NVIDIA、世界をリードするディープラーニング コンピューティング プラットフォームを強化 6 か月でパフォーマンスを 10 倍に

NVIDIA 2018年03月28日

From PR TIMES

メモリが 2 倍になった最新 Tesla V100 32GB GPU、
革新的な NVSwitch ファブリック、包括的なソフトウェア スタックでパフォーマンスの向上を実現
DGX-2 が初の 2 ペタフロップ ディープラーニング システムに




[画像: (リンク ») ]


カリフォルニア州サンノゼ — GPU テクノロジ カンファレンス — (2018 年 3 月 27 日) — NVIDIA は本日、世界をリードする同社のディープラーニング コンピューティング プラットフォームに対する一連の重要な機能強化を発表しました。これにより、ディープラーニング ワークロードにおいて、6 か月前の前世代に比べ 10 倍のパフォーマンスを実現します。

すべての主要クラウド サービス プロバイダーとサーバー メーカーに採用されている NVIDIA プラットフォームへの主な機能強化には、もっともパワフルなデータセンター GPU である NVIDIA(R) Tesla(R) V100 のメモリが 2 倍になったほか、革新的な最新 GPU インターコネクト ファブリックである NVIDIA NVSwitch™ が含まれます。NVSwitch によって、最大 16 基の Tesla V100 GPU を使って 1 秒間に 2.4 テラバイトという記録的な速度で同時通信できるようになります。また、完全に最適化された最新のソフトウェア スタックも発表しました。

他にも、NVIDIA は、2 ペタフロップスもの計算能力を提供できる初の単一サーバーである NVIDIA DGX-2™ によって、ディープラーニング コンピューティングにおける重要なブレークスルーを打ち出しました。 DGX-2は15ラックを占める300台のサーバーに匹敵するディープラーニング処理能力を備えつつ、サイズはその60分の1で、電力効率は18倍です。。

NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン・フアン (Jensen Huang) は、GTC 2018 でこのニュースを発表した際、次のように述べています。「このディープラーニングの驚異的な機能強化は、今後さらに発表される機能のほんの一部でしかありません。これらの機能強化の多くは、またたく間に世界標準となった NVIDIA のディープラーニング プラットフォームに基づいています。当社はムーアの法則を大きく上回るペースでプラットフォームのパフォーマンスを劇的に向上させており、医療、輸送、科学探査、その他の数え切れない分野での変革を後押しするブレークスルーをもたらします。」

Tesla V100 のメモリが 2 倍に
Tesla V100 GPU は、世界の先端を行く研究者に広く採用されています。そしてこのたび、メモリインテンシブなディープラーニング ワークロードやハイパフォーマンス コンピューティング ワークロードを処理できるよう、メモリが 2 倍になりました。

32 GB のメモリが搭載された Tesla V100 GPU を使用すれば、データ サイエンティストは、より深くより大規模なディープラーニング モデルのトレーニングをこれまで以上に正確に行えるようになります。また、メモリに制約のある HPC アプリケーションでも、以前の 16 GB 版と比べてパフォーマンスを最大 50% 向上させることができます。

Tesla V100 32GB GPU は、NVIDIA DGX システム ポートフォリオ全体ですぐに利用できます。また、主要コンピューター メーカーである Cray、Hewlett Packard Enterprise、IBM、Lenovo、Supermicro、および Tyan が、第 2 四半期中に新しい Tesla V100 32GB 搭載システムのロールアウトを開始すると発表しました。他にも、Oracle Cloud Infrastructure が、今年後半にクラウドで Tesla V100 32GB の提供を開始する計画を明らかにしています。

NVSwitch: 革新的なインターコネクト ファブリック
NVSwitch は、最高の PCIe スイッチの 5 倍の帯域幅を実現できます。これにより、開発者はより多くの GPU が相互にハイパーコネクトされたシステムを構築して、従来のシステムの限界を破り、はるかに大規模なデータセットを実行できるようになるでしょう。また、ニューラルネットワークの並列トレーニングのモデル化など、より大規模で複雑なワークロードを扱えるようになります。

NVSwitch は、NVIDIA が開発した初の高速インターコネクト テクノロジである NVIDIA NVLink™ によって提供されるイノベーションを拡張します。NVSwitch を使用すると、システム設計者は、NVLink ベースの GPU の任意のトポロジを柔軟に接続できる、より一層高度なシステムを構築することが可能になります。

