VFXのAR体験が出来るARプラットフォームアプリ「AR LIVE STATION」。第一弾アーティストとしてrovelab(midicronica716 × masaru iwabuchi)を起用。

株式会社 キャドセンター 2018年03月28日

From PR TIMES

株式会社キャドセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:清水 宏一 以降キャドセンター)は、株式会社マイクログローブ(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊川 一成 以降マイクログローブ)と共同開発したARプラットフォームアプリ「AR LIVE STATION」をiOS/Androidにて3月27日よりリリースしたことをお知らせいたします。



「AR LIVE STATION」は、3DCGや透過動画を使ったデジタルライブを楽しむことができる未来型エンターテイメント。第一弾のアーティストとして、rovelab(midicronica716 × masaru iwabuchi)をフィーチャーしています。
[画像1: (リンク ») ]


「AR LIVE STATION」は一般的なARアプリと違い、3DCGだけでなく、VFXを絡めた透過実写動画の表示が可能で、目の前にアーティストがいる様な感覚でLIVEを楽しむ事が出来ます。

[画像2: (リンク ») ]



【主な機能】
1)ARコンテンツ
iPhoneのカメラを利用して、AR(拡張現実)コンテンツを体験することができます。

2)ARカメラ
AR(拡張現実)コンテンツを撮影するカメラ機能。

3)ARマーカー
ARマーカーはキャドセンター及びタイアップ先で入手可能です。
お持ちでない方は、PDFをダウンロードしマーカーを印刷してご体験ください。

4)シェア
撮影した写真をFacebook、Twitter、LINEの連携アプリに渡して共有することができます。


【参加アーティスト】
・midicronica 716
Nujabes音楽監修のTVアニメ「サムライチャンプルー」最終話のエンディングテーマに楽曲「San Francisco」が抜擢され、突如出現した覆面HIPHOPユニットmidicronicaのメンバー。イラストレーターであるsteroidが描くキャラクターをオルターエゴに据え、現実と非現実の隙間で活動中。

・masaru iwabuchi as 666
佐々木希やCharisma.com(カリスマドットコム)等著名アーティスト達への楽曲提供をはじめ、数々のCM楽曲制作などを手掛けるトラックメーカー。気が向いたときにmidicronicaの楽曲制作を手伝っており、ゆるりと活動中。

CG&VFX:株式会社キャドセンター( (リンク ») )
CG:株式会社クラウドゲート( (リンク ») )
Coreograph:20sugar.
Recording:Nasoundra Palace Studio


【アプリ概要】
アプリ名: AR LIVE STATION
価格: 無料
iOS: (リンク »)
Android: (リンク »)

▼問い合わせ先
株式会社キャドセンター
プロデュースグループ 担当:水島
TEL:03-3222-7841
MAIL:welcome@cadcenter.co.jp


■株式会社キャドセンターについて
設立:1987年10月2日
所在地:東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル 14F
代表取締役社長:清水 宏一
WEBサイト: (リンク »)

事業内容:3DCG技術をベースにした映像、静止画、インタラクティブコンテンツ、VRコンテンツ、シミュレータの制作・開発によるビジュアライゼーション環境の構築・提供。上記にともなうモニタ、PC、各種センサー等のハードウエアの選定、設置、販売および保守運用。


■株式会社マイクログローブについて
設立:2005年12月20日
所在地:東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル 14F
代表取締役:伊川 一成
WEBサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。