YonYon×向井太一、Slomによる楽曲「Period(過程)」全世界へ配信!

株式会社massenext 2018年03月28日

From PR TIMES

日本と韓国を繋ぐプロジェクト[The Link]第一弾!

音楽エージェントサイト「ZULA(ズーラ)」を運営する株式会社 massenext(東京都港区)は、この度、 YonYon、向井太一、Slom による楽曲「Period(過程)」を全世界へ向けて配信いたします。現在注目を集める日本と韓国の若手アーティストによる本作は、Spotify、AppleMusic、GooglePlay、AmazonMusic、AWA、Melonなどの各音楽ストリーミングサービスから視聴することができます。



[画像1: (リンク ») ]


■楽曲情報
タイトル:「Period(過程)」
アーティスト:YonYon×向井太一
Produced by Slom
Composed by YonYon,向井太一,Slom
Lyrics by YonYon,向井太一
配信日:2018 年 3 月 28 日(水)


YonYonが新たに立ち上げた、日本と韓国のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形でつなぎ、両国で楽曲を配信・プロモーションしていく楽曲制作プロジェクト[The Link]。 その第一弾となる楽曲「Period(過程)」は、シンガソングライター向井太一と、韓国の人気ラッパーJay ParkやZion.Tのプロデュースでその名を轟かせた23歳の若手実力派プロデューサーSlom が起用されています。

90ʼs を想起させるようなノスタルジックでアーバンなバラードを軸に、オンタイムのR&Bのエッセンスで包み込んだ最先端のトラックに仕上がっています。爽やかでソウルフルな向井太一の歌声と、あどけなさと凛とした側面が共存する、YonYon の清涼感のある歌声が折り重なった日本語と韓国語で綴られたリリックは、長い年月を共にしている恋人同士が抱く不満や不安との葛藤と、すれ違いながら互いを求め合う二面性を叙情的に表現しています。

また、楽曲の配信だけでなく、韓国のCJ E&MのYouTubeチャンネルにて本作のミュージックビデオも公開されます。
MV: (リンク »)

■Lyric
Period(過程)

1._________
僕らは何を求めてさまよう?
形のないかけらを
掴むような夢のよう
愛し合いとすれ違い
いつだってギリギリの想い
甘い出会い 今は馴れ合い
君と僕をつなぐもの

重なり合ったあとには
すれ違いどこへ向かう
조급한 마음에 아늑한 방 둘이서
(We feel the pressure of just the two of us in this small room)
떨어지는 한숨을 놓치고 후회했지
(I feel regret that I didnʼt notice the sign)
君を想うこの気持ち
嘘じゃないよ Just a feeling
서둘지 않아도 돼 후회하기 전에
(Donʼt lose your patience or you might regret it)
いつまでもそばにいられるように

2._________
To give your heart to me
愛したい人はそばにいるのに
ないものねだりで空回る
他の者同士手探り回り
真実、本当のこと見えなくなって退屈
逆再生、平凡化された日常を反復
もどかしさを心に刻んで
たくさんのことを学んで
不器用なだけに少し休ませて
だけど私を離さないで Alright?

익숙한 길을 항상 걷고있었다가
(Even if Iʼm walking down a street Iʼm used to)
너가 보이지 않을때마다
(When I canʼt see you)
괜히 불안해하고 짜증을내고
(I feel anxious and irritated)
애매한 자유속에서
(In this uncertain freedom,)
그저 과정이란 시련속에서
(In this process that feels like a trial)
깊어져가는 밤이 더 무서워 헤엄쳐나와
(But the deepening night scares me more,so I need you to get me out)

結局、帰るところは同じ
特別なものはいらない、そう
だから溢れ出したモヤモヤと
心のサイレンス 共鳴

重なりあったあとには
すれ違いどこへ向かう
조급한 마음에 아늑한 방 둘이서
(We feel the pressure of just the two of us in this small room)
떨어지는 한숨을 놓치고 후회했지
(I feel regret that I didnʼt notice the sign)
君を想うこの気持ち
嘘じゃないよ Just a feeling
서둘지 않아도 돼 후회하기 전에
(Donʼt lose your patience or you might regret it)
いつまでもそばにいられるように

Just take it easy
Baby I love you

■YonYon -Profile-
[画像2: (リンク ») ]


ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオ DJ としてマルチに活動するクリエイター。2011 年に DJ としてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop、UK Bass、House、Techno までジャンルを越え直感的にミックスするスタイルが世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパなど国内外にまで活動の幅を拡大中。
また、海外のアンダーグラウンドアーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント[BRIDGE]のプロモーターとし て 2016年に本格始動。東京に拠点を置き、ブッキングのみならずイベントの企画・制作、アジアのアンダーグラウンドミュージックシーンに関するコラムの執筆などを手がけ、各国のカルチャーを相互に結ぶ架け橋(BRIDGE)となっている。一方で、その類い稀な清涼感のある歌声を生かして国内外のアーティストの楽曲にフィーチャリングで参加。R&B、HIP HOPのグルーヴをベースに、幼い頃から聴いていたJ-POP/K-POP のメロディーを取り入れ、多くの革新的な作品を生み出している。日韓を繋ぐキーパーソンとして[The Link]プロジェクトの立ち上げや、またラジオでは同年代のアーティストを紹介する役目を担うなど、彼女のアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで分け隔てないグローバルな活動に注目が集まっている。
公式サイト:
[YonYon] (リンク »)
[BRIDGE] (リンク »)

■向井太一 -Profile-
[画像3: (リンク ») ]


1992年3月13日、福岡生まれ、A 型。シンガーソングライター。
幼少期より母親の影響でブラックミュージックを聴き育つ。その後、地元の音楽高校へ進み、卒業後、2010年に上京。ジャズとファンクをベースとしたバンドにボーカルとして加入し、東京都内を中心にライブ活動を経て、2013年より柔軟に音楽の幅を広げる為、ソロ活動をスタート。ファッション誌のウェブサイトでのコラム執筆やモデルなど音楽以外でも活動の場を広げる。
2016年3月、初の E.P「POOL」をインディーズよりリリースし、発売日に即完。自身のルーツであるブラックミュージックをベースに、エレクトロニカ、アンビエント、オルタナティブなどジャンルを超えた楽曲、そして「日本人特有の言葉選び、空間を意識した音作り」で常に進化を続ける新境地を見事に提示し、各媒体・リスナーから高い支持を得る。
2016年4月、更にアクティブで自由な制作活動を行うべくsoundcloud を中心としたインターネットに表現したい音楽をタイムラグなく継続的にアップ。そのオントレンドで自己発信型な音楽活動が目に止まり、TOYʼS FACTORY / MIYATERRACE とマネジメント契約。その後、自主イベント「BDP」等、ライブ活動をメインにジャンル問わず様々な仲間と繋がり継続的にシーンを構築。ハイブリッドなアーティストとして、更なるステータスを目指す為、アグレッシブに活動している。
公式サイト: (リンク »)

■Slom -Profile-
[画像4: (リンク ») ]


LA を拠点とする韓国人プロデューサーSlom は、主にFuture Beats系の制作を得意とし、LA 育ちとして培ってきたR&B、Soul、Funk、Hip Hopなどのブラックミュージックをルーツに楽曲を展開する。近年では最新のビートミュージックを発信するレーベル〈Soulection〉からアルバムのリリースを果たしたプロデューサーJ.robb との共作や、Zion.TとBIGBANGのG-Dragonが共演したヒット曲”Complex”のプロデュース始め、 数々のアーティストと制作を重ねてきた。すでにその実力は世界中から認められており、海外勢からのラブコールが絶えない。現在、自身のデビューEPを制作し、近々リリースを予定している。
公式サイト: (リンク »)


<ZULA について>

[画像5: (リンク ») ]

株式会社 massenextが運営する「ZULA(ズーラ)」は、インディペンデントで活動するアーティストのエージェン トとして、各音楽配信事業者を通じ全世界へコンテンツの提供を展開している音楽エージェントサイトです。音楽を世代や国境越えて触れることができる時代に、アーティストの楽曲をその活動領域を問わず、よりフレキシブルに発信するべく、アクティブに、アーティストそしてエンドユーザーが、音楽を楽しめるようになるためのサポートをしてきます。
ZULA(ズーラ)では、今後もインディペンデントで活躍するアーティストの楽曲を、積極的に全世界へ配信してまいります。
公式サイト: (リンク »)
Twitter:@ZULA_JP

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]