ(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口恵市)は、本年より「ブランド創出事業」を立ち上げ、その中で若手社員が企画した商品「WEATHERING WEAR -ウェザリングウェア-」のクラウドファンディングをスタートする。兼ねてより社内にて企画を募っており、その条件は1.1万人に1人が購入してくれるニッチな企画 2.社会貢献を兼ねている企画の2点。その中で本商品はディストピアな世界観をイメージしたアパレルとして企画された。その際に大河ドラマ「西郷どん」でも注目を集める日本三大紬「大島紬」の染色部門として1300年の歴史を持つ奄美大島の「泥染め」に着目。職人数の減少傾向にある伝統染色の活性化にも繋げる企画となっている。また染色後のウェザリング加工は一流アパレルブランドの加工実績を持つ企業が担当する。2つの行程により生まれた本商品は、サバイバルゲームやハロウィンにおいて「こなれ感」や「没入度」を高める1着となっている。
( (リンク ») )



[画像1: (リンク ») ]




定価15,000円(税込)  makuake.com限定の割引制度あり(最大25%OFF)


奄美大島の(有)金井工芸さんにて泥染め染色後に、愛知県にある(株)アルテック・ラボさんによりダメージ加工や本製品用に生成した鉄粉や錆びなどをコーティングしてもらいウェザリングしています。

金井工芸さんのプロモーション映像
(リンク »)


キービジュアルのモデルにはミリタリーアイドルとして有名な「乙夜」さんを起用させていただきました。
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


【WEATHERING WEAR】はディストピア(ユートピアの対義語)な世界観を意識してデザインされており、サバイバルゲームやハロウィンイベントなどでも「こなれ感」や「衰退感」を演出しフォトジェニックな写真が撮影できます。また泥染や鉄粉などのコーティングは、多くのスマートフォンにも搭載されているカメラのフィルタ機能で様々な色合いや濃淡を作り出せる特徴があります。本商品のウェザリング加工のデザイン案は現在も企画中で、クラウドファンディング中に支援者の意見も反映していく予定となっています。
[画像4: (リンク ») ]


【WEATHERING WEAR】
makuake.comにて2018年3月23日(金)17:00クラウドファンディング開始予定!


makuake.comでの販売ページ 
(リンク »)

公式HP
(リンク »)

instagram
(リンク »)

twitter
(リンク »)

facebook
(リンク »)

お問い合わせ先
株式会社ファヴールマルシェ
電話:03-6274-8313
メールアドレス:kodera@faveur-marche.com




プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]