Amazon、楽天で先行販売好調!「雨が降ると頭痛がする」というあの嫌な痛みを軽減する”耳せん”が一般書店でも販売開始

株式会社主婦の友社 2018年03月30日

From PR TIMES

『天気痛ドクター佐藤純医師監修 つけるだけで偏頭痛バスターズ 魔法の耳せん』 2018年3月30日以降 順次販売

株式会社主婦の友社が、2018年2月よりAmazon.co.jp( (リンク ») )
と楽天ブックス( (リンク ») )で先行販売を行っていた『天気痛ドクター佐藤純医師監修 つけるだけで偏頭痛バスターズ 魔法の耳せん』は、3月30日以降順次、一般書店でも販売を開始いたします。本商品は、日本で唯一の「天気痛外来」を開設して天気痛ドクターとして知られる医学博士・佐藤純先生が監修した、雨の日や気圧の変化によって生じる偏頭痛「天気痛」を軽減させる「魔法の耳せん」に、天気痛を和らげる耳マッサージとストレッチ法を紹介した冊子がついたものです。




[画像1: (リンク ») ]

『天気痛ドクター佐藤純医師監修 つけるだけで偏頭痛バスターズ 魔法の耳せん』
(リンク »)


気が悪くなると起こる突発的な偏頭痛の理由は、「気圧の変化」
偏頭痛は、脳の血管が収縮したり、急に拡張したりすることで起こります。血管が縮小や拡張を引き起こすきっかけは、異臭、強い光、ストレス、人ごみなどのほか、気圧の変化もその要因のひとつ。耳の奥で気圧変動を感じ、それが脳に伝わると痛み物質が放出、その刺激によって偏頭痛が引き起こされます。そのため、気圧の変動の少ない閉鎖空間をつくる耳せんが、偏頭痛をおさえたり、予防したりするのに有効なのです。
[画像2: (リンク ») ]



アメリカNo.1の耳せんメーカー(※1)と開発。81%の人の偏頭痛が改善(※2)
※1 アメリカの耳せんトップメーカーCIRRUS社
※2 2015年米国・プリンストン研究所調べ
[画像3: (リンク ») ]

「魔法の耳せん」は先端がの傘状の4重構造で、気圧フィルターを内蔵。気圧フィルターが気圧を少しづつ外に押しだすことで、耳の外と中の気圧を同じにします。そのため、耳の痛みやめまいの発生を防ぎます。


【気圧調整フィルタ-内蔵】
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

断面は小さな空気の通り穴が1つ。この通り穴に高密度セラミック製のフィルターが内蔵。フィルターが耳の外との気圧をコントロールすることで耳の中の気圧を緩和。気圧が高くなることで、耳の鼓膜の内側が収縮し、キーンとなったり、痛みを伴ったりすることを防ぎます。

装着方法

[画像7: (リンク ») ]

耳の穴に耳せんの先端を差し込む。無理やり奥まで差し込まず、自然に止まるところまで。持ち手側のほうは、耳からはみ出ていてもOK。わずか20デシベル減の装着時でもしっかり音も聞き取れます。

[画像8: (リンク ») ]

つけていても違和感なし! わずか20デシベル減のノイズリダクション率を誇る「聞こえる耳せん」。


監修は『ためしてガッテン』『世界一受けたい授業』などテレビでもおなじみ“天気痛ドクター”佐藤純医師

[画像9: (リンク ») ]

医学博士・天気痛ドクター佐藤純先生PROFILE●愛知医科大学・学際的痛みセンター客員教授。東海大学医学部を卒業後、名古屋大学大学院研究科で疼痛生理学、環境生理学を学んだのち、アメリカ・ノースカロライナ大学に留学し、慢性疼痛と自律神経の関係について研究。2005年に日本唯一の「天気痛外来」を開設。

 「私たちの体で気圧の変化の影響をもっとも受けやすいのが実は“耳”なのです。耳の奥には体のバランスをとるためにリンパ液が多く集まっている場所があり、外側の大気の影響を受けやすくなっています。このリンパ液付近が気圧変動を感じると、その情報が脳へと伝わり、痛み物質が放出されたり、自律神経を混乱させて、様々な症状を引き起こしてしまうのです。
 通常は“耳抜き”などでこの変動を調整することができますが、これがうまくできない場合は、耳せんなどを使って気圧の変動の少ない閉鎖空間を耳につくることで、偏頭痛を抑えることができるというわけです。『魔法の耳せん』は普通の耳せんをさらに変化させたものです。内側にある特別なフィルターによって気圧のコントロールができるので、さらに偏頭痛の改善に効果的な構造になっています」(佐藤先生)

天気のくずれだけではない!こんな症状にも耳せんは役立つ
■エレベーターで耳がもわんとする人
■耳抜きがヘタだと感じている人
■新幹線で具合が悪くなる人
■飛行機に乗ると耳が痛くなる人
■頭痛薬が手放せない人
■夜になると耳の聞こえが悪くなる人

累計130万ダウンロード突破&月間40万人以上が利用する頭痛対策アプリ『頭痛―る』と連動し頭痛予防が可能に!
『頭痛―る』は、「気圧」「天気」「湿度」の3つの変化で、頭痛がしやすい日を予測する体調管理アプリ。天気痛が起こるタイミングを確認することができるので、頭痛予防にあらかじめ耳せんをつけておくこともできます。

頭痛―る  (リンク »)

[画像10: (リンク ») ]


『天気痛ドクター佐藤純医師監修 つけるだけで偏頭痛バスターズ 魔法の耳せん』
監修:佐藤純
価格:本体1850円+税
発売日:2018年2月12日(先行発売)
冊子:A5判、16ページ
ISBN:978-4-07-431007-4
専用ケース入り「魔法の耳せん」材質:本体/シリコーン フィルター/セラミック
(リンク »)

Amazon  (リンク »)
楽天ブックス  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]