生体認証(「顔」「音声」「指紋」)によるログイン機能をスマートフォン取引アプリに導入

SBI FXトレード株式会社 2018年03月29日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]


SBI FXトレード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋直也、以下「当社」)は、外国為替証拠金取引におけるスマートフォン取引アプリ(iPhone、Android)でご利用されているお客さま向けに、生体認証によるログイン機能を導入いたしましたのでお知らせ申し上げます。

生体認証によるログイン機能をスマートフォン取引アプリに導入いたしました。これにより、スマートフォン取引アプリをご利用のお客様は「顔」「音声」「指紋」のいずれかの生体認証ログインを選択することで、ログインID・パスワードを入力せずにログインすることが可能となります。
生体認証は、“個人”が保有する身体の特徴を識別、認証することからパスワード認証と比べセキュリティ性が高く、一般的には複製や盗難はほぼ不可能といわれています。さらにパスワードを入力する必要も無くなるため、パスワードを忘れた時の問い合わせや複雑なパスワードを入力する手間も不要となり、利便性が向上いたします。
是非この機会にお試しください。

■生体認証ログイン画面(iPhone、Android共通)
[画像2: (リンク ») ]


今後とも、弊社では、SBIグループの基本方針である顧客中心主義に基づき、FX市場に参加されるお客さまに、より利便性の高い取引環境の整備・サービス提供に努めてまいります。

以上

<金融商品取引法等に係る表示>
商号等 SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
加入協会 一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1588)

<手数料等及びリスク情報について>原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。本取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。本取引は、外貨での出金はできません。本取引は、経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。本取引にあたって必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客さま:4%(レバレッジ25倍)、法人のお客さま:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客さま:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。*為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]