マイナビが横浜市立大学と「産学連携に関する基本協定書」を締結

株式会社マイナビ 2018年03月30日

From PR TIMES

新設される首都圏初のデータサイエンス学部の学生教育と社会連携を目的に、実践的な学生教育の実施や研究をサポートし、産学連携を促進

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、公立大学法人横浜市立大学(所在地:神奈川県横浜市、理事長:二見良之)と3月29日(木)に、同大学のデータサイエンス学部開設にあたり、データサイエンスの知見を活用した学生教育と社会連携の推進を目的とした「産学連携に関する基本協定書」を締結しました。



横浜市立大学は、2018年4月に首都圏で初となるデータサイエンス学部を開設し、ビッグデータから新たな価値を生み出す人材(データサイエンス人材)の育成に取り組みます。

本協定の締結により、当社の有する人材情報サービス事業での知見・ノウハウを提供し、ビッグデータやIoT、AIの発展に伴い需要が増加する、データサイエンスに精通した人材育成の促進や共同研究を進めていきます。

また、データサイエンス学部の学生に対して、当社でのインターンシップの機会を提供し、実際の現場においてデータサイエンスの知見を活用する環境についても提供予定です。

当社では、データサイエンスの現場に必要とされる実践的な学生教育をサポートすることで、データサイエンスの分野で活躍する人材育成を促進します。また、共同研究や開発を行い、企業の生産性の向上や新たな価値の創出につながるようなサービスの開発を目指していきます。


【横浜市立大学との「産学連携に関する基本協定書」調印式について】

締結日: 2018年3月29日(木)
場所: 横浜市立大学 金沢八景キャンパス(神奈川県横浜市)
調印者: 公立大学法人横浜市立大学 理事長 二見 良之
株式会社マイナビ 代表取締役社長 中川 信行

【今後連携予定の内容について】
データサイエンスセミナーの開催
データサイエンス学部1年次生を中心とする全学部生対象に、当社社員がビジネス等の現場におけるデータサイエンスの実践と展望について講演します。

インターンシップの実施
データサイエンス学部3年次生が当社でインターンシップを経験。学生がデータサイエンスに関連する業務を、実際の現場で体験、見聞する環境を提供します。

共同研究等の実施
研究シーズとニーズのマッチングに基づく様々な共同研究等を展開する予定です。

<横浜市立大学データサイエンス学部について>
設置時期: 平成30年4月1日
名称: データサイエンス学部 データサイエンス学科
学位: 学士(データサイエンス)
入学定員: 60名
収容定員: 240名
所在地: 金沢八景キャンパス(〒236-0027 神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2)
学部概要: データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、不可欠なコミュニケーション力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成。データから新たな社会的価値を創造できる人材を育成します。
[画像: (リンク ») ]

「産学連携に関する基本協定書」調印式(3/29開催)の様子
左より、二見良之氏(横浜市立大学理事長)、中川信行(当社代表取締役社長)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイナビの関連情報

株式会社マイナビ

株式会社マイナビの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。