パイオニア創業80周年を記念し、ハイエンドオーディオブランドTADのコンパクトなブックシェルフ型スピーカー“Micro Evolution One”80周年記念モデルを期間限定発売

パイオニア株式会社 2018年03月26日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

【企画意図】
 パイオニアは、今年1月1日に創業80周年を迎えました。当社は、スピーカーを祖業として1938年に創業し、常に音にこだわった製品を生み出してきました。創業の精神を表した「より多くの人と、感動を」という企業理念のもと、社名が意味する「開拓者精神」を揺らぐことのない信条として継承しながら、数々の世界初の製品やサービスをグローバルに展開しています。(創業80 周年記念ページ: (リンク ») )
 このたび、創業80周年を記念して、ハイエンドオーディオブランドとして揺るぎない地位を築いている、当社の100%子会社 株式会社テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズが展開する小型ブックシェルフ型スピーカーシステム“Micro Evolution One”の80周年記念モデルを国内外で期間限定発売します。

■ TAD “Micro Evolution One”80周年記念モデル

[表: (リンク ») ]


※セット構成:スピーカーシステム「TAD-ME1-80」 (ブラック、1本)×2、スピーカースタンド「TAD-ST3-80」(ブラック、2台1梱包)×1

 本機は、ハイエンドオーディオブランドTADの小型ブックシェルフ型スピーカーシステム“Micro Evolution One”の「TAD-ME1」をベースとしており、「9cmCST※1ドライバー」や「Bi-Directional ADS※2ポート」を採用することで、正確な音像定位と優れた音場表現、自然で豊かな低音域再生を実現しています。これまでの歴史とこれから先を照らす輝きを表現する、精緻さと知性を兼ね備えた80周年記念モデルのイメージカラー「ROSE GOLD」をTADのブランドプレートやスピーカートリムリングに配色しているほか、スピーカー背面の銘板には「80th Anniversary Model」の文字を印しています。また、エンクロージャーのピアノブラック塗装は、熟練の職人が1台ずつ時間をかけて丁寧に仕上げています。

TADについて:  (リンク »)

※1 CST : Coherent Source Transducer
※2 ADS : Aero-Dynamic Slot

【主な特長】
1) 80周年記念モデル限定のイメージカラー「ROSE GOLD」を採用した品格あるデザイン
 80周年記念モデル限定のイメージカラーである「ROSE GOLD」をTADのブランドプレートやスピーカートリムリングに配色しているほか、スピーカー背面の銘板に「80th Anniversary Model」の文字を印し、品格あるデザインを実現しています。また、音の屈折を最低限に抑えた極小バッフルを採用するとともに、エンクロージャーには品位あるピアノブラック塗装を施し、塗装の吹き付け作業、下地塗装の研磨、最終の磨き上げの工程を熟練の職人が丁寧に時間をかけて仕上げています。80周年記念モデル専用スピーカースタンドも、エンクロージャーと合せたピアノブラック塗装仕上げとなっています。
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]

2) 定位に優れ、自然な拡がりを再現する「9cmCSTドライバー」を搭載
 自然な音を再現するためにTADが生み出した独自の小型「9cmSTドライバー」を採用し、点音源思想を追求。ミッドレンジとトゥイーターを同軸配置し指向特性を一致させ、音の乱れを排除するとともに、トゥイーター振動板には軽量・高剛性のベリリウムを精巧に設計、加工しています。これらにより、420Hzから60kHzの広帯域にわたり、安定性に優れた音像定位と自然な音場空間をもたらします。


[画像4: (リンク ») ]

3)リニアリティーの向上と駆動力の最適化を図ったMACC※3振動板搭載16cmウーファーを採用
 ウーファー用の振動板としての理想的な振動特性を得るために強度と内部損失を高めたMACC振動板と、卓越した駆動リニアリティーを実現する磁気回路を搭載した16cmウーファーを採用。アラミド織布と異素材の不織布を個別に成形して後工程で貼り合わせたMACC振動板により、豊かでリニアリティーに優れた低音を再生するとともに、カラーレーションのない素直な中低域再生を実現します。
※3 MACC : Multi-layered Aramid Composite Cone
[画像5: (リンク ») ]

4) 低域を自然かつ豊かに再生する「Bi-Directional ADSポート」を採用
 エンクロージャーの両サイドパネルにスリット状のポートを配置し、前後へ開口部をレイアウトするとともに、開口部への導入部をホーン形状にすることで、滑らかに効率よくポートを駆動させる「Bi-Directional ADSポート」を搭載。ポートを前後・左右に対称レイアウトとすることで、ポートからの不要音やエンクロージャー内の内部定在波の影響を排除し、豊かで力強い低域再生を実現しています。
[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

パイオニア株式会社

パイオニア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。