セコムトラストシステムズの「リアルタイム災害情報サービス」にTwitterから火災情報を高精度に抽出する人工知能(AI)の導入支援、運用支援を開始

りらいあコミュニケーションズ株式会社 2018年03月27日

From PR TIMES

りらいあコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 中込純、以下りらいあコミュニケーションズ)は、Twitter投稿される災害情報を迅速かつ高精度に収集・分析することを目的として株式会社レトリバ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原一哉、以下 レトリバ)のAIを活用した、AI導入・運用支援サービスをセコムグループでBPO・ICT事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)へ提供し、2018年4月1日から運用を開始いたします。

セコムトラストシステムズでは、セコムグループが持つ独自の情報、さらにはSNSや公的機関による情報を集約し、確度の高い有効な情報をタイムリーに配信する「リアルタイム災害情報サービス」を提供しています。このサービスではTwitterから情報を抽出し、国内で発生する火災情報を配信しています。

Twitterの膨大なデータを独自のアルゴリズムを用いて火災と思しき情報を抽出、オペレーターがさらに調査をおこない、実際に火災が発生していることを確認したうえで情報を配信しています。今般、火災情報を高精度に抽出するAIを開発し、このプロセスに組み込むことで、情報抽出の精度向上と効率化を実現いたしました。

AIの開発については、自然言語処理や機械学習分野の高い技術力を持つレトリバとともに、2017年7月より開始し、将来的にもAIの精度を向上させるプロセスまで確立させ、実運用を開始することとしました。

りらいあコミュニケーションズは、コンタクトセンター事業で培ったカスタマーボイスの分析をソーシャル領域にも広げ企業の成長に貢献します。今後も高品質で効率の良い顧客応対を実現したい企業向けに、オムニチャネルオペレーションの提供による顧客体験の向上、ならびにAI や音声認識ソリューションなどの最先端の技術を活用した、お客様企業の業務プロセスを最適化するサービスを提供してまいります。

以上

【セコムトラストシステムズ株式会社について】
セコムトラストシステムズは、セコムグループのシステム、運用で培った「安全・安心」を24時間365日提供する技術力やサービス力を活かし、情報セキュリティサービスと大規模災害対策サービスを核に据えたトータルな情報ネットワークサービス事業を展開しています。
所 在 地 :東京都渋谷区神宮前一丁目5番1号 セコム本社ビル4F
代 表 者 :代表取締役社長 林 慶司
事業内容:大規模災害対策サービス事業、情報セキュリティサービス事業、ビジネスシステム構築・運用事業
コーポレートサイト: (リンク »)

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「お客様の課題を最先端の技術で解決する」をミッションとし、数多くのソフトウェアを提供しております。自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとしてコールセンターの問い合わせ分析、回答支援などを行うソリューションを提供しております。
所 在 地:東京都千代田区富士見 1-12-1 Q-DAN 1991ビル 4階
代 表 者:代表取締役 河原 一哉
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
コーポレートサイト: (リンク »)

【りらいあコミュニケーションズ株式会社について】
1987年設立の大手BPO(Business Process Outsourcing)サービス会社です。全国30ヶ所以上にオペレーションセンターを配置し、グループ全体で3万人を超えるスタッフがコンタクトセンター、バックオフィス、対面営業支援などの顧客接点周辺のBPOサービスに従事し、国内主要企業向けにサービスを提供しています。東証1部上場(証券コード:4708)。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]