最先端の GPU アクセラレーテッド ディープラーニングと HPC ソフトウェア スタック
NVIDIA のディープラーニングと HPC ソフトウェア スタックの更新は、無償で NVIDIA の開発者コミュニティに提供されます。このコミュニティの総登録ユーザー数は、1 年前の 48 万人から、現在では 82 万人を超えるまでになっています。

その更新には、NVIDIA CUDA(R)、TensorRT、NCCL と cuDNN、およびロボット工学向けの新しい Isaac ソフトウェア開発者キットが含まれます。加えて、大手クラウド サービス プロバイダーとの緊密な連

携により、すべての主要なディープラーニング フレームワークが NVIDIA の GPU コンピューティング プラットフォームを十分に活用できるよう絶えず最適化されます。

NVIDIA DGX-2: 世界初の 2 ペタフロップ システム
NVIDIA の最新 DGX-2 システムが 2 テラフロップのマイルストーンを達成しました。これは、コンピューティング スタックのあらゆるレベルで NVIDIA が開発した幅広い業界最先端テクノロジによって実現したものです。

DGX-2 は NVSwitch をサポートする初のシステムで、NVSwitch によってシステムの 16 基すべての GPU がユニファイド メモリ領域を共有できるようになります。開発者は、最大規模のデータセットときわめて複雑なディープラーニング モデルに対処できるディープラーニング トレーニング能力を手にすることができます。

NVIDIA の完全に最適化された最新のディープラーニング ソフトウェア スイートと統合された DGX-2 は、ディープラーニングの研究とコンピューティングの限界を押し広げようとするデータ サイエンティストのために構築されました。

DGX-2 は、最先端のニューラル機械翻訳モデル FAIRSeq のトレーニングを 2 日未満で終えることができます。これは、昨年 9 月に発表された Volta 搭載の DGX-1 から 10 倍のパフォーマンス向上になります。

Tesla V100 32GB の業界サポート

Microsoft の音声と言語のテクニカル フェロー兼責任者であるゼドン・ファン (Xuedong Huang) 氏は、次のように述べています。「Microsoft と NVIDIA は、AI テクノロジにおける長年の協業において多大な進歩を遂げました。たとえば最近では、中国語-英語翻訳でのブレークスルーが挙げられます。新しい Tesla V100 32GB GPU によって、両社はより大規模で複雑な AI モデルのトレーニングを短期間で行えるようになるでしょう。その結果、音声認識と機械翻訳におけるモデルの精度を人間の能力にまで高め、Cortana、Bing、Microsoft Translator などのサービスの機能強化を図ることができるはずです。」

イスラエルの SAP イノベーション センター担当バイス プレジデントであるマイケル・ケメルマカー (Michael Kemelmakher) 氏は、次のように述べています。「当社は SAP Brand Impact アプリケーション用に DGX-1 と新しい Tesla V100 32GB を組み合わせて評価しました。SAP Brand Impact アプリケーションは、動画内のブランドの露出頻度をほぼリアルタイムで自動的に分析します。メモリが追加されたことで、より大規模な ResNet-152 モデルの、より高解像度の画像を処理できるようになり、エラー率が平均 40% 低下しました。これにより、精度の高い監査可能なサービスをタイムリーかつ大規模に提供できるようになりました。」

NVIDIA DGX 製品ポートフォリオ
DGX-2 は、データ サイエンティストが新しいディープラーニング モデルやイノベーションの開発、テスト、展開、拡張をすばやく行えるようにするため設計された 3 つのシステムから成る NVIDIA DGX 製品ポートフォリオの最新の追加コンポーネントです。

16 基の GPU を搭載した DGX-2 はそのラインナップの最上位に位置し、Tesla V100 GPU を 8 基搭載した NVIDIA DGX-1 システムと、コンパクトなデスクサイド デザインで 4 つの Tesla V100 GPU を搭載した世界初のパーソナル ディープラーニング スーパーコンピューターである DGX Station™ に加わります。これらのシステムにより、データ サイエンティストは、デスクで行っている複雑な実験から、最大規模のディープラーニングの問題へと研究を拡大し、そのライフワークを実現できるでしょう。

詳細な技術仕様や注文フォームなど、詳しくは (リンク ») をご覧ください。

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、 (リンク »)  をご覧ください。

NVIDIAについての最新情報:
プレスリリース: (リンク »)
ブログ: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]