ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HPが実施している「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」が活動開始から10周年

キヤノンMJ 2018年03月27日

From PR TIMES

ブラザー工業株式会社/ブラザー販売株式会社(以下ブラザー)
キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノン)
デル株式会社(以下デル)
セイコーエプソン株式会社/エプソン販売株式会社(以下エプソン)
株式会社 日本HP(以下日本HP)



[画像1: (リンク ») ]


プリンターメーカー5社(ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HP)による家庭用プリンターの使用済みインクカートリッジの共同回収活動「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」が、2018年4月で活動開始から10周年を迎えます。

5社は、使用済みインクカートリッジの再資源化はインクジェットプリンターを販売する企業の社会的責任ととらえ、2008年に共同でこのプロジェクトを立ち上げ、現在まで継続してきました。当初、全国の主要な郵便局でスタートした回収活動は、その後、250以上の自治体の賛同を得ることができ、郵便局と合わせた現在の回収拠点数は全国で6,000カ所を超えています。
この10年間で回収した使用済みインクカートリッジは累計2,400万個以上に及びます(3月末時点)。
今後もプリンターメーカー5社は、このプロジェクトを継続することで循環型社会の形成に貢献していきます。

インクカートリッジ里帰りプロジェクトでは、ホームページ上に10周年記念特設サイトを設け、カートリッジ回収実績や10年間の歩みを紹介しています。

□インクカートリッジ里帰りプロジェクト10周年記念特設サイト
  (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]