大田区内の民泊マンション「KARIO KAMATA」で2泊3日からの宿泊予約を開始します!

京王電鉄株式会社 2018年03月30日

From PR TIMES

無料スマートフォン「Handy」貸し出しサービスも開始

 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、4月2日(月)から大田区蒲田で運営する民泊マンション「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」において、2泊3日からの宿泊予約を開始します。(一部の客室は先行して開始しています)



 弊社では、大田区国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)として、大田区から特定認定を受け、2017年2月から民泊事業を開始しています。このたび、大田区で特区民泊の条例改正が行われたことにより、これまでの宿泊条件である6泊7日から2泊3日に短縮した宿泊が可能となります。
 
 また、新たなサービスとして、4月2日(月)から宿泊のお客様が滞在中自由に利用できる無料スマートフォン「Handy」を貸し出しするサービスも併せて開始します。特別な手続きは不要で、客室内に設置されたスマートフォン(1室1台)を外出先でも使用できます。
 今後も地域の方々と連携しながら、当施設のさらなる活性化を図るとともに、法整備の状況を踏まえ、京王沿線でも民泊マンションを核とした民泊のエリア展開を進め、空き家対策やまちづくりにも活用していきます。
 詳細は下記のとおりです。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


  ≪KARIO KAMATA(カリオ カマタ)の外観(上)・無料スマートフォン「Handy」(下)≫
無料スマートフォン「Handy」貸し出しについて
(1)開始日 4月2日(月)の宿泊から
(2)料 金 無料 
(3)内 容 宿泊のお客様が滞在中自由に利用できるスマートフォンを無料で貸し出しするサービスです。特別な手続きは不要で、客室内に設置されたスマートフォン(1室1台)を外出先でも使用できます。
1.無料・無制限の国内と国際通話
ご家族や友人との国内通話はもちろん、海外6か国(アメリカ、中国、台湾など)にも無料で通話できます。
2.無料・無制限のインターネットアクセス
客室内はもちろん、外出先でもデータ量を気にせずに、インターネットサービスを利用可能です。 
3.多言語対応
日本語、英語、中国語、韓国語等に対応しています。
4.その他 アプリも自由にダウンロードして使用可能
5.貸し出し・返却の手続きは不要
客室内に設置されたスマートフォンをそのまま利用できます。
                                                以 上
【参 考】
民泊マンション「KARIO KAMATA(カリオ カマタ)」の概要
(1)場所:東京都大田区蒲田4丁目27-4(京急蒲田駅から徒歩4分、JR蒲田駅から徒歩7分)
(2)敷地面積:148.69平方メートル (44.97坪)
(3)延床面積:578.39平方メートル (174.96坪)
(4)規模・構造:鉄筋コンクリート造地下1階地上6階
(5)運営・管理:京王不動産株式会社
(6)インテリアデザイン:株式会社リビタ
(7)施設概要:全14室(3タイプ)
[画像3: (リンク ») ]


(8)物件の特徴:羽田空港や品川駅へのアクセスが良く、国内外の広範な出張・観光需要が期待できる交通の
         利便性が高いエリアです。
(9)宿泊予約受付URL:公認民泊仲介サイト「STAYJAPAN」  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]