FOXでの『ウォーキング・デッド9』日本最速放送に向けた特別企画FOXムービーで毎月28日(腐敗の日)はゾンビ映画×『ウォーキング・デッド』人気漫画家小山健 描き下ろし4コママンガ

FOXネットワークス 2018年03月28日

From PR TIMES

“だいたいあってるウォーキング・デッド”を毎月公開!5月以降の映画ラインアップほぼ決定

FOXムービー(運営:FOXネットワークス株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:デイビッド・シン)は、2018年秋にFOXチャンネルで日本最速放送される『ウォーキング・デッド』シーズン9に向けた特別企画“毎月28日(腐敗の日)はゾンビ映画 x ウォーキング・デッド”の放送を記念して、人気漫画家の小山健が『ウォーキング・デッド』シーズン1から7を独特の切り口で解説する4コママンガ“だいたいあってるウォーキング・デッド”をチャンネル公式サイト(tv.foxjapan.com/movies)に公開いたします。



[画像: (リンク ») ]

“だいたいあってるウォーキング・デッド”は、2018年4月から毎月厳選した秀逸のゾンビ映画1本と『ウォーキング・デッド』1シーズンずつ(4月のみ2シーズン)を一挙放送する特別企画の放送を記念して、『ウォーキング・デッド』の大ファンである人気漫画家の小山健が本企画のために描き下ろした4コママンガです。放送に合わせて、チャンネル公式サイトに公開します。第1弾(シーズン1&2分の4コママンガ)は3月28日から掲載します。ゾンビがはびこる世界のサバイバルを、(なぜか・・・)お部屋探し的視点でおさらいします。黙示録的な世界を舞台に、主人公リックが、家族や仲間と共に安住の地を求めて・・・理想の家探しのために、不動産屋へ。ウォーカー対策や同居人の問題など、様々な困難に立ち向かう物件探しのサバイバル・ヒューマン・ドラマが展開します。独特の視点とタッチで描かれた『ウォーキング・デッド』ファン&FOXムービーファン必見のクスっと笑える心温まる4コママンガをどうぞお楽しみください。※一部ネタバレを含みます
また、本特別企画のゾンビ映画のラインアップがほぼ決まりました。4月は絶妙なパロディ映画『ウォーキング・ゾンビランド』、5月はカルト的人気を誇る名作『バタリアン』、6月はオールアフリカロケの異色作『ゾンビ大陸 アフリカン』、7月はゾンビをペットにしてしまう、微笑ましいゾンビ映画の傑作『ゾンビーノ』、8月は最恐パニック映画『ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~』、9月は後日発表いたします。
今後もFOXムービーは、みなさまに楽しんでいただけるチャンネルとして、FOXムービーならではの作品や企画をお届けして参ります。

【企画概要】 番組ページ: (リンク »)
2018年4月から6ヶ月連続企画!! ※4月のみシーズン1と2を放送
毎月28日(腐敗の日)はゾンビ映画1本と『ウォーキング・デッド』1シーズン全話を一挙放送
【各月放送タイトルとスケジュール】 ※5月は午前8時55分~となります。放送スケジュールは変更になる場合があります。
毎月28日(腐敗の日)午後(or午前)8時55分~FOXムービーで放送
4月28日(土) 『ウォーキング・ゾンビランド』 & 『ウォーキング・デッド』シーズン1・2
5月28日(月) 『バタリアン』 & 『ウォーキング・デッド』シーズン3
6月28日(木) 『ゾンビ大陸 アフリカン』 & 『ウォーキング・デッド』シーズン4
7月28日(土) 『ゾンビーノ』 & 『ウォーキング・デッド』シーズン5
8月28日(火) 『ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~』 & 『ウォーキング・デッド』シーズン6
9月28日(金) 『ウォーキング・デッド』シーズン7
※9月の映画は後日発表、『ウォーキング・デッド』シーズン8はシーズン9放送前にFOXチャンネルで放送予定

【参考資料】
<漫画家・イラストレーター 小山健 プロフィール>
(リンク »)
会社員時代に趣味でブログに描いていたマンガ「手足をのばしてパタパタする」をきっかけにマンガやイラストを様々なところで執筆。2013年に独立以降、雑誌・書籍・WEBなどで幅広く活動中。出産→育児にいたるすべてを追いかける話題のリアルドキュメント・コミック「お父さんクエスト」などの書籍も人気を博し、お笑いポータルサイト“オモコロ”では、生理痛のつらさを分かってない男性におすすめの人気作「ツキイチ!生理ちゃん」など多数マンガを連載中。ときどきイベントに出て絵を描いたりしゃべったりもします。

