日本エイサー Chromebook(TM) 初のNTTドコモLTE回線環境で高速通信を可能にした Acer Chromebook 11「C732L-H14M」4月26日(木)より発売開始

日本エイサー株式会社 2018年03月27日

From PR TIMES



日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、法人・文教市場に向け、LTE通信モジュールを内蔵した11.6型 Acer Chromebook 11「C732L-H14M」を4月26日(木)に発売いたします。

Acer Chromebook 11「C732L-H14M」は、NTTドコモの相互接続試験(IOT)を完了したLTE通信モジュールを内蔵する Chromebook™ 初のモデルです。NTTドコモが提供するLTE接続サービスによる高速でセキュアな通信環境、広い通信エリアが実現します。現在主流となっている高額な初期投資を必要とする無線LAN環境への依存度を軽減することで、校外学習など場所を問わない自由な学習スタイルを実現するほか、教職員の校務負担の軽減、柔軟な働き方改革の推進にも大きな役割を果たします。
2020年度からの小学校でのプログラミング教育の必修化に向けて、ICT環境構築の新たな選択肢を日本エイサーは提供します。
[画像1: (リンク ») ]


●LTE通信モジュール内蔵で高速でセキュアな本格モバイルを実現
移動中、外出先で手軽にインターネット接続が可能です。
※SIMカードは同梱していません。別途、NTTドコモの通信網を利用した通信事業者との契約が必要です。
[画像2: (リンク ») ]


●122cmの高さから落としても安心なミルスペック(MIL規格)のタフボディ
米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」の高温・低温耐久、防滴、防湿、耐振動、耐衝撃、防塵の項目をクリア。強化ハニカム構造とキーボード周りのラバーバンパーと合わせて、高い剛性、堅牢性を確保しました。※122cm以内の高さであっても、すべての衝撃に対する耐久性を保証するものではありません。
[画像3: (リンク ») ]


●最大330mlの水をこぼしても内部の精密部品が壊れない排水機構を備えた防滴キーボードを装備
キーの隙間から侵入した水は、ボディ底面の2つの排水孔から排出されます。
※本構造はPC内部への防水を保証するものではありません。
[画像4: (リンク ») ]

※写真は英語キーボードモデル

●持ち運びしやすいコンパクト&フラットボディ
突起物を無くし、耐衝撃性を高めるラウンドフォルムのコンパクトボディはカバンからの出し入れがスムーズなサイズ:302(幅)×209(奥行)×21.3mm(薄さ)。
[画像5: (リンク ») ]


●1回の充電で丸1日の授業でも安心して使える最長12時間駆動バッテリー
1回の充電で最長12時間たっぷり使えるACアダプター要らずのバッテリーライフ。充電はUSB Type-C経由で行います(C732L-H14Mの左右どちらのUSB Type-Cポートでも充電可能)。
[画像6: (リンク ») ]


●インテル(R) Celeron(R) プロセッサー搭載

●キーキャップ剥離を防ぐ安心設計
キーと筐体の隙間を最小限に抑え、故障の原因や授業の妨げになるキーキャップ剥がれを防ぎます。
[画像7: (リンク ») ]



●動作音を無くしたファンレス設計
冷却用ファンを搭載していません。耳障りな動作音が無いため、公共の場をはじめ、教室や図書室など静かな環境でも安心して使えます。

●広視野角対応HDR HDウェブカメラ内蔵

●画面を最大180°開けるフラットスタイルは画面共有に最適
[画像8: (リンク ») ]


Chromebook™ について
日本エイサーは2014年にChromebookを日本に正式投入し、その設計思想と有用性に多くの企業と教育機関が関心を寄せました。現在、学校・企業への導入が進んでいます。Chromebook は起動の度に最新のOSとセキュアな環境が保たれるほか、データはすべて Google のクラウドストレージサービスである Google ドライブ™ にセキュアな状態で保持されます。これにより初期導入コストに加え、アップデートやセキュリティ維持のコスト負担が少なく、管理・運用も容易です。

リリースページ: (リンク »)
製品ページ: (リンク »)
製品ページ: (リンク »)

Acerについて
1976年の創業以来、Acer はハードウェア+ソフトウェア+サービスカンパニーとして、人々の生活を豊かにする革新的な製品の研究、デザイン、マーケティングおよび販売とサポートを行っています。パソコン、ディスプレイ、プロジェクター、サーバー(国内未発表)、タブレット、スマートフォン、ウェアラブル(国内未発表)に至る幅広いレンジの製品を提供するとともに、IoT (Internet of Things) に向けたクラウドソリューションの開発も推進しています。Acerは世界トップ5のPCカンパニーとして、2016年、創業40周年を迎えました。現在、全世界で7,000人の従業員を数え、160以上の国と地域で展開しています。
詳細はwww.acer.com (英語版)をご覧ください。

日本エイサー株式会社について
社名 :日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
URL :www.acer.co.jp
公式facebook:www.facebook.com/AcerJapan
公式Twitter :twitter.com/AcerJapan
公式Instagram:www.instagram.com/acer_japan/
公式YouTube:www.youtube.com/user/AcerJapanChannel

(C) 2018 Acer Inc. All rights reserved. AcerとAcerロゴはAcer Inc.の登録商標です。その他商標、登録商標、サービスマーク等の著作物の著作権は、帰属表明の有無に関わらず、それぞれの権利者に帰属します。発表内容は予告なしに変更または削除されることがありますのであらかじめご了承ください。
(C) 2018 Acer Inc. All rights reserved. Acer and the Acer logo are registered trademarks of Acer Inc. Other trademarks, registered trademarks, and/or service marks, indicated or otherwise, are the property of their respective owners. All offers subject to change without notice or obligation and may not be available through all sales channels.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]