LandSkip、Canonプロジェクターと事業連携

株式会社ランドスキップ 2018年03月29日

From PR TIMES

壁一面を空間演出し、オフィスの生産性向上。

風景配信サービス「LandSkip (R)(ランドスキップ)」を運営する株式会社ランドスキップ(代表取締役 下村一樹)は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長 坂田正弘)のプロジェクター事業と連携し、風景コンテンツとプロジェクターを組み合わせた「デジタル壁紙シリーズ Powered by LandSkip」をリリースいたしました。オフィスやエントランスの壁一面に風景映像を投写することで、空間演出や生産性向上を目指してまいります。



[画像1: (リンク ») ]

「デジタル壁紙シリーズ Powered by LandSkip」は、ランドスキップの風景コンテンツとキヤノンMJのプロジェクターを組み合わせ、オフィスやエントランスに風景を連れてくる”デジタルインテリアコンテンツ”です。

壁一面に映像投写をすることで、癒しやリラックス空間を演出し、労働生産性アップやおもてなし空間創出をサポートします。用途や気分に合わせて風景を変えることができ、会議室や応接室のほかインバウンド向けのサイネージコンテンツとしてもご活用いただけます。

商品の特徴


自然のままの映像/音声により、まるで風景を連れてきたような空間演出をサポート
プロジェクターを利用し壁一面に投写することで、より臨場感のある大画面映像を実現
窓がない部屋と比べて、映像投写をしている部屋は生産性が12%アップ
気分に合わせてコンテンツを切り替え、途切れた集中力の再構築をサポート
コンテンツは『風景』と『動く浮世絵』2つのラインアップをご用意


風景コンテンツ
日本が誇る美しい風景を現地の臨場感そのままに収録
[画像2: (リンク ») ]

動く浮世絵コンテンツ
日本の伝統文化である浮世絵に、自然の揺らぎとBGMを加えたオリジナルコンテンツ
[画像3: (リンク ») ]

壁や床、天井まで。プロジェクターを活用することで空間演出が自由自在。会議室、受付、エントランスなどのいつものスペースが、風景を映す美しい空間に早変わりします。ありのままを切り取った美しい風景と癒しのBGMにより、訪れた人々に心地よい時間と空間をお届けいたします。

参考URL
・Canon - デジタル壁紙シリーズ Powered by LandSkip( (リンク ») )

株式会社ランドスキップ
風のざわめき、小鳥のさえずり、緑の木もれ日、打ち返す波。私たちは「風景の流通」に取り組み、風景配信、バーチャルウィンドウ、VRコンテンツにより、だれもが心癒される世界を実現します。
[画像4: (リンク ») ]

本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代 表 者:代表取締役 下村一樹
設立年月:2015年6月1日(景観の日)
事業内容:風景配信サービス、バーチャル・ウィンドウ、VRコンテンツ
U R L: (リンク »)

関連するプレスリリース
LandSkip、シャープ「AQUOS 4K」に風景配信
(リンク »)
LandSkip、北海道150年記念「赤れんが庁舎プロジェクションマッピング」を制作
(リンク »)
LandSkip、北海道銀行と観光VRで業務提携
(リンク »)
LandSkip、日本自然保護協会と事業連携
(リンク »)
LandSkip、都内老人ホームにバーチャル・ウィンドウ
(リンク »)
LandSkip、成田空港に「風景」を配信
(リンク »)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]