【番組概要】
4月放送
映画 『ウォーキング・ゾンビランド』 (原題: THE WALKING DECEASED、2015年、アメリカ、88分、監督: スコット・ダウ)
TV初放送!大ヒット海外ドラマ「ウォーキング・デッド」(とその他ゾンビ映画)のオマージュ作品。
【ストーリー】
保安官のリンカーンは、息子のデッドボールが原因で昏睡状態に陥ってしまう。29日後、目を覚ますと世界の文明は崩壊しており、生ける屍が歩きまわっていた。彼は息子のクリスを連れて、ショッピングモールで生き残っている人間と合流する。ここではらちがあかないと考えたリンカーンは、ゾンビ・フリーゾーンの“約束の地”である農場を目指す…。

5月放送
映画 『バタリアン』 (原題: THE RETURN OF THE LIVING DEAD、1984年、アメリカ、本編91分、監督: ダン・オバノン)
『エイリアン』の脚本家ダン・オバノン初監督による不老不死のゾンビ・バタリアンと人間の戦いを描いた名作。
【ストーリー】
1969年、軍人病院の薬品事故が原因でこともあろうに死体が次々に蘇生してしまった。そのゾンビはケンタッキー州のとある医療品倉庫に長年ミイラ状態で極秘保管されていた。ある日そこで働くフランクとバイトのフレディが恐る恐る中を覗いてその箱を叩いてみると突然謎のガスが噴出し、不老不死のゾンビ“バタリアン”が蘇ってしまった!ガスはどんどん充満し医療倉庫に保管されていた解剖用の死体の数々が動き出した!! 近隣の墓地の死体までどんどん蘇り、人間の脳みそを求めてゾンビが街中で暴れだした。上半身裸のオバンバ、全身ネバネバのタールマンといった人気者(?)が続々登場して大暴れする!

6月放送
映画 『ゾンビ大陸 アフリカン』 (原題: THE DEAD、2010年、イギリス、105分、監督: ハワード・J・フォード、ジョン・フォード)
アフリカの荒野でオールロケを敢行した異色作!!
【ストーリー】
死者≪ゾンビ≫が歩き出してから数週間後のアフリカ大陸―。駐留アメリカ軍は撤退。エンジニアであるブライアン・マーフィー中尉も最後の撤退機に乗っていた。だが、その機内で乗客がゾンビ化。飛行機は、暗黒の地を離れること無く墜落してしまう。同じ頃、ある村ではゾンビ・アウトブレイクが発生。村の出身者で西アフリカ軍の兵士デンベレが不在の最中、家族が次々と死者のえじきとなるが、彼の息子は奇跡的に生き残る。一方、墜落事故から唯一生存したブライアンは、母国・アメリカの愛する家族のもとへ帰ろうと米軍基地を目指す。それには広大なサハラ砂漠を横断しなければならない。干上がり、荒れ果てた冷酷な大地。明るみにも潜む、いつ襲いかかるとも知れぬ死の恐怖。

7月放送
映画 『ゾンビーノ』 (原題: FIDO、2006年、カナダ、93分、監督: アンドリュー・カリー)
カナダ発、微笑ましいゾンビ映画の傑作。
【ストーリー】
過酷なゾンビ戦争に勝利した人間たちは、ゾムコン社が開発した調教首輪でゾンビを従順なペットとして、一家に一体(?)飼っていた。少年ティミーの家でも、ママの希望でゾンビを飼うことに。ティミーは、いじめっ子から助けてもらったのをきっかけに、ゾンビに「ファイド」と名付けて友達になる。だが、ファイドが隣人のお婆さんを食べてしまったことから、やがてとんでもない事件が巻き起こっていく・・・。

8月放送
映画 『ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~』 (原題: Tsunambee、2016年、アメリカ、82分、監督:ミルコ・デイヴィス、トーマス・マートウィック)
TV初放送!殺人蜂が引き起こす最恐パニック映画
【ストーリー】
ロサンゼルスを災いが襲い、街は無法地帯と化した。恐怖に怯えながら、必死に“世界の終末”から逃れようとする住人たち。だが、その原因は分からず、調査を進めていく中で、ついにハチの異常発生が世界のいたるところで起こり、ハチの大群が人を襲っていることが解ってくる。そのハチの大群を率いる女王蜂こそ、人類の怒りを具現化するために地上に現れた破壊神だったのだ…!!弟のジョーダンを目の前で警官に撃ち殺されたJBは、その悪夢に苛まれていた。ある日、目を覚ますと、LAのあらゆるところで爆音が鳴り響いていた。危険を察したJBは、妹のチカ、親友のタブスと共にLAを離れるが…。

ドラマ 『ウォーキング・デッド』
ベストセラーのアメコミ“The Walking Dead”を原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。
製作陣には映画『ターミネーター』のゲイル・アン・ハードなど多数の実力派が名を連ね、「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボンがシーズン1、第1話の監督を務める。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、昏睡から目覚めた元保安官リック・グリムスが生存者たちと共に救いの地を求めて旅を続けていく姿を描く。

