「BOOK☆WALKER 2018年冬アニメ原作・急上昇ランキング」発表 人気原作が揃う中、1位になったのはあの作品!!

株式会社ブックウォーカー 2018年03月30日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]


株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)は、総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にて、「2018年冬アニメ 急上昇ランキング」を発表しました。

「2018年冬アニメ 急上昇ランキング」は、2018年冬にアニメ放映された原作作品のうちBOOK☆WALKERで配信している約30作品を対象に、各作品1~3巻の累計売上額に対し、2018年1月1日~3月25日の売上額の割合をポイント化しランキングにしたものです。

2018年冬アニメの結果は?
マンガ、ライトノベル共に人気原作でアニメ化が待望されていた作品が集まった2018年冬アニメ。アニメ化前から好調だったタイトルが順当に売上を伸ばす中、一気に急上昇し1位に躍り出たのが、株式会社芳文社発行「まんがタイムきららフォワード」連載の『ゆるキャン△』でした。また、『迷い猫オーバーラン!』などの著作で有名な故・松智洋氏がシナリオ担当としてプロジェクトに参加した『メルヘン・メドヘン』が2位、アニメ放映終了と同時に本編の連載が完結した『恋は雨上がりのように』が3位に入りました。

1位の『ゆるキャン△』と3位の『恋は雨上がりのように』は、ともに20代後半から30代前半の層が厚かったのに対し、2位の『メルヘン・メドヘン』は20代から40代まで幅広い層から支持を集めました。

1位から5位の作品及びポイントは下記の通りです(マンガ・ライトノベル・文芸各ジャンルを含む)。

[画像2: (リンク ») ]

※2018年冬アニメ 平均ポイント41.4

「BOOK☆WALKER 2018年冬アニメ急上昇ランキング」は1位から10位まではサイトにて公開中です気になる作品がないか、ぜひサイトをご覧ください。

<ランキングページURL>
・BOOK☆WALKER 2018年冬アニメ急上昇ランキング
(リンク »)

「BOOK☆WALKER」とは:
出版社直営の総合電子書籍ストアです。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出
版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCにてお楽しみいただけます。
今後も作品ラインナップの充実とともに、出版社直営の総合電子書籍ストアとして、新しい読書スタイル、より
良いサービスの提供を目指してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]