職人手づくりのランドセル工房 土屋鞄製造所 2019年入学用モデル 全56種公開

土屋鞄製造所 2018年03月29日

From PR TIMES

~2018年4月18日(水)から注文受付開始~

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所は、2019年入学用ランドセルの全情報を公式WEBサイトにて発表いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所(本社:東京都足立区)は、2019年入学用ランドセルの全情報を公式WEBサイトにて発表いたしました。
【2019年入学用ランドセル情報】 (リンク »)

土屋鞄ではご家族でじっくりとランドセルを選んでいただけるよう、注文受付開始時期を例年より早め、店舗・WEBともに2018年4月18日(水)から開始いたします。

[画像2: (リンク ») ]

また、売り切れを気にせず、ゆっくりご注文していただくために、5月15日(火)までは、ご希望いただいた全ての製品のご注文をお受けいたします。
※「コードバンつや有り仕上げ」のみ数に限りがあるため、5月15日(火)以前に完売の可能性有り

3/29(木)全ラインナップ情報公開
4/18(水)店舗とWEBオンラインショップにて注文受付を開始



2019年入学用ランドセルについて

[画像3: (リンク ») ]

創業以来、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫で美しいランドセルをつくることを大切にしてきました。今年は「牛革 プレミアムカラー」に新色として「マロン」が登場。牛革、コードバン、クラリーノ(R)・エフ、ヌメ革など多様な素材で、全56種類を展開します。 価格は59,000円~120,000円(税込、送料無料)です。


注文開始時期・売り切れについて

[画像4: (リンク ») ]

土屋鞄製造所の2019年入学用ランドセルは、2018年4月18日(水)より、店舗・WEBオンラインショップにて注文受付を開始します。早くからランドセルを検討する方が増えるなかで、「職人の手仕事によるランドセルは即完売してしまうのでは」とのお声を多くいただいております。
そこで、売り切れを気にせず、ご家族皆さまでゆっくりお選びいただけるよう、 5月15日(火)まではご希望いただいた全ての製品のご注文をお受けいたします。
※「コードバンつや有り仕上げ」のみ数に限りがあるため、5月15日(火)以前に完売の可能性有り


<新色情報>
落ち着いた深みのある色味「マロン」、「セピアレッド」が登場

[画像5: (リンク ») ]

空や木々、花など、自然の色からイメージを膨らませたシリーズ「牛革 プレミアムカラー」(全12色 74,000円)に新色「マロン」が登場。森の木の実をイメージして、こっくりとした柔らかな茶色に仕上げました。

[画像6: (リンク ») ]

また、「コードバン アンティークモデル」(全2色 105,000円)には、重厚な赤を目指した、落ち着いた色みの新色「セピアレッド」が登場しました。


アーティストとつくる人気の「アトリエ(R)」シリーズ
子どもたちの明るい未来を願い、アーティストとつくる「アトリエ(R)」シリーズ。素材は「イタリアンレザー」(全5色 ¥76,000)と、「クラリーノ(R)・エフ」(全4色 ¥69,000)の2種類です。
今年は、テキスタイルデザイナーのシミズダニヤスノブ氏 、菊池留美子氏、安原ちひろ氏のイラスト3柄を採用。それぞれに子どもたちへの思いが込められています。
※クラリーノ(R)はクラレの登録商標です。
[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



安心の6年間修理保証
ランドセルを安心してお使いいただくために、糸のほつれや金具の故障など、無料で修理をお受けいたします。
※サポート期間:入学年度4月1日から6年間

<無料修理保証の対象外となるもの>
・お使いいただく上で問題のないキズ、よごれや落書き、つぶれなどでパーツ交換をされる場合
・地震や津波などの自然災害、および火災などによる消失
・故意により生じた故障・破損

【6年間修理保証について】 (リンク »)


つくりのこだわり
●技術開発

[画像9: (リンク ») ]

革の開発をはじめ、芯材の強度や金具の耐久性のテストなど、自分たちの目指すものができるまで日々研究をしています。

●6年間を支える丈夫さ

[画像10: (リンク ») ]

イチョウの葉の形をしたマチ。芯材は樹脂素材とスポンジの二層構造で、6年間きれいな箱型を保ちます。

●優しい背負い心地

[画像11: (リンク ») ]

弾力性の違う二つのウレタンを使ったクッション材。U字形のくぼみが空気の通り道となり、熱がこもりにくくなります。


細部へのこだわり

「つくりに丈夫さを、佇まいに品格を」を信念に、ひと手間を積み重ねながらランドセルを完成させていきます。
[画像12: (リンク ») ]

カーブに沿って菊の花びらのようなひだを寄せ、きれいに角の始末をする「菊寄せ」。

[画像13: (リンク ») ]

肩ベルトなど負担のかかる所には、太い糸と針で手縫いをして補強。

[画像14: (リンク ») ]

ベルト通しは革を折り込み二重にし、縁を縫って強度をアップ。


ランドセル取扱い店舗
【URL】 (リンク »)

<直営店 12店舗>
関東地方(西新井、中目黒、南大沢、横浜)
中部地方(軽井沢、名古屋)
中国地方(広島)
東北地方(仙台)
関西地方(京都、大阪、神戸)
九州地方(福岡)
※横浜、名古屋、京都、神戸、福岡には大人向け革鞄専門店もございますが、ランドセルの取り扱いはございません。
<キシル 4店舗>


土屋鞄 ランドセル出張店舗

[画像15: (リンク ») ]


店舗から遠い地域にお住まいの方がランドセルを実際に見て、その場でご注文いただけるよう、4月~5月の期間で順次、全国22都市にて2019年入学用「ランドセル出張店舗」を開催いたします。詳細情報は以下のWEBページをご確認ください。
【URL】 (リンク »)

カタログ請求受付中

[画像16: (リンク ») ]

現在カタログ請求受付中です。
ランドセル選びがずっとご家族の思い出に残るすてきな時間になりますように。そんな思いでつくった”思い出づくりセット”は、写真家・濱田英明さんの写真をお借りして制作しました。


土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)

[画像17: (リンク ») ]

丈夫でシンプルなランドセル
土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

[画像18: (リンク ») ]

職人の手仕事によるものづくり
子どもたちと6年間を共に過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、職人の300を超える手仕事によりつくられます。西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

[画像19: (リンク ») ]

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店
工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店9店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に21店舗を構えています。木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。


【会社概要】
会社名:株式会社土屋鞄製造所
代表取締役社長:土屋成範
所在地(本社):〒123-0841東京都足立区西新井7-15-5

【URL】
土屋鞄のランドセル 
(リンク »)

Facebook  
(リンク »)

Instagram 
(リンク »)

【お客様お問い合わせ先】
電話:0120-907-647(平日10:00~17:00)
メール:jr-support@tsuchiya-kaban.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]