【新機能】社内コンペ・寄書きをクラウド上で簡単に運用できる新機能をリリース

Sharin株式会社 2018年03月27日

From PR TIMES

定期アンケートに加え、社内投票・意見の収集をクラウド上で簡単に行える新機能をリリースします!

Sharin株式会社(東京都品川区、代表取締役 中川悠)は、2018年4月16日(月)より、コミュニケーション型人事クラウド『Sharin(シャリン)』において、社員の意識調査のための定期アンケートや、社員の声を事業に反映させる社内投票などをクラウド上で簡単に運用できる「投票アンケートツール」を新たにリリースすることをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]

■新機能「投票アンケートツール」をリリースする背景

Sharinは、チーム活性化・人事業務効率化をコンセプトにしたコミュニケーション型人事クラウドサービスを提供してきました。

組織の活性化を促すために、感謝の気持ちを贈り合う「バッジツール」や、定期面談・1on1ミーティングなどの社内面談を共有する「面談ツール」など5つのツールをリリースしています。

組織を活性化し、強い会社を作るためには、社員が活き活きと働ける職場環境作りや、人事施策がとても大切になります。

職場環境の改善に取り組むためには、実際に働く社員の意見や課題を定期的に収集しながら、人事施策の計画・実行・評価・改善といういわゆるPDCAサイクルを回していくことが大切になります。

また、新たな事業プランや、アイデアなど現場の社員が意見を発信しやすい環境を作ることで、活発な意見交換による社内コミュニケーションの活性化や、社員のモチベーションの向上が期待できます。

今回「アンケートツール」を大幅にリニューアルし、単純なアンケートだけでなく、定期的なアンケートの収集や分析、社内投票、寄書きスタイルでの意見収集まで、状況や目的に合わせて、現場の声や社員の気持ちを簡単に収集できるツールをリリースするに至りました。

[画像2: (リンク ») ]


■「投票アンケートツール」の特徴

投票アンケートツールは大きく以下3つのタイプを状況や目的に合わせて利用することができます。

1.定期アンケート

単純な1回限りのアンケート収集はもちろんのこと、定期的なサイクルでアンケートを行い、その回答結果の変化や推移をグラフを用いて見える化することができます。社員の満足度やモチベーションを定期的に確認することで、社員のフォローアップや、退職の未然の防止、経営理念やクレドといった会社のカルチャーの浸透率の把握等、様々な会社内の状況を把握することができます。


2.社内投票

ビジネスプランや業務改善案など社内の現場から様々な意見やアイデアを集め、その集めた候補に対して、社員による投票ができます。投票回数を決めたり、点数を入力するタイプの投票など、利用シーンに合わせた投票を簡単に実施することができます。


3.寄書き

プロジェクトが無事に終わったタイミングや、メンバーの誕生日、経営陣からメンバーへのサプライズなど特定のタイミングに寄書きボードにコメントを集めて共有することができます。社内コミュニケーションの活性化や、現場の意見を全員で共有する場合などで利用できます。


■利用料金
1ユーザー月額300円から。
※本機能は既存のアンケートツールの拡張となるため、現在既にアンケートツールをご利用中のお客様は無料で今回の機能を利用することができます。

■Sharinとは
チーム活性化・人事業務効率化をコンセプトにしたコミュニケーション型人事クラウドサービスです。

『Sharin(シャリン)』: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]