4月放送 【シーズン1ストーリー】 全6話
逃走犯との銃撃戦の末に、銃弾を受け瀕死の状態に陥った保安官のリック。昏睡状態から目覚めた彼が目にしたのは、“ウォーカー”と呼ばれるゾンビに蝕まれ廃墟と化した世界だった。家族を探し、極限状態を生き抜いていく中で仲間となった生存者たちと、時に争いながらも絆を深めていく。そして残された唯一の希望、治療薬を開発していると噂される疫病対策センターを目指すが…

4月放送 【シーズン2ストーリー】 全13話
新たな救いの地を求め、再び前に進むリックと生存者たち。ウォーカーの襲撃を逃れながら辿り着いた農場で、落ち着いた暮らしが送れるかに見えたが、やがてその地もウォーカーたちに蝕まれていく。そんな中、リックの妻ローリへの思いを断ち切れない、リックの元同僚で親友のシェーンの苦悩とリックとの確執。追い詰められた状況で皆が葛藤し向かう先を模索する中、リックが下した決断と衝撃の告白とは…。

5月放送 【シーズン3ストーリー】 全16話
さすらいの末、廃墟と化していた刑務所に居を構えたリックたち。やがて、“総督”が支配し平和な暮らしを送っている街“ウッドベリー”の存在を知る。この異なるコミュニティーとの遭遇で、今まで以上に深い人間模様とともに、物語は新たな局面へと展開する。女性戦士ミショーンも加わり、待ち受けるこれまでにない戦い!そしてリックは、愛する者たちの死から再び前を向き、立ち上がることができるのか?

6月放送 【シーズン4ストーリー】 全16話
絶対的リーダーとして仲間を守るため度々冷淡な選択を下してきたリックだが、総督との死闘の末、ひとりの人間として心を持って生きることの大切さを改めて確信。そして、新たな仲間を刑務所に受け入れるが、共存への道は安易なものではなかった。様々なトラブルに見舞われる中、再び訪れる総督との戦い。バラバラになったメンバーはそれぞれが険しい道のりを辿りながら、線路脇の地図に記された“終着駅”を目指すが、そこで彼らが目にするものとは…。

7月放送 【シーズン5ストーリー】 全16話
生存者たちの聖域“終着駅”で絶体絶命の窮地に追い込まれたリックたちは仲間と共に脱出できるのか。さらなる魔の手が忍び寄り、非情な殺戮が巻き起こっていく。生き別れた仲間の行方や、惨劇の世界の解決法があるといわれるワシントンD.C.への道のりなど、苦悩を繰り返しながらも次の道を模索していくリックたち。次々と希望が絶たれる中、彼らは巨大な壁で囲われた“安全居住区域”アレクサンドリアに辿り着くが…。

8月放送 【シーズン6ストーリー】 全16話
コミュニティーを守るために、自らが皆を強くし、住民たちに共に立ち上がるよう呼びかけたリック。迫りくるであろうウォーカーの大群や様々な外敵に対処するため、リックはこれまで以上の強烈なリーダーシップを見せつける。最初の“戦友”モーガンとの再会の行方や、額に“W”の頭文字を刻み込んだ謎のカルト集団の存在など衝撃のストーリーが展開!アレクサンドリアの恵まれた生活を死守しようとするリックだが、果たして、彼と仲間たちにこの先どんな運命が待ち受けているのか?

9月放送 【シーズン7ストーリー】 全16話
この上なく残酷なかたちで仲間の1人を失うことになった生存者たちは、ニーガンの支配下で次なる暮らしを強いられることになるが、彼らの今後はどうなってしまうのか?別の場所で救世主に襲われたキャロルと、彼女を助けたモーガンが遭遇した謎の戦士たちの正体とは?物資調達の旅へと出ていたタラとヒースにも危険が迫る中、仲間たちは再びどんなかたちで顔を合わせることになるのか?そして、新キャラクター、エゼキエルの率いる“王国”の登場と共に、広がっていく新たな世界…。またしても予測のつかない、壮大な物語が続いていく!

■FOXムービーとは tv.foxjapan.com/movies
ハリウッド・メジャー・スタジオFOXがお贈りする映画チャンネル。
名作映画からエッジの効いた話題作まで、すべての人にエンターテイメントをお贈りする映画チャンネル。
ハリウッド・メジャー・スタジオFOXが厳選した、キレのあるアクション、鼓動高鳴るサスペンス、スタイリッシュな
SFなど、他では見られない驚きのラインナップであなたの五感を刺激します。
FOXムービーはスカパー!、J:COM、ケーブルテレビなどでご覧いただけます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]