デュアルIntel Xeon CPUと4枚のビデオカードに対応し、メモリスロットを12個備える圧倒的なパワーと性能のワークステーションマザーボード

ASUS JAPAN株式会社 2018年03月30日

From PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は2018年3月30日、デュアルIntel Xeon CPUと4枚のビデオカードに対応し、メモリスロットを12個備える圧倒的なパワーと性能のワークステーションマザーボード「WS C621E SAGE」を発表いたしました。本日より販売を開始する予定です。



[画像1: (リンク ») ]



○発表製品

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : WS C621E SAGE
対応CPU : デュアル Intel Xeon プロセッサー
対応ソケット : LGA3647
チップセット : Intel C621 チップセット
対応メモリ : DDR4-2666×12(最大768GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×7
ストレージ機能 : U.2×4, M.2×1, SATA 6Gb/s×10
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×2, USB 3.1 Gen 1×8, USB 2.0×4
ネットワーク機能 : 1000BASE-T×2
フォームファクター(サイズ): EEB(305mm×330mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2018年3月30日
-----------------------------------------------------------------------


○製品の特長

最大4枚のビデオカードを同時接続
最大4枚のグラフィックスカードを同時に接続でき、4基のPCIe Gen3.0 x16スロットで最高のグラフィックスを実現します。4-WayまでのNVIDIA(R) SLI™、AMD CrossFireX™、2-Way NVIDIA Quadro(R) SLI™に対応しているので、コンテンツ作成者、機械技術者や建築技術者など、高い処理能力を必要とする作業者にとって最適な選択肢です。

デュアル Intel Xeon CPUのオーバークロックがもたらす比類なき性能
デュアル Xeon CPUのオーバークロックにより、性能の限界を打ち破ります。CPUの性能を高める独自のBIOS機構を採用しており、圧倒的なシステム速度を実現できます。

最大12個のDDR4 ECCメモリをサポート
大量のハードウェアリソースを必要とするプログラムを同時に複数実行しても、システムの高速動作を維持できます。本製品は最大12個のDDR4 ECCメモリをサポートし、ビデオ、オーディオ、画像編集アプリケーションなど、大量のRAMを必要とするアプリケーションを同時に複数実行しても、システムの高速動作と優れた応答性を実現します。

NVMe PCIe SSDによるRAID 0をサポート
複数のNVMe PCIeストレージデバイスをRAID 0として構築でき、1台のドライブで実現可能な速度をはるかに超える高速データ転送が可能です。M.2およびU.2コネクタが搭載され、2.5インチNVMeとM.2 SSDの両方を接続できます。PCIe Gen3.0 x4接続がもたらす32Gbpsの最大帯域幅を利用することで、従来のストレージデバイスの最大5.3倍のデータ転送速度を可能にします。

10Gb/s USB 3.1 Gen2 オンボード
下位互換性があるUSB 3.1 Gen2 Type-Aポートと逆差し可能なUSB 3.1 Gen2 Type-Cポートにより、柔軟性な接続と、USB 3.0やUSB 3.1 Gen1の2倍の最大10Gbpsのデータ転送速度を実現します。

独自のオーディオ機能
Realtekと連携して設計された独自のオーディオコーデックを搭載しています。Realtek(R) S1220Aは、ステレオのライン出力で前例のない120dBの信号対雑音比と、ライン入力で113dBのSNRを備え、淀みのない高音質をもたらします。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。