インテック、UiPath株式会社とリセラー契約を締結

TISインテックグループ 2018年03月28日

From PR TIMES

 ~RPAツール「UiPath」の提供を開始~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:日下茂樹、以下インテック)は、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation、以下RPA*1)のソフトウェアベンダーUiPath社(本社:米国ニューヨーク州)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役CEO:長谷川康一、以下UiPath)とUiPath RPA プラットフォームのリセラー契約を締結し、RPAツール「UiPath(ユーアイパス)」の提供を開始しました。

 「UiPath」は高い操作性、フレキシブルな拡張性、柔軟な適応力を持ち、顧客企業のビジネスをより発展させるプラットフォームです。世界各国で660社以上に提供されており、国内ではメガバンクをはじめとする大手金融機関、製造業、広告代理店など160社以上の導入実績があります。(2018年2月末現在)

 社員の健康への配慮や少子高齢化による労働人口減少など社会環境が変化する中で、「働き方改革」に取り組む企業が増加しています。こうしたなか、インテックは顧客企業の「ITを活用した業務改革/業務のデジタル化」を支援するソリューションのひとつとして、2017年3月に推進チームを発足し、RPAソリューションの提供を開始しています。
 インテックの強みである業務ノウハウ、開発力、サポート力とユーザビリティの高い「UiPath」を組み合わせることで、新たな価値を提供し、顧客企業の課題解決に貢献します。

*1 RPA(Robotic Process Automation)について現在、人の手で行っているシステムの定型的な操作やデータの入力作業などを識別し、人間と同じように操作を行うソフトウェアです。RPAは、導入にあたり高度なプログラミング技術を必要としません。そのため、従来の業務システム開発と比べ、導入における期間短縮と費用削減が可能です。

UiPath社について
 UiPath社はRPAソフトウェアを世界中でリードするグローバル企業です。アジアでのさらなる事業強化に向け2017年に日本法人を設立し、サービス展開を開始しました。同年、Everest Group(米国)が「RPAのテクノロジーリーダーであり、業界を牽引するトップ企業」と認定しており、世界で高い評価を受けています。(URL: (リンク ») )

インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50余年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心、便利でSmartな、心地よい社会の実現を目指し、挑戦を続けてまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]