2018年スーパーカブ誕生60周年!2017年世界生産累計数1億台突破! 世界で活躍するイラストレーター16名がスーパーカブを描き下ろし『WORLD OF CUB』3月29日(木)公開

本田技研工業株式会社 2018年03月29日

From PR TIMES

日本からはNoritakeさん、100%ORANGEさん、五月女ケイ子さん、アメリカからは「ミスターカブ」という愛称で親しまれているNathan Connellyさんが参加

★世界で活躍するイラストレーター計16名が描き下ろし!
★描くのは世界中で愛されるバイク「スーパーカブ」
★日本からはNoritakeさん、100%ORANGEさん、五月女ケイ子さんが参画!
★Honda公式サイト、公式Twitterで本日3月29日(木)~公開
★世界中で愛されるスーパーカブの多様性を視覚で楽しんでいただける特別企画



本田技研工業株式会社(以下Honda)は、“まだ誰も知らないHonda”を様々なクリエイターや企業などHonda社外の人・組織と協働し、新しい表現として発信していく#MAKE_Hondaプロジェクトをスタートいたしました。その第一弾として~スーパーカブ誕生60周年を記念し、世界各国のイラストレーターが、それぞれの国や地域の「スーパーカブのある風景」を描いたスペシャルコンテンツ『WORLD OF CUB』を、本日3月29日(木)、Honda公式サイトまたHonda公式Twitterにて公開しました。
[画像1: (リンク ») ]


世界160の国と地域で販売された「スーパーカブ」シリーズは、各地域のニーズに合わせた様々な形に姿を変え、2017年には世界生産累計台数1億台を突破。今年2018年には誕生60周年を迎えます。
世界中で愛される「スーパーカブのある風景」を、日本のテレビにも多数出演経験のある“MR.CUB”ことNathan Connelly(ネイサン・コネリー)さんや、バイク大国ベトナムのイラストレーターRong Pham(ロン・ファム)さんなど、世界で活躍する計16名のイラストレーターが、本企画のために描き下ろしました。日本からはNoritakeさん、100%ORANGEさん、五月女ケイ子さんと、日本のアート・カルチャーをリードする3名が参画しています。
世界中のそれぞれの国の文化に馴染みながら愛され続けるスーパーカブ。カブが持つその多様性を世の中に伝えられないか、国ごとに全く異なった使われ方をするカブの姿を発見できないか。そんな想いからスタートした本プロジェクト。その想いに賛同された16名のイラストレーターが描くスーパーカブの世界を、どうぞお楽しみください。
Honda公式サイト『WORLD OF CUB』 (リンク »)
Honda公式Twitter @HondaJP (リンク »)

■イラストレータープロフィール(一部)/および作品
1.Noritake
[画像2: (リンク ») ]


日本のイラストレーター。
モノクロドローイングを軸に広告、書籍、雑誌、ファッション、壁画など国内外で活動。デザインやディレクション、作家活動もおこない、その活動は多岐にわたる。イラストをもちいたノートなどのプロダクト制作も精力的に行う。


・作品


[画像3: (リンク ») ]


コメント:こどもの頃、祖母がカブに乗っている姿を見て「かっこいいな、大きくなったら運転してみたいな」と思っていました。イラストにしたのは、そのころ、私の頭の中にあった自分の姿です。


2.五月女 ケイ子
[画像4: (リンク ») ]


日本のイラストレーター。
山口県出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。 原色を多用したシュールなイラストが特徴。本業のみならず、タレントやコラムニストなど活動も幅広い。放送作家・演出家であり実の夫でもある細川徹のコントユニット「男子はだまってなさいよ!」のほとんどの作品に出演している。また、朝日新聞の元日号に毎年絵を描いている。


・作品
[画像5: (リンク ») ]


コメント:田舎では、カブといえばお坊さんでした。袈裟とカブのミスマッチ感が、なんともいえずオシャレで、いまも思い出すと故郷の風の匂いがよみがえります。


3.100%ORANGE
[画像6: (リンク ») ]


日本のイラストレーター。
及川賢治と竹内繭子の2人組。東京都在住。
イラストレーション、絵本、漫画、アニメーションなどを制作している。イラストレーションに「新潮文庫 Yonda?」(新潮社)、よりみちパン!セ挿画(イースト・プレス)、絵本に『ぶぅさんのブー』(福音館書店)、『思いつき大百科辞典』(学研)、『ひとりごと絵本』(リトルモア)、漫画に『SUNAO SUNAO』(平凡社)などがある。『よしおくんが ぎゅうにゅうを こぼしてしまった おはなし』(岩崎書店)で第13回日本絵本賞大賞を受賞。

・作品
[画像7: (リンク ») ]


コメント:スーパーカブのエンジン音とスタンドをガチャっと止める音は僕にとっての「お早う」なのです。働くスーパーカブはボロボロになっていてもいつも優しくて格好いいです。


4.Nathan Connelly
[画像8: (リンク ») ]


日本では「ミスター・カブ」という名前で親しまれ、日本で大好きなスーパーカブを乗り回し、タレントとしても活動する反面、本国のアメリカではアニメのディレクターNathan Connellyとしても活動する。


・作品
[画像9: (リンク ») ]


コメント:カリフォルニアの美しいシャスタ山。そこから伸びる道をカブに乗って急ぐことなくゆっくりと味わう。その気持ち良さをイラストにしました。


5.Rồng Phạm
[画像10: (リンク ») ]


ベトナムのイラストレーター。自身でも90年代から2000年代のモデルのカブを愛用。


・作品
[画像11: (リンク ») ]


コメント:モダンなバイクがますます増える中で、カブはまだベトナムのお多くのお年寄りの長年の友であります。


■参加イラストレーター一覧(16名)※順不同
・Noritake(日本)
・五月女ケイ子(日本)
・100%ORANGE(日本)
・Shane McGowan(オーストラリア)
・Manuel Gómez Burns(ペルー)
・Nathan Connelly(アメリカ)
・Christian Montenegro(アルゼンチン)
・Fernando Chamarelli(ブラジル)
・Musketon(ベルギー)
・Jackkrit Anantakul(タイ)
・Chifumi Krohom(カンボジア)
・Rồng Phạm(ベトナム)
・R. Yuki Agriardi(インドネシア)
・IdleBeats(中国)
・Raxenne Maniquiz(フィリピン)
・TENG YU(台湾)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]