東宝と日本マイクロソフトが連携し、『日比谷シャンテ』と『ゴジラ』をAIとMRで変革

東宝株式会社 2018年03月27日

From PR TIMES

AI と Mixed Reality(複合現実)を活用したショーケース「HIBIYA 2018」 を2018年5月下旬より展開

東宝株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島谷 能成、以下 東宝)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は連携し、3月23日(金)にリニューアルオープンした「日比谷シャンテ」において、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAI(人工知能)サービスと、Mixed Reality(複合現実/MR)を実現する「Microsoft HoloLens」(注1)を活用した、新しい「ゴジラ」の体験と近未来の消費体験を創造するプロジェクト「HIBIYA 2018」を本日開始し、2018年5月下旬より、そのショーケースを一般公開します。



新しく生まれ変わる日比谷の街にゴジラが上陸!日本初、Microsoft HoloLens を使った屋外アトラクション、『Godzilla Nights』(ゴジラ ナイツ)を開催
Mixed Realityの技術により、まるで目の前にゴジラがいるかのような体験ができる、Microsoft HoloLensを活用した日本初の屋外アトラクションイベント「Godzilla Nights」を、5月下旬に1週間、日比谷シャンテ前の広場「日比谷ゴジラスクエア」で開催します。参加者が Microsoft HoloLens を装着すると、118.5mの圧倒的な存在感で迫りくるゴジラ(『シン・ゴジラ』)が出現。巨大不明生物特設災害対策本部(通称:巨災対)がミサイルによる日比谷防衛作戦を立案。まるでその場にいるかのような臨場感で体験できます。体験中のミサイル発射を制御する音声認識と、防衛戦確認の際の自然言語処理などに、Microsoft AzureのAIサービスも活用します。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


※画像をご使用の際は下記の著作権表示をお願いいたします 
(C) TOHO CO., LTD.
※画像はイメージです
                
『Godzilla Nights』概要
開催時期・期間:5月下旬に1週間開催予定
場所:日比谷ゴジラスクエア
時間:18:30~21:00 1日限定25名様、計175名様をご招待
<参加方法>
後日発表いたします。

■「近未来の消費体験」を展開
両社が連携して、以下のとおり5月下旬より顧客体験の向上に寄与する近未来の消費体験を日比谷シャンテで実施します。
お客様に最適な映画をAIがご提案:
日比谷シャンテの地下2階 休憩スペースにデジタルサイネージを設置し、休憩スペースに滞在されているお客様の年齢、性別や表情を、マイクロソフトのAIプラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」(注2)の AI が分析し、お客様に最適な映画の予告編を自動編成して放映いたします。(注3)

お客様の顔から性別・年齢を分析して、
「その場にいるお客様にあわせた」映画の予告編ムービーを作成します。

[画像3: (リンク ») ]

※上記サイネージの画像はイメージです。デザインや放映するムービーが実際とは異なる場合がございます。

飲食店の空き状況を表示、注文・会計も0分で:
日比谷シャンテ内のすべての店舗(予定)にセンサーを設置し、Microsoft Azureで構成されたリアルタイム空席管理データベースを通じて、館内に設置するデジタルサイネージに、各店の現在の混雑状況を表示します。また、日本マイクロソフトのパートナー企業(注3)が提供するアプリと組み合わせることで、一部の店舗では、注文および支払いの待ちの無い飲食体験も提供します。お客様は、映画・演劇の鑑賞前の短い時間でも、快適に食事をとることができます。
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


東宝では、日本マイクロソフトと連携することで AI や MR 等の最新技術を活用した新しい顧客体験の実現を目指します。日本マイクロソフトは、東宝のITパートナーとして、東宝の取り組みを支援していきます。

「HIBIYA 2018」で利用するテクノロジの詳細は、以下のブログをご参照ください。
(リンク »)

(注1)Microsoft HoloLens:Windows 10を搭載し、携帯電話やPCなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約の無い初めての自己完結型ホログラフィックコンピューターです。Microsoft HoloLensを通して、目の前に見えている現実世界の中にホログラムを配置して、現実世界とデジタルが融合した世界を様々な角度から見たり、デジタルコンテンツを操作したりすることが可能となる新しい世界(Mixed Reality/複合現実)を実現します。詳細は下記Webサイトを参照ください。
(リンク »)

(注2)Microsoft Cognitive Services:視覚、音声、言語、知識、検索など人間の認知機能の一部をコンピューター演算化モデル化した、API経由で利用可能な約30のサービス。詳細は下記Webサイトを参照ください。
  (リンク »)

(注 3)本プロジェクトで活用する日本マイクロソフトのパートナー企業のテクノロジ:
・お客様に最適な映画をご提案するサービスでは、画像認識/分析の技術を活用した株式会社アロバの「アロバビューコーロ」を活用します。
・各飲食店舗の混雑状況を取得し、デジタルサイネージおよびウェブブラウザ―に表示するサービスは、株式会社バカンと連携して構築します。
・注文と会計を0分のサービスは、地下2階の一部の店舗にて体験できる予定です。また、本サービスは、ボクシーズ株式会社が開発した「Putmenu」を活用します。
・お客様の年齢、性別、表情などから最適な映画の予告編を自動生成し、デジタルサイネージに表示する仕組みの構築、および「Godzilla Nights」の企画・運営は、株式会社 モメンタム ジャパンが支援しています。

*Microsoft、Azure、HoloLens、Windowsは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です
*Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東宝株式会社の関連情報

東宝株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]