スマホ専用アプリ『Wallet+』 沖縄銀行口座利用者向けサービス開始のお知らせ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ 2018年03月26日

From PR TIMES

~オープンAPIを活用したFinTechサービスの連携~

 株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(代表取締役社長 柴戸 隆成、以下:FFG)傘下のiBankマーケティング株式会社(代表取締役社長 永吉 健一、以下:iBank社)と株式会社沖縄銀行(取締役頭取 玉城 義昭、以下:沖縄銀行)は、iBank社が運営するスマートフォン専用アプリ『Wallet+(ウォレットプラス)』の沖縄銀行口座利用者向けサービスを開始しましたのでお知らせします。




  『Wallet+』は、一昨年7月に福岡銀行、昨年10月に熊本銀行および親和銀行の口座利用者向けにサービスを開始してまいりました。 アプリに提携金融機関の口座を登録いただくことで、口座残高や収支の明細が手軽に確認でき、 アプリ内で目的預金やローン、資産運用ができる金融機能をはじめ、お金にまつわる情報コンテンツの配信やパートナー企業から提供されるお得なクーポンの提供といった金融と非金融、日常と非日常をシームレスに繋ぐ新しいマネーサービスとして多くのお客さまにご好評を頂いております。
 今般の沖縄銀行への『Wallet+』展開にあたっては、お金のデザイン社『THEO(テオ)』との連携を含めた、最新バージョンの機能を沖縄銀行向けにカスタマイズし、沖縄銀行の口座保有者の皆さまにこれまでにない新しい金融サービスの利用体験をご提供してまいります。また、両社は、iBank社の様々なマーケティングソリューションを活用して、沖縄地区を中心としたパートナー企業への送客機能等を提供することで、地域経済の活性化に資するローカルエコシステムの構築を協同で目指してまいります。
 なお、本取組みでは、沖縄銀行が構築したオープンAPIを活用し、スピーディーかつ低コストでのサービス実装を実現いたしました。沖縄銀行のオープンAPIを活用した金融サービス提供の第1号案件であるとともに、iBank社にとってもFFGグループ外の金融機関へのサービス提供は初めてとなります。
 今後も、両社は継続してサービスの共同開発を進め、お客さまに新しい体験、価値を提供してまいります。


『Wallet+』 サービス概要

(1)サービスご利用イメージ
アプリをダウンロード後、利用銀行を選択することで、各銀行の金融系機能がご利用頂けます。
[画像1: (リンク ») ]



(2)沖縄銀行の口座保有者向けサービス概要
最新バージョンの機能を沖縄銀行向けにカスタマイズし、沖縄銀行の口座保有者の皆さまにこれまでにない新しい金融サービスの利用体験をご提供してまいります。
[画像2: (リンク ») ]



【iBank 社の概要】
会社名    iBankマーケティング 株式会社
本社所在地 福岡市中央区西中洲6番27号(親和銀行 福岡ビル7・8階)
代表者    永吉 健一
設立日    平成28年4月1日
資本金    1,140百万円(資本準備金含む)
事業内容  情報処理および情報通信サービス業、銀行代理業、マーケティング業 ほか
         スマートフォン専用アプリ『Wallet+』の開発・運用
Webサイト   (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ふくおかフィナンシャルグループの関連情報